滋賀の次に・・・ここはどこ?

2010.09.23.Thu.19:04


100916-2.jpg


品、知性、そして風情のある滋賀から戻って三日後。

私はこんな場所でランチ。

さて、ここはどこでしょう??

この写真とても狭そうに見えますね・・・
実はもっとひろーいんです。

ここはアメリカ・・・座間キャンプの中なんです。


私より年上のお友達、海外暮らしが長かったそうですが、
ドイツで知り合ったアメリカの方とアメリカで結婚。
新婚2年の今年帰国。ご主人は兵隊さんではないそうですが、
キャンプでお仕事をされています。

座間キャンプは自宅から車で20分くらい。
芝生が広がる広大な敷地。
いつも塀の外側から、どんなふうになっているのだろう?と
通るたびに思っていました。
今回お招きを受けていそいそと出かけました。

まず、門をくぐって車を停めて、手続きをします。
いきなりそこは映画に出てくるようなアメリカな雰囲気!
(ホントはその事務所とか写真撮りたかったです。)
車のナンバーなどを書いて、免許証を預けるんです。ちょっとビックリ。

そして、ランチへ。

メインをチキンかハンバーグか決めて、あとスープやサラダバー、ドリンクバー、
ケーキもアイスも食べ放題です。
それで400円しない!
そして、回りをみるとみなさん半端じゃないほどの量、
器にてんこ盛りにして食べています。

それにしても不思議な室内。
オバマ大統領をはじめ、多分お偉い方の写真
NYやハワイやいろんな場所の現地時刻に合わせた時計がずら~。
なぜか鎧、甲、日本刀。
壁一面(3M×4M位)には桜と富士山の写真。
ちょっとお風呂やさんのよう・・・?

そんなに美味しくないよ、と言われていたけれど、
まあまあ、ケーキは最近食べたことがないほどの甘さだったけれど
満足してお友達のお家へ。

100916-3.jpg

ありとあらゆるのが揃っています。
これは高校。

動物病院&ホテル。スーパー、郵便局、美容室、自衛隊もあり・・・
なんとゴルフ場まで(これは近隣住民とトラブルがある)
ほんと小アメリカ。

とにかく広い広い!

100916-4.jpg

100916-6.jpg

100916-5.jpg

お友達のお宅はテラスハウスの作り。
わんこが2匹いるのでこちらになったそう。
多分100平米以上の、ゆったりと素敵な室内。
キッチンに置いてある洗剤など、あらゆるものはアメリカ製。

ほとんどのお家がバーベキューセットを持っていて
よくこの広いお庭でするという。

壁の一歩外はお隣と握手出来るような狭い敷地で暮らす日本人。
ううむ・・・ちょっと複雑な思い。

キャンプ内はすべてドル。
車の駐車はみんな頭から突っ込んである。
なぜ?そういう決まりなの?私もそう停めなきゃだめ?と聞くと
大丈夫大丈夫、ただバックで停めるのヘタだからよ。って。
ちょっと笑ってしまった。

まったく違う世界、違う時が、同じ日本で流れていることに驚いた。
そして、アメリカ人との暮らしぶりも、日本の夫婦とはまた違うようで不思議でもあった。

でも、知らない世界を知ることはとても楽しい。
貴重な一日。またお邪魔したいな。





スポンサーサイト

近江路を行く その3

2010.09.21.Tue.14:24


100913-2.jpg

水郷廻りの後は、日牟禮八幡宮あたりへ。
あやりんのあの病気平癒と健康をお祈り。
下の画像は能舞台。薪能とか見てみたいな・・・
ここでみつけたのは

100913-4.jpg
カワイイお守り。

また好きなお菓子屋さん、たねやに行ったり。ランチを。


本当はこの近江八幡に点在するウィリアム・ヴォーリズの建築を見て回りたかったけれど
妹に却下され・・
次回のお楽しみとして、近江八幡を後にしました。

100913-3.jpg




そして、しばらくドライブをして向かったのは
大津市にある石山寺。

紫式部が源氏物語を書き始めた場所という、なんともロマン溢れる場所。

100913-5.jpg



100913-6.jpg



100913-7.jpg



100913-8.jpg



100913-9.jpg



100913-10.jpg



100913-11.jpg


想像していた通りの静かな所でした。
紫式部がいたころは、お寺のまわりとかどんなだったんだろう・・
と、思いを馳せ、しばし、静寂を楽しみました。


さ、最後にkitaさんオススメのかき氷を食べにナビを合わせて。
・・・ところが、車を停めるところがなくて・・・
お店の前まで行ったのですが、断念!
それだけが心残りでしたが、実家から日帰りも可能な距離だし、
また、出かけようと心に誓いました。

帰宅して夫に旅の報告を画像とともに報告すると
「自転車で湖畔の道を一周したーい!!」と。
一周するのは大変そうですが、気候のよい時期に、
自転車を走らせたら、さぞ気持ちいいだろうと思います。
事実、たくさんの自転車野郎に出会いました。


やっぱり旅っていいな。
可愛いあやりんのあを置いてはなかなか出られませんが
日帰りでもいいから、もう少し出かけたいな。
とりあえず三浦半島の先っぽまで行ってみたい。
同じ神奈川県だもん。


というわけで、楽しい旅でした。

実家から旅へ その1

2010.09.18.Sat.19:20


実家の庭でくつろぐワカメ。いつみてもユニークな彼女。
ということで、先週金曜日の夜、あやりんのあを寝かせてから実家へ。


8月に母と妹はレンタカーで道東を旅してきた。
旅から帰るとすぐまた次に行きたくなるもの。
その月末頃だったか、「10月くらいに旅行いく?」と妹に誘われた。

行き先、予定、宿泊先、色々調整して、9月11・12日と決まった。
行き先は滋賀。母と妹と女3人旅。
国民休暇村が大好きな父(宿泊してないのは北海道と九州の二カ所を残すのみ!)のすすめで
近江八幡の国民休暇村に宿を取った。

多治見からは高速に乗ればあっという間。途中一宮を過ぎた辺りで渋滞をしていたけれど
うんざりするほどでもなく長浜で下車。

妹の希望で黒壁スクエアへ。
お昼におそばを食べたら、夫の故郷の越前そばと同じスタイルだった。
私だけ旅にでて、食べたいだろう越前そばを食べていて、ちょっと申し訳なく思った。

100911-7.jpg

こちらで発見したもの・・・ルーペ。
コレを見た途端!うちの子達の尾羽みたいーー!!と発狂して思わず購入。
一つ一つ微妙に色合いが違うので、長いこと迷っていたら妹に怒られた!

先日、指先にとげが刺さったとき、あれ?見にくい!と初めて自覚したので
今後必要になるかな、と思っていたので良かったです。

そして、次は彦根城へ

100911-2.jpg

お城の入り口から、天守閣まで登る登る!!暑さの中もう私はふらふら・・・
拷問じゃーと叫びつつ、記念写真も私はゆがんだスゴイ顔!母はニッコニコ!

そして、そんな疲れも吹っ飛んだのが・・・


100911-3.jpg

滋賀にお住まいのセキセイももじろうくんのパパ・kita さんに教えてもらった
オススメの場所。

夕日が沈むのをみられるというログハウスの喫茶店。
素晴らしい景色に3人ともすご~い!とカメラをすぐに取り出しました。
私と妹はコンパクトカメラですが、母は一眼レフ。
きっともっとよい写真が撮れているでしょう。

この夕日はこんなふうに眺めていました。

100911-4.jpg

一番いい場所が空いていたのでラッキーでした♪

100911-5.jpg

琵琶湖に面した喫茶店。
きっと365日、違う顔をみせてくれるのだろうな?と思うと
毎日でも通いたいほどに、気に入りました。
頂いた、竹炭焼き珈琲も美味しかった!

こんな素敵な場所を教えてくださって、kitaさん、どうもありがとうございました!
また、絶対に行きたい場所です。


そして、ここからすぐ近くだった宿へ。

100911-6.jpg

お部屋にはいると、窓ガラスに羽化したばかりの、かげろう(?)が。
初めて見たので嬉しかったです。

そして、翌朝・・・

100912-1.jpg

100912-2.jpg

お部屋からの眺め。今日もいい天気・・・

旅の後半は、水郷めぐりからスタートです。

写真がたくさんなのでまずはここまで。





東京組♪

2010.08.24.Tue.16:14
あやめちゃん、このところ、少しずつ色んなことに慣れてきました。
不自由なあんよを受け入れて、ケージ内の移動もなんとか頑張っています。

昨日、私が野藍のケージ前にいて、野藍の行動を見ていました。
よりによってそんな時に足を踏み外してこけた。
その瞬間「イテッ!」と野藍は言いました。
初めての出来事で、思わず吹き出してしまいました。


さて、少し前に久しぶりのランチへ


先日あった同窓会の同級生、東京組は3人です。
久しぶりに3人で会いました。

行ったのはデンマーク料理のお店、カフェ・デージー。
私がこの店を知った頃はこんなところに・・・って感じでしたが
昨今、東京ミッドタウン、新国立美術館などが出来てとても賑やかになりました。

以前、このお店の真ん前の美容院に行っていたので、
美容院の前に一人静かにランチを取っていったりしていました。
ところが、ぷらっと行くと満員で食べられなくて焦ったことも何度か・・・


それ以来、久しぶりに、ちゃんと予約を入れました。
入り口は変わってなかったけれど、中はちょっと改装されて・・・

100811-2.jpg

私たちの席から、一段下がった部分。すっかりきれいに

スープ
100811-3.jpg

前菜
100811-4.jpg

メインは鯛
100811-5.jpg

お友達は
100811-6.jpg

デザート
100811-7.jpg

3人は高校生の時、音楽の道を志していました。
音大希望の生徒は全員合唱部に入部が決められていたので
さらに密度の濃いおつき合い。

練習が終わって真っ暗な校庭を横切り、正門とは反対側へ。
セーラー服なのに、塀をよじ登ってエイッ!と外へ。
その先に待っているのは、カレーまん。
当時、肉まん、あんまん以外の、それが世に出てきた頃で
練習のあとに食べるのがなんと美味しかったことか。
おてんばなとこも、食いしん坊なとこも今と変わらず。

あれから時はめぐって・・・
Tちゃんは今ナレーションのお仕事を中心に活動。
以前、彼女が語りをしてくれて、私がピアノで音楽物語を演奏会で何度か取り上げた。
こちらでも故郷でも何度かやらせてもらって楽しかった。

久しぶりに会うと、ナントこの1年台湾に語学留学していたと!もうびっくり。
アジアの役者さんが日本で演技するときの日本語指導ができたらと。
いや~、この年で留学しちゃうなんてスゴイ!
彼女のご主人は水中カメラマン、娘さんはなんと女優さんに。
つい春まで朝ドラに出演していて驚いたけれど、なんと私の大好きなあの人と同じ事務所だと・・
いや~びっくり。

でも、もっとびっくりしたのは長生きセキセイのピンチくんと
レトリバーの小梅ちゃんの同居生活。
なんと今年11歳のピンチくん、今まで一度も病院にいったことがないほどに元気だという。
一歳下の小梅ちゃんの背中や頭に乗ってちょこちょこしてるというではありませんか!
かわいすぎる!!危険はないの?と聞くと、最初小梅ちゃんをお迎えしたときに
よーく諭したそうだ。
わんこと小鳥の同居生活、ウラヤマシイ!


そしてKちゃん、彼女は6月にも音楽会で会ったばかり。
音楽教室でちびっこ達と格闘(?)の毎日らしい。
腰を痛めた(ヘルニアで手術までした)後に、始めたジム通い。
水泳にはまってしまい今ではマスターズの試合まで出ていて
仕事以外で家にいなければプールにいるというほど。

元水泳選手の私に、「泳ぎたくないの?泳げばいいのに」
と言うけれど、地獄のような練習を思い出すとその気にならないよ。と答える。


同級生というだけでなく、音楽、そして故郷を離れているという共通点を持つ私たち。
話はつきない。
これからはもっと会おうね♪と別れた。


先日もそうだけど、こうして写真を撮ると、
着物だとやはり老けて見える気がしてならない。

父も、丁度私と同じ年齢の頃、出席した同窓会に着物で来た人がいて
えらく老けた印象だったと言っていた。
ううむ・・・。ま、いいか。私は私じゃ!



100811-8.jpg

今回の帰省は

2010.07.26.Mon.12:02


先週からニュースで実家の地名を聞かない日はないような・・・
ハイ!38℃越えで日本一暑い日が続く、岐阜県多治見市。
私が帰省した時は、まだそんなではなかったですが。
こうなったら、今年は40.9℃の記録を更新して(熊谷も同じ記録を持つ)
単独一位を目指して欲しいと思ったりしています。


さて、画像はしじみ。

私は猫と一緒に暮らしたことがない。
実家で猫がいるようになっても、まだ未知の動物という気がしてしまう。

とはいえ、帰省するたびに、何匹もの猫を見てきてかなり慣れてきた。
私が彼らに対してそうなように、彼らも時々来る変なヤツだけれど
害はなさそうだ。くらいは感じているみたい。

それにしても、猫ってどうして上のように手(足?)をロシア人のように(?)するのかな?
これが楽な姿勢なのかな?・・・不思議。


さて、今回は高校の同窓会の出席のための帰省でした。

女子校だったこともあると思うけれど、素敵な担任の先生を中心に
とてもまとまって仲が良かった。
卒業アルバムとは別に、クラスのアルバムを自分たちで撮影して作ったほど。

で、卒業して早・・・○○年。今回の同窓会は22回目!
それだけですご~い!自慢のクラスメートである。

私が田舎で演奏会を開けば、みなで聴きにきてくれるし、
帰る場所があるという有り難いかけがえのない仲間。

けれど、私が同窓会に出席するのは、いつぶり?
多分10年以上前であることは間違いない。


お店に到着すると、
小学校から一緒のFちゃんが、

「あ~、おかあさん、そっくり!!」と第一声。

「うそ~?ほんと?」

「おばさんが入ってきたかと思ったよ!」とさらに。

確かに、Fちゃんが知っている母は、今の私より若い!そりゃそうだよね、って事に。


また、色々話をしていて、私が

「なんだか最近、喧嘩っぱやくてね、年上のおじさんとかでも
すぐに喧嘩しちゃうのよ・・・」

というと、またFちゃんが

「変わってないね~」と言う。

「え?何が?」と言うと

「だって、小学校の時、何かあるとすぐに男子に向かっていってくれて。
どれだけ助けられたことか・・・だから変わってないなあと思って」

ガーン!そ、そんなこと、全然おぼえてない!!

と、ビックリするとともに、妙に納得。
そうか、そうだったのか。


そして、
担任のO先生は昔からバイタリティに溢れる方でした。
近年、ご夫婦で、パラグアイの日本人学校の教師を1年8ヶ月されていたとのこと。
地域での活動も広がり続けて、英語でヨガの講師をされたりとお元気で若々しい。
私もいつまでも視野を広く、多くのことに興味を持って年を重ねたいと思いました。

そんな懐かしくて暖かなひとときを過ごせました。
楽しかった♪


100717-3.jpg


最後に

実家近くの道の角を曲がった途端、2匹のわんこが!
暑いから暗くなってお散歩だなと思いながら、お散歩させていた男性をちらっと見た。
町内の○○さんだっけ?と思いながら、その事を妹に話すと
○○さんではなく、私と同級生の息子さんだったよ、というではありませんか。

同窓会で私を母と見間違えたFちゃん。
私は同級生をそのお父さんと見間違えた。

ああ!やっぱり年取ったんだなーーー!!


そんな帰省でした。


実家にて

2010.06.21.Mon.15:15
100612-1.jpg


妹が帰り際に「おみやげ欲しい?」というから「欲しい」と言うと
バスソルトを作ってくれた。
バラの花びら入りとラベンダー入り。

お風呂でほぐしながら、泡がしゅわしゅわ出ていい匂い。
リラックス出来て楽しい。

ちょうど、庭のラベンダーが咲き始めて、少しお裾分けでもらってきた。


今回、一番のびっくりは、妹の友人のお父さんの趣味。
ナント、長年にわたって「養蜂」が趣味というのだ。
いろんな趣味があるけれど、養蜂って趣味でできるのだろうか?
ほんとびっくり!

妹も長いつきあいの友人から聞いたときは驚いたそう。
そこで、ひと瓶、ハチミツを頂いたという。

そして、興味津々お味見をしたら・・・
それは、私の人生で食べたハチミツの中で、一番の美味しさだったのだ!!

すっきりと薫り高い美味しさ、とでも言おうか。
口の中で幸福が広がる、というのも言い過ぎではない。
とにかく素晴らしい!ハチミツだったのだ。


少しだけ小さな瓶に、分けてもらってきた。
大切に食べようと思う。




相変わらず元気なワカメ。

100612-3.jpg

このハートのおしりは、ワカメの子、メカブ。

メカブより先に生まれたコッコの子が、みーとぷー。
みーは生まれて、やっと大人になった頃、2ヶ月くらい姿を現さなかった。
久しぶりにやって来たときは、顔にひどい怪我を負っていた。
それはそれはひどくて、骨折もあったのか顔の形まで変わってしまった。

そんなこともあってか、みーとぷーは家で寝るように。
今回、みーは私が寝ていると、一晩に何度も様子を見に来た。
来ると必ず布団回りを一周して出ていった。

ぷーは私が怖くて、こともあろうに私の部屋に行ったきり。
なんて臆病なんだろう?

箱入り娘のシジミは家の中しか知らないけれど、
首輪をつけて庭を散歩するのが楽しいらしい。
妹と週末だけのお楽しみだったが、今では毎日おねだりするそうで、
ただでさえ忙しい母が悲鳴をあげていた。

あと、ゆきにさんぼ。
いなくなったり、事故にあったり、病気になったりで顔ぶれは随分かわってきた。
でも、妹は全員避妊手術を受けさせたので、血のつながった仔はもう生まれない。

それがちょっと寂しい気もする。

それにしても、みんなそれぞれの性格で、おもしろいなー。


私はやっぱりわんこがいるのがいいけれど・・・





帰省

2010.04.05.Mon.14:03


待ちに待ったすみれが我が家の小庭で咲きました。

3月最後の週末、久しぶりに帰省。
祖母の3回忌。

祖母が逝って2年。3回忌はひとつの区切りと言いますが、本当にそうですね。

祖母が以前に購入してそのままだった総絞りの反物。
それに会わせて祖母が着ていたピンクのかわいい長襦袢を裏に使って
道行きコートを作ってもらいました。

帰省する時は真冬並みの気候でしたので、それを着て帰りました。

母もそれを見てよかったね、と。



私の宝物になりました。
祖母はこの反物をどんな気持ちで手に入れたのかな?自分用?母に?
何十年も箪笥のなかで眠っていて、今、祖母の襦袢を裏にしてお仕立。
孫の私が纏う。天国でどう思っているのかな?


箪笥の引き出しを開けて、またゴソゴソして祖母の残した着物たちに触れて。
やっぱり着物の話をしたかったな、と祖母を思う時間。過ごしてきました。



100327-2.jpg

100327-3.jpg


さて、

翌日、母と行った喫茶店。そう、カフェ、ではなくて喫茶店。
びっくり仰天!

100328_1533~01


なんじゃこりゃーーー!!

東海地方のモーニングは全国的にもだんだんと知られてきたように思います。
コーヒーを頼むと、朝食メニューがついてくる。

ところが、この喫茶店、アフターサービスといって
コーヒー一杯350円で、こんなについてきたのです!

トースト半分、メロン、バナナ、ゆで卵、ふかしたおいも、カステラ、豆菓子2つ!!

突然にこんなに出てきても食べられるものではありません。

持ち帰りたいのですが、というと・・・これまたびっくり。
お菓子が入っていた外袋を渡されたのです。
これがこの店の常識だそうです。


実はこのお店、元はやおやさん。なので今も店内には
赤や黄色のプラケースが積み上げられその上に野菜、果物、駄菓子からお餅までが並んでいるのです。

店内は満席。みなさん、ほとんどの方がのんびりこれらをたいらげていらっしゃいました・・・


帰宅して父に画像を見せたら、あれ?この間行ったときは11つついてきたよ。と。
こんなんで儲けはあるのかしら?
と、ただただ驚くばかりでした。

念願の・・・

2010.02.28.Sun.12:26


先日の小村雪岱に続き長年の思いがついに・・・

以前に那須高原で乗った引き馬。
その時の景色、馬の感触・・・
それ以来、ずっと乗馬にあこがれ続けてきました。

ある時は大草原、ある時は暴れん坊将軍のように海辺を走りたい!!
出来れば、飼いたい!
馬と、羊と、犬と、そしてもちろん鳥と一緒に暮らせたら・・
なんてどんどん夢は膨らみます。

そして思いを温め時は過ぎ、20年。


昨年のいとこの結婚式の引き出物がカタログでした。
その中で乗馬体験2回コースを発見!申し込みました。
そしてやっと先週行ってきたのです。ドキドキ!



100220-6.jpg

100220-5.jpg

100220-4.jpg


東京の隅っこにある、この乗馬クラブ。
漠然と5頭くらいいるのかな?って思っていたのですが、
なんと106頭もの馬たちがいたんです。まずびっくり!

小学生から70代?くらいまで幅広い方が、レベル別にレッスンしています。


100220-3.jpg

私を乗せてくれたのはルルじいさん22歳。
人を乗せてあくびをするのはこの子くらいですよ、って
インストラクターの方がおっしゃった途端、3回も大あくび。
マイペースのおじいちゃんですが、以前は競走馬でかなり稼いだという。

人参をあげてまずご挨拶。
馬の上からの視界は、本当にまったく違います。
そして、歩く、止まる、を教えてもらいます。
ある程度、それが出来るようになったら、今度は少し駆け足。
1、2、 1、2、に合わせて、2の時に馬の上で立ちます。
そうするとお尻を打つこともないんです。

何度かやっているうちに
リズムが馬とぴったり合う瞬間が!!
それだけで感動です。
30分の騎乗時間はあっという間に過ぎました。

ありがとうの人参を美味しそうに食べるルルちゃん。
大きなおめめが愛おしいです。

中にはこんなにかわいい子達もいました。

100220-2.jpg

正会員に、というお話がありました。

実はこの乗馬クラブは全国にあり、レッスンが進むと
私が思い描いていた、草原や海辺でも、乗ることができるというのです。
さらに進めば、モンゴルで騎乗なんてのも書いてあります。

やりたいのはやまやまです。
しかし、馬に乗るというのはなんというお金がかかるのでしょうか?!!
続けていくには相当な覚悟がいります。


たくさん考えたけど、今回は見送るつもり。大涙。
でも、宝くじでも当たったら絶対に入会したい!
と、心に誓った私です。夢は持ち続けたいと思います。

帰宅して大興奮で話をする私に、
「馬じゃなくて自転車にしたら?」と自転車野郎の夫が。
確かに自転車はお金がかからないかも!
でも、でも、私は馬がいいんじゃー♪

この体験は2回コースなので、あと一回あります。
その日を楽しんできます!

ちなみに、この乗馬クラブで、ドラマを撮影したというので
先日ちらりと見てみたら、
来週の予告で主演の北村一輝さんが馬乗ってました!

帰省しました

2009.11.12.Thu.14:34



実家に帰省していました。

6日の短大の授業が終わるその時間が、手術開始の予定時刻でした。
実は、母が手術をしたのです。
授業が終わって新幹線に飛び乗る。

手術スタート後にこうなったらこうする・・ということで色々心配していましたが
予定通り2時間足らずで終了、との連絡に遅いお昼のお弁当を。

やれやれ、でも顔を見るまではとそわそわしつつ、やっと実家のある駅に着いた。

え??ここどこ?

駅をずっと工事をしていたのが完成してオープン。
そこそこ田舎らしい風情のある駅だったのに、いきなり都会の駅に変身!
もうがっかり・・・
きれいに、便利に、と言ってもそれが良いとは言えない。

亡き祖母が愛犬るみちゃん、みるちゃんと必ず手を振って見送ってくれたあの駅は
もう瞼の中だけになってしまいました。


そして、病院へ。
病院のベッドに横たわる母はなんだか祖母そっくりでびっくり。

その日、家に帰ってきて父が
「ママはおばあさんの子だからおばあさんそっくりだったなぁ。
でも・・・おばあさんのほうが・・・鼻が高い!」
と、わけのわからぬ事を言ってましたが、無事に手術が終わったのでみんなほっと。

手術から2日目、病院の裏がすぐ川。
そこでちょっとお散歩に。

ポカポカと暑いくらいの日で、しばらく河原に座ってぼんやり鳥見。
渡ってきたばかりのジョウビタキは桜のてっぺんで縄張り宣言。
ハクセキレイ、セグロセキレイはあちこち自由に飛び回って楽しそう。
時々、サギたちも飛んでくる。アオサギ、コサギ。
久しぶりのこの感じ。
いいなぁ、フィールドは。




091112-2.jpg


091112-3.jpg


母は日曜の夜まではお水しか採れなくて、やっと月曜おかゆからスタートということに。
月曜にはこちらに帰る予定の私。
指定券も取って、病院に行って母の顔を見て電車にのる予定だった。

月曜の朝、母からメール「今日退院になった!」

えーーー??!!

まだ、おかゆもこれからというのに??

なんだか、その日に入院者も手術件数も多く(10件)ベッドが足りない、
すでに他科のベッドに入っている患者さんもいるし、
病院で寝ていても家で寝ていても同じだから退院で。と言われたとのこと。
それは追い出されるということ?

とにかくびっくり。通常食になって退院は今週末くらいかな?と予定していたのに。

そこで指定を遅い時間に変えて、母の布団を干したりと退院の準備。
忙しかった!!なんとか準備して、母を家に連れて帰り、そして私も帰路へ。


ほっとしつつも、火曜日まではおかゆ食という母を残してちょっと心配しながらの帰り道。


話はここで終わらない。

新横浜に着いて、横浜線に乗り換える。
電車が来る直前まで時間を見ていた携帯。
電車に乗って、入れたはずのななめがけにしていたBAGを探すも・・・ない!ないない!
どこさがしてもない。

途中の駅で降りて、仕方なくまた新横浜に戻る。
電車を待っていたベンチまわりを見ても、ない。
まさか、と思ったけれど、乗り込んだ場所から線路を覗くと・・・!

ありゃーーー!!私のブルーの携帯があるー!!
しかもふたがはずれちゃってる!!

大急ぎで駅員さんに連絡して・・
僕たちは線路に降りられないので、長いはさみでとってみます。
うまくとれるとよいのですが・・・上手くいかないときはガムテを巻き付けたりするんですが。
と言いながらチャレンジ。
運良く、携帯もぺらぺらのふたのほうも取ることが出来て手元に。
ふぅーー。

こわれちゃったかな?と思ったけれど無事に作動してくれる。ありがたい。

というわけで、大幅に時間がかかってやっとこさ自宅に到着。

みんな暗くて寝ていて、電気をつけるとかりんちゃんと野藍ちゃんは大喜び。
でも、あやめちゃんだけいつになくプリプリ怒っていた!
おなかすいちゃったよね?ごめんね。といいながらご飯をあげるも
「いらない!」とご飯が入った餌入れごと嘴で投げ飛ばす!
ごめんごめんと平謝りでなだめすかして寝かせたのであります。


慌ただしい帰省でした。
母も自分で日にち薬と言っています。
いつも大忙しの母だから、たまにはゆっくりとしていて欲しい気もしますが、
毎日欠かさない雑巾がけ、お腹の中を切ったのですぐにできそうもない。
どうしよう・・などと言っているし、
入院を知らない人たちからの電話は絶えなかったし、
無理しないといいのだけれど・・・



1ヶ月坊主

2009.10.04.Sun.14:43


この夏の思い出。

なんとこの私が、8月早朝自転車、ほぼ毎朝1時間弱走ってたんです。

きっかけは、夫が「あ~また痩せちゃった」とベルトのボタン穴をひとつ狭くしながら
つぶやいた一言。

「毎日30分以上乗ったららせるかな?」
「毎日走ったら絶対やせるよ」
「なら、明日からやるわ!」

ということで始めたのです。

自宅からちょっと走るとこもれびの森、というところがあり
夏の早朝とても気持ちが良かったんです。

もうひとつの楽しみはワンちゃん!
多きときは一日で会うワンちゃん、のべ50匹近く。
朝のお散歩タイムで、いろんな犬種に会えるんです。
飼い主さん達はすっかりお友達のようで、それもまた楽しそう。
鳥飼いとしてはウラヤマシイ限り。


で、結果、1ヶ月走っても、まったく痩せない!
「そんな変な身体の人は知らない!」と。
すごく期待していたのに、私自身ショック。
結局は運動以上に食べているのでしょう。・・くぅ~!!

というわけで、結果がでないとやる気も出ず
9月に入り、短大が始まって辞めてしまった。

「一ヶ月で結果が出ないと言ってやめるなんて、
続けないと!」

と、言われても意気消沈。


夫は週末、自転車に乗るだけで、食べることはまったく変えないで
自然に痩せたから、毎日乗れば!ってそのつもりだったのに。

まあ、一回で乗る距離が違いますけれど・・・

さて、ここらでまた復活するか、このまま一ヶ月坊主となるか・・・



嬉しい・嬉しい・そして、楽しみ!

2009.09.18.Fri.17:38


090828-2.jpg

7月に結婚したいとこのKくんとお嫁さんのMさんの新婚旅行はイタリア。

おみやげにこんな鳥さんを頂きました。
色合いがあやめちゃんとかりんちゃんのようです。

野藍ちゃんと一緒にパチリ。2枚目はちょっと腰が引けていますね。



090910-2.jpg



そして、もう一つは寄せ木細工のコースター。
一枚は飛んでる鳥さん、もう一枚は楽譜の上にチターかな?


実は、私の父の両親は若くして亡くなったので
父方の祖父、祖母を知りません。

4月に帰省した折り、父のアルバムを、すごく久しぶりに見ました。
そこに写る祖父、祖母の姿・・・

祖父は今回結婚したいとこのKくんの一番上のお兄ちゃんTくんソックリ!
そして、着物を着た祖母を夫が見た途端叫んだのです。
私にそっくりだと・・・

そして、伯母と会う機会が結婚式の少し前にあり
私のまったくしらなかった祖父母の話を聞きました。

祖父はなんにでも興味があって、なんでもやってみたい性格。
昭和の初めに
外車オースチンやバイクのハーレーを乗りまわし、
柔道、剣道もやるけれど、琵琶を弾き、お茶お花をたしなむ。
海外旅行に行きたいがそうそう行ける時代ではなくて
その変わりに横浜から船で神戸まで。その中で覚えたのはカクテル!

というように、おもしろい人物だったらしい。

何でもやってみたい、やってみる、というのは、確かに私の中にも
その血が流れているのではと思うのです。

そんな話をきいたせいか、今琵琶にとっても興味津々な私。
家に琵琶があったというのだけれど、
私なんてまだ本物さえ見たことがない。
いつか必ず弾いてみたい・・・


そんなこともあってKくんはチター柄を選んでくれたのかな?


そして、そして、やりたいやりたいと思っていれば必ずやれるチャンスがくるものです。
実は、結婚式の引き出物がカタログで選べるものでした。
私はすぐさま、コレだ!と決めた物があります。

申し込んだのは遅かったので、先日届きました!


090918-1.jpg

そうです、乗馬体験!!
やっとやっとチャンスが来ました。

2回分の乗馬を楽しむことが出来ます。
半年以内に予約を取り行くようにとかいてあります。
もう少し涼しくなったら申し込みをしようと思います。
と~~っても楽しみ!!


そして、今回本当に嬉しかったのは両親と式場の写真室で写真を撮る事が出来ました。


090910-1.jpg


今回列席しなかった妹や夫が一緒じゃなかったのが残念でしたが
大切な一枚になりました。



両親や祖父母や・・・もっと多くの人たちがいて、今自分がいる。
そんなことを、ここ数年、強く思うようになりました。






夏休みの終わりに、帰省

2009.09.14.Mon.18:38
今年の夏休みはすっごく充実できました。
ブログはなかなか更新できなくて・・・

さあ、今週から新学期、気を引き締めなくては。

今月の頭に帰省していました。

インパクト大のワカメ!健在です。
今回はデジカメを新しくしたので、よく撮せるように。




しじみはパンダ&ウニが亡くなって、ちょっとしょんぼり。
体調も崩したりして心配でした。

090904-1.jpg

ところが、え??これだれ??なぜ家にいるの??

090904-2.jpg

090904-3.jpg

名前はみー。
前回帰省した春、1ヶ月まったく姿を見せなくて心配していたら
ある日突然帰ってきた。
でも、その姿は・・・
顔の表面が剥がれ、頬は陥没して傷だらけ。
かなり衰弱していたんです。

その後、少しずつ元気を取り戻して、
いつの間にか、なんとなく家に泊まっていくようになったそうです。
♂のせいか、とても甘えん坊です。


この子の名前は、そのまんま、タビ。
タビをはいているみたいだから。
090907-1.jpg


みーとタビとぷーが3兄妹でワカメの子、コッコの子供。
ワカメの孫です。

妹は外猫に餌をやる変わりに、順番に捕まえて避妊手術を受けさせています。
その数もう10匹以上。
ワカメもタビもぷーもすませました。みーは♂なのでしていません。

ワカメの娘コッコは、春の帰省時にちょうど妊娠していて、産んだら手術を
と思っていたのですが、破水したのを確認したあと、姿を消しました。
野生ではいろんなことがあるのでしょう・・・
かわいそうだけど、それも運命。

あと、コッコの最初の子がユキとサンボ。

と、相変わらず猫だらけ!


さて、今回は木曽路・馬籠、中山道の宿場へ。
春は、妻籠へ行ったんです。
春の様子もアップしたかったのですが、しそびれ・・・

空気もいいし、ほっと心が落ち着きます。
時間の流れが違います。

白い萩が島崎藤村の記念館のお庭に見事に咲いていました。

090906-2.jpg



090906-3.jpg


庭の大葉を取って洗っていたら発見!
白くてきれい!こおろぎ?の抜け殻?

090905-1.jpg


書いていたら、また帰りたくなります。


あやりんのあ、みんな元気です。