スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏にコツコツと・・・

2010.09.06.Mon.15:00
あやりんのあちゃん、それぞれのペースで過ごしています。
あやちゃんも、少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるように思います。
でも、私が一番落ち着いてきたのかもしれないです。



さて、この夏せっせと手を動かしたこと。


母の単衣の着物。
アルバムに、2歳くらいの私を動物園に連れて行ったとき
着ている写真があります。
その時の母はスリム!よって、今の私が着ると身幅がちと足りなくて
着心地がしっくりこない。
そこで、頑張って裄と身幅を自分サイズにお直し。
袖を外して脇線を出して・・と頑張りました。


100906-2.jpg


次は、生地やさんで、あ!鳥だ!と見つけて・・・





100906-3.jpg

バッグを作りました。案外大きくてたっぷりはいります。
一応、口布の両脇に鳥ちゃんがくるように配置。
その下にさりげないレースをつけました。
もう少し幅広のレースにしようか迷いましたが、もう大人なのでさりげない路線に。

で、もっとお楽しみを、との思いから・・・

100906-4.jpg


裏側にあやりんのあのイニシャルを刺繍。
一針ごとにあやりんの回復と、のあの健康を祈りつつ・・・
もう片側はすみれ、そらんの名を夫と私のイニシャルでサンドして、
今も一緒だよ、の気持ちを込めました。

100906-5.jpg

ポッケもあったほうがと、手縫いでくっつけ(ちょっと糸がつれてます汗)
裏生地は、以前ピアノの部屋のカーテンを作ったときの残りの
ローラーアシュレイの生地が余っていました。

今まで裏生地をつけたバッグなんて作ったことがなかったので
出来上がってとっても満足。




それから・・・

近所のデパートで、急に体験したこと。
シニヨール織り。

100906-6.jpg

織り体験はいつかしたいと思っていました。
なんでも体験あるのみと申し込み、選んだ図柄は、すみれ♪


100906-7.jpg

かなり太い糸で、簡単かな?とおもったら大間違いでした!
なかなかむずかしーー!!

でも一時間半ほどで完成しました。ふぅ・・・

100906-8.jpg


これを使ってバッグにしてもらうことにしました。
出来上がりは10月、楽しみです。
これを経験して着物を織るって、想像を絶する大変さだ~と改めて実感。
時間と手間と愛情を注ぎ込んで織られた着物は大切に着なくてはいけないと
これまた確認。


自分で作るって何よりの喜びですね。

調子づいて、次に作るものの生地を買ってきました。
早く作らないと・・・来週から授業が始まります。


スポンサーサイト

満開の桜・その2

2010.04.12.Mon.16:26


満開の桜、その3 4/4

桜と高層ビル、新宿の駅から5分ほどにあるとあるお寺。
お友達とお針箱の会に参加しました。

100404-1.jpg

100404-4.jpg

100404-3.jpg

若いスタッフの子たちが記念撮影しているのを後ろからパチリ。


100404-5.jpg

頂いたお菓子も桜

100404-6.jpg

ツバメの半襟を使った半襟つけのワークショップ。
半襟つけといってもいろんなやりかたがあるのだと勉強しつつ春の日を楽しみました。

本物のツバメたちもやってきています。

母の着物に



この夏の手作り

2009.09.17.Thu.15:52


先日お友達と万寿菊の帯留め作りのワークショップに参加しました。

これが想像以上に大変で、まるで苦行のようでした・・
3時間かかっても完成できず自宅に持ち帰り完成させました。

この催しがおこなわれたのが人形町。
お昼ぬきだったので、終了後すぐに食事をとりたくて町を歩きました。
下町で古くからの老舗が多くて興味津々!そそられるお店がたくさんでした。
今度ゆっくり行きたいものです。


さて、お次は・・・簡単仕事袴を作りました。
洋服の生地から作る作り方です。

念願だった着物で自転車。
以前一度だけ浴衣で自転車に乗ったら、裾がはだけるはだける。
キックボードなら大丈夫かな?とも考えましたが
この袴でばっちりだと思います。
満足満足~♪でも、変なオバサンと言われるだろうな。

090901-1.jpg

090901-2.jpg

そして最後は昨年実家で取れたへちま。
これで帯枕を作りました。

着物を着るときに、帯を身体に固定するのに帯び枕を使いますが
夏は少しでも涼しいほうがよい、ということでへちまの枕を使う方がいらっしゃると聞きました。

そこで、ならば自作しようと思い立ちました。

090803-1.jpg


090803-2.jpg


完成して使ってみたら・・・
自家製へちまのせいか、ふにゃふにゃでいまいちです。

高さがない枕のほうがよい「角だし」という帯結びのときにはよさそうです。


なんて、いろいろ自分で作ると楽しいです。



作ってみました。

2009.06.04.Thu.15:39


最近話題のミカンで作られたという育毛剤。

その効果は本当だという実践話を友人から聞いて、
そうなんだ~買おうかなってパソコンで検索。

その後、新聞や雑誌の切り抜きを整理してたら・・・

「自分で作る育毛剤・ミカンの皮を使って・・」の記事が。
あら、こんなの切り抜いていたんだ。
もう半年前の新聞でした。

材料

柑橘系ならなんでもよくて皮を生で50g(薄く切って乾燥させてから使う)
35度のホワイトリカー 150cc
空き瓶

今すぐあるじゃん!

で作ってみました。

空き瓶に材料を入れて常温で一週間。
皮を取り、冷蔵庫で2週間寝かせる。

で、出来上がりました!

あとは、せっせと頭皮に塗るだけ。

元々私の髪は細くて、最近は抜け毛も多い気がするしと思っていたので
手軽に出来て嬉しいです。

ちなみに、市販品と同じ効果があると書いてありました。
どうかな・・・個人差があるとも。
私だけでなく、もちろん、夫にもふりかけふりかけ観察してみたいと思います。

桜染めの半襟で出かけたのは・・

2008.03.13.Thu.13:58




2月に参加したらふとの「桜染め」のワークショップ(詳細は2/18のブログ
で染め上がった絹布を、簡単な水玉模様?に刺繍をして半襟にしました。
それを襦袢の襟にちくちく、着物は着るまでにひと手間もふた手間もかかります。

3/8にまたまた、らふとのワークショップに、この半襟&着物で出かけました。

その日は「イロイロ包み布と豆豆ごはん」!!
去年の2月に何日かにわたりアップした「鳥三徳」や3月のモビールを
教えてもらった塩山奈央さん。


着古したシャツと布で、いろんなものを包む布を作ろう、ということで
私は夫のシャツ2枚を持参しました。
それを切って、つないでステッチをして。
みなさん、それぞれに素敵な包み布が出来ました。


080308-1.jpg


お楽しみは塩山さんのご飯!
昨年の豆バーガーやチャパティは、私の中でこの一年の間で忘れられない味!
なのでとても楽しみにしてきました。

塩山さん自家製味噌で作られた肉味噌(中にはトマトが入っている)や炒り卵やレンズ豆、
らふとの庭のルッコラをローズマリーやタイムで焚いたご飯に混ぜます。
そしてらふと自家製味噌のお味噌汁。
こうして文字にすると、まったく想像つかないと思いますが、
今回もとーーっても美味しかったです。

080308-2.jpg



当日は完成しなかったので、お家でちくちく、完成させました。
ステッチの色はまずブルーと黄色。そして赤。
これは鳥三徳の時と同じ、我が家のあやめ&かりん色です。

080308-3.jpg


080308-4.jpg


手作り・・・食べ物も、着るものも。
身の回りに手作りがあればあるほど、
幸せをいっぱい運んでくれる気がする。
手間を惜しまず暮らしたいなと、しみじみ思った一日でした。



鎮守の杜の色暦 桜蕾

2008.02.18.Mon.00:38



土曜日に神奈川から東京を越えて千葉の らふと さんへ行ってきました。

今まで  こんなことやらあんなことなど  を
楽しんでまいりましたが、今回のワークショップは

桜染め・・・

人間国宝の志村ふくみさんは「染色は残酷です」と
著書にお書きになっていらっしゃいますが、まさしくその通り・・・

春を待つ、小さな蕾をつけた桜の枝をいただき染める。
ちょっと、いえ、かなり心が痛みました。

人間の営みは、食はもちろんのこと、
「命」を頂いて、生かされている事を改めて
目の当たりにして、感謝をして日々を過ごさないと、
と思う一日にもなりました。


その日、桜の木から枝をいただきます。
それを小さくカット。
080216-1.jpg


煮出していきます。
しばらくすると、桜餅のような甘い香りが漂います。
080216-2.jpg


それを漉します。
すでにピンク色に・・
080216-3.jpg


080216-4.jpg


煮出された液は、ぱっと見ると茶色ですが、
少しその中にピンクを感じる事が出来ます。
そして、みんなでその液を舐めてみたら、ナント甘かった!
バニラエッセンスのようなお味。

今日は絹の布を染めます。
080216-5.jpg



酢酸アルミと水で作った媒染液に沈めます。
080216-6.jpg


本当は何度もこれを繰り返すそうですが、この日は時間も
限られているので、もう一度煮出した液に漬け込み
その時間でお茶を・・

らふとのスタッフさんの手作りの和菓子。
一口食べて、ああ!ういろうだ!
先日帰省した時も、おみやげにういろうを買ってきましたが
子供の頃から食べ慣れていて好きなんです!
桜の香りのとても美味しいお菓子でした。

080216-8.jpg



最後にそれを水ですすぎ絞ったところ。
080216-9.jpg


本当にきれいな色に染まりました。
一番上の画像は、今日の講師である伊澤明子さんが染められた
桜の糸です。少しずつ頂いて張り付けました。


前回の、藍の生葉染めの時もそうでしたが、
染めた布がぴったり着物の半襟にできる大きさ!
是非、これも半襟にしたいと今からワクワクです。

最近、着物のことはアップしてないのですが、
今年に入って、ほぼ3日に一度の割合で着物を着ています。
自分で染めた草木染めの襟をつけるのは
とてもうれしいものです。

というわけで、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

で、翌日の日曜はまたおでかけ。
CAPさんの「愛鳥塾」へ。
アップはまた・・・

2007.10.23.Tue.14:49



071023-2.jpg


ううむ、こうして並べてみてビックリ。やっぱりかりん色だぁ!


さて、私の夢。
馬と羊と犬と、もちろん鳥と一緒に暮らすこと。

馬は、以前に那須高原で引き馬に乗った以来、その時の感動が忘れられない・・・
野山や時には海辺を馬に乗って散歩できたらな・・・

羊は、以前釧路で野鳥保護関係の仕事をしつつ、
バードウォッチャーの為の宿を営む方のところに泊まったとき、
その庭に2頭の羊とトッカリ(アイヌ語らしい)という名の犬がいた。
奥さんはその羊ちゃんたちの毛をかり、糸を紡ぎセーターを編んでいらした。

犬は子供の頃から一緒に暮らしてきたし大好き。
以前、ふとしたきっかけで立ち寄った盲導犬のイベントで、
一緒に歩いてみたい人!と言われて思わず手をあげた。
舞台に登り、まずはアイマスクをして歩いた。
次に盲導犬と歩いた。

その時の安心感ったら!!!自分の身体中の感覚すべてで、
犬への深い信頼、感謝を感じることが出来た。
それは多分味わってみないと本当にわからない感覚だと思う。
人を助けるという素晴らしい仕事、けれど犬にとってはどうなのかは解らない・・・

けれど感動したその日の感覚は、未だに決して忘れることが出来ない。
最近よく盲導犬を見るけれど、その健気な姿を見ているだけで、私は涙が溢れてしまう。


つらつらと書いてきたけれど、動物と共に暮らしたいという思いは膨らむばかり。



そして、今日の本題。
何度かワークショップにでかけた、千葉のギャラリーらふとでの「工房からの風」に出かけた。

50人くらいの作家さんたちの作品が、所狭しとらふとのまわりの鎮守の森に繰り広げられて、
それはそれは楽しい催しです。

いろんなワークショップもあって、みんなやりたかったけれど
以前から体験したかった手紡ぎのワークショップを体験してきました。
木でできたスピンドルという道具を使いながら、
ふわふわの毛を糸にしていくのです。でもとても難しい!!
でも、こうやって糸を紡ぎ、編むとセーターができるんだぁ・・
とその大変さを実感。(1時間やってこれだけしかできなかった!)
偶然に藍の生葉染めの時にご一緒した方と、このWSも一緒になり楽しく過ごせました。

そしてもう一つその奥に見えるアルパカ人形作りのWSも参加!
定員7名で7番手で名簿に記入して、その時間に戻ると・・
なんと私以外の6人は子供!!それも多分幼稚園くらいの・・
かなり恥ずかしい思いをしつつ、アルパカちゃんを作りました。

この2つのWSをされたのは「ひつじや」さんというのですが
そのお店の息子さん、4年生っていってたかな?
その子はすらすらと足踏みの機械で紡ぐデモンストレーションをしていて人気者でした。
すっごく上手なんですよ!

071023.jpg



ところで、犬猫の毛からでも手紡ぎ出来ると知って、
ミルちゃん、ルミちゃん、レオちゃんの何かを作っておきたかったと
思いました。
ちなみに、妹はそのことを知っていて実家の猫たちの毛を集めています。


自然や動物からの恵みを頂きながら物作り。
楽しく嬉しいものです。
いつか、馬と羊と犬と、もちろん鳥と暮らすなんてことができるでしょうか・・・


お花のbag作りました!

2007.09.18.Tue.22:34



かわいくてお気に入りのfogの小鳥のbag。とっても便利なんです。

下の大きなbagは、リネンバードのお引っ越しの際に頂いたbagです、
表にはリネンバードの大きなロゴ入り。
裏にAK(あやめ&かりん)のイニシャルを刺繍しました。
これをたたんで小鳥bagに入れていつもお出かけします。
荷物が増えた時に使います。なるべくいらない袋はもらわないためにも。

あるいはバッグinバッグに使ったり、仕事の時、貴重品だけ持って
お手洗いに行ったり。あるいは日傘が丁度入るので夏は重宝しました。

とっても使いやすい大きさで気に入っていて、右側の赤いお花のbagをマネして作ってみました。

・・というか、夏のリネンバードのセールで買ったはぎれの袋の中に、
ぴったりの大きさのお花の布が入っていたのでその気になりました。

自分のイニシャルを刺繍して、裏もつけて、持ち手は革をつけました。
その縫い止めた糸を隠すために、裏側に3センチのレースを縫いつけ
表からはちらっとレースが見える感じにしています。
結構満足しました~~。


さーーて、いよいよ明日から後期の授業が始まります。
ちゃんと明日、行けるかしら・・?ちょっと不安。
1年生は学生が入れ替わるので、「はじめまして」になります。
頑張らなくっちゃ・・・。


藍の生葉染め

2007.08.05.Sun.17:36


昨日は2月に三徳作りを楽しんだ、らふとさんのワークショップ、
今回は「藍の生葉染め」を体験してきました。

ナント、かりん色に染まったきれいなブルー、
この画像のかりんの下のブルーの布が完成したものです。
かりんとまったく同じ色でしょう?

「藍」というと紺色のイメージですが、
生の葉で染めるとこんなにきれいな色に染まるんですヨ!

070805-2.jpg

まず、畑の藍を刈り取ります。
070805-3.jpg

そして葉を摘んでいきます。
残った茎は持ち帰りました。
植えておくとまた復活をして、秋にもう一度染められるそうです。
ダブルの楽しみ!
070805-4.jpg

藍って虫の食べた穴でさえ、すでに紺色!びっくりです。
070805-5.jpg

みんなで作業中。らふとのデッキの真ん中に立つ木の下で。
070805-6.jpg

070805-7.jpg

葉がたくさん摘めたら、ミキサーにお水と葉を入れて・・
070805-8.jpg

さらしの袋に入れてギュッと絞ります。
070805-9.jpg

出来た液の中に、真っ白の絹布を入れて泳がします。
070805-10.jpg

ぱっと引き上げるとまだ緑色。
それを木陰に渡したロープに干します。
するとみるみる色が変化してきれいなかりん色・ブルーに。

070805-11.jpg


私は完成した布を着物を着るときの半襟にしようと思っています。
自分で染めたかりんブルーの半襟。とても楽しみ!

さて、なぜ私がこのワークショップに参加しようと思ったかは
また明日・・・

とっても暑かったし、神奈川から東京を横断して千葉まで行ったけれど
草木染めの初体験に感動した一日で大満足でした。




あずま袋

2007.07.22.Sun.22:12



IMG_4481.jpg


久しぶりにちくちく。
お気に入りのあけびかごの中にと思って
「あずま袋」というものを作ってみました。
昨年から作りたいと思っていてやっとです。

左の紺色はてぬぐいで試作。右側は会津木綿のはぎれで。
そう、これは細長い布から作る昔からの袋物です。
縫い方がおもしろくて、こことここを縫って袋になるの??
と思いながらでしたが、ちゃんと出来ました。

ちなみに作り方はこちらを参考にしました。
ミシンは出すのが面倒だったので、手縫いでちくちく。
最近ざわついていた心が、しゅんと落ち着いてきます。

実は袋を作ったのはついででした。
先日夏着物用に麻の半襦袢を買ったのですが、
母や祖母にもらった着物の袖とサイズが合わなかったので
お直しをしたのです。
これで夏着物がやっと着られます。


モビール作りとチャパティピザ  その2

2007.03.13.Tue.12:46


塩山奈央さんのワークショップはモビール作りでした。
本当は自然の素材で作るということでしたが、是非ともインコズをさげたくて、布?羊毛?編みぐるみ?カービング?と手段を考えていましたが、手っ取り早い粘土に決定。
というわけで、先日の日記となりました。

モビールってパーツが小さいのでなかなか上手く画像が撮れません!
ちょっとわかりづらいと思いますが、「生」はゆらゆら揺れてかわいいんですよ。
雰囲気だけでも伝わるでしょうか?

最初のは昨日家で、あやりんのいろんな羽を選びつつ作ったものです。
IMG_3342.jpg

すみれとそらんはお空にいるので青い糸で、上からあやりんを見守ってくれています。

IMG_3331.jpg


IMG_3326.jpg

これはワークショップで作った2個目。最後にちょっと焦って作ったし、尾羽だけしかもっていかなかったのでちょっといまいち・・・かな。
いちおうそれぞれの人形の下が本物の尾羽になっています。
そらんちゃんは赤ちゃんでお空にいってしまったので羽が一枚もありません。
でも、真っ白な翼を広げてケージをよじ登り、餌をねだった姿は消して忘れません。
きれいだったね・・・


IMG_3338.jpg


ふたつ並べて・・・

IMG_3340.jpg


そして、ワークショップでメインに作ったのがこちら。
一番上の白いのは羽を広げた鳥さんですが、これではよくわかりませんね。
こちらは自然素材・木の実や花・珊瑚・羽などで。
作っているだけで癒されて、ご一緒した方たちと楽しくおしゃべりしつつ作りました。
完成したものはみんな違っておもしろかったです。

IMG_3346.jpg

IMG_3347.jpg

枝は我が家のカリン。かなりおもしろくてはまりそう。
今年の秋には野山でいろいろ拾って作りたいです。

実は私は大のモビール好き!ピアノの上にもリビングにもいっぱいぶら下がっています。
ほとんどが「鳥」モビール!いつかご紹介したいと思っています。
そのどれもみなかわいいけれど、自分で作った物は思いを込めたからやはりカワイイですネ。

さて、こんなモビール作りを教えてくださった塩山奈央さん。
タイミングよく明日、14日(水)NHKゆるやかナビゲーション・PM11時~に出演されます。
この番組なかなかよくて好きだったのですが、明日が最終回だそうです。
みなさーん是非ごらんください。

作ってみました

2007.03.10.Sat.12:02



セキセイ家族作ってみました。
我が家の子達ということで・・・
真ん中の小さい子たちは左からすみれ、かりん、あやめ、そらんです。
両端はパパとママ。



IMG_3308.jpg

こちらは、もう少し丸い形で単純にして。
左から、すみれ、そらん、かりん、あやめ。
これは2こずつ作ったので全部で8こ。

明日はこちらを使ってさらに、おもしろいものを作ってきます。
美味しいものも食べる予定。楽しみ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。