スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜満開ですね

2006.03.31.Fri.23:58


我が家の小さな庭ではすみれが満開。あちらこちらで花を咲かせてくれてまるで野山にいるような雰囲気です。

カリンも蕾が付き始めましたが、今年はどうも少ないみたいです。
この2年ものすごい数(50個くらい)のカリンの実がなってくれたのですが、今年は休息の年でしょうか。
山椒もかわいい小さな葉がつき、こちらは葉が固くならない前に味噌田楽にして・・・と食いしん坊の私です。
IMG_1233.jpg

スポンサーサイト

久々のヒット

2006.03.30.Thu.23:45


TVでグッチ裕三の新キャベツ料理を紹介していました。
それはキャベツだけでしたが、それも寂しいのでかぼちゃと水菜もいれてみました。
本当はどちらも違う料理にしようと用意していたのですが、途中で気が変わりキャベツの入ったボウルへ投入。
何が久々のヒットかというと、ドレッシングなのです。
すし酢、ゆずごしょう、オリーブオイルを混ぜたもの。これが本当に美味しかった!
元々ゆずごしょうは好きで、チキンステーキなどは、ゆずごしょうとポン酢で頂くのがお気に入り。
ですから、今日のドレッシングははまりました!
是非お試しを。

ちょっと大人しいこの頃です

2006.03.29.Wed.22:32


換羽の最中のかりんは、いつもよりちょっと大人しい。
今まであやめを執拗に追いかけていたけれど、換羽が始まった途端マイペースな感じで食も細い。
おかげであやめは、のびのびと自分の興味にあわせて行動しています。
2羽はつかず離れずですが、なんとなく平和な雰囲気です。

今日は風がすごく強くて寒かったですね。
近くの桜も満開!でもこの風で蕾がついた枝が折れて地面に落ちていました。
桜の命は短くてはかないです。

炊飯器で・・・

2006.03.28.Tue.23:51


明日の朝食用パンを買いに出かけるのが面倒だったので、炊飯器でパンを作りました。
本格的なパンには憧れますが、挑戦するまでに至りません。気分だけでもと簡単クッキング。
少し味見をしてみましたが、予想以上にもちもちで美味!
IMG_1170.jpg

これも少し前に、同じく炊飯器で作ったアップルパンケーキ。
これも超簡単です、材料のリンゴ、レモン、マーガリンを放り込み、卵、牛乳、砂糖で浸した食パン(だったかな?)を入れてスイッチオン。
本当に簡単だけど、ちゃーんと素朴な暖かいお味になりました。

花びらのように

2006.03.27.Mon.23:50


あやめの換羽が終わりすっかり綺麗になったところ、今度はかりんが換羽に突入。
今朝からはらはらと羽が落ちています。
高いところにあるブランコに止まり、羽繕いをしていると本当に良く抜けます。まるで桜の花びらが散るみたいです。
そんなかりんをみていると、いたずら娘ではなく乙女に見えてくるから不思議。

悩みのタネ

2006.03.26.Sun.23:17


ウトウトしているあやめのところに行ってちょっかいを出すかりん。
そして、最初は逃げたりしているあやめも堪忍袋の緒が切れると・・・
次のようになっちゃうんですよね。
もっと仲良くして欲しいんだけどナ。
それにしても2羽とも目が恐~い!
IMG_1069.jpg

鎌倉イーゲルホール

2006.03.25.Sat.23:56


今日は友人の演奏会で鎌倉に行った。駅からバス10分徒歩5分という住宅地の中のこじんまりしたホール。
写真の建物が横から見たところ。ミモザが満開でした。
ラモー、モーツアルト、セヴラックという曲目。
久しぶりの鎌倉でしたが、どこか懐かしくほっとするものがありました。山は春の気配と色合いに包まれ、鳥たちもいっぱい!
普通は越冬地である日本では聞けないジョウビタキのさえずりまで聞けました。駅前できれいなさえずりが聞こえ、誰だろうと探したら、気の早いジョウビタキがビルの看板の上でさえずっているではありませんか!また聞き慣れない声がして、そちらを探すとの民家の木にリスまでいました。
都会のホールでは味わえない余韻を楽しみながら、駅まで徒歩で帰路に就きました。
IMG_1223.jpg

ジャーン!!

2006.03.24.Fri.23:58



IMG_1206.jpg

ついにずっと欲しかった曲げわっぱのお弁当箱を手に入れた。
昨日ふと立ち寄ったデパートで、「柴田慶信・昌正父子曲げ輪展」をやっていた。昌正さんが会場にいらして話をお聞きした。
お手入れなどが不安だったので、今まで買いそびれてきた。10年使用したというお弁当箱を見せてもらったが、新品とまったく変わらないきれいさに驚いた!
しかもお手入れはたわしでクレンザーだというのだ。さらにオドロキ!
水分を吸ってくれてごはんは本当に美味しいとのことだし、夏には腐る心配もないとのこと・・・。
伝統ある技と自然素材の温かさ、もう迷いはなかった。プラスチックのお弁当箱ともさよなら。
早速今日使ってみた。お弁当箱を持っただけでホッとするうえに、ご飯がほっこりとしみじみ美味しさを噛みしめた。

スミレが咲いた

2006.03.23.Thu.23:51



一雨ごとにぐんぐん成長している植物たち。
スミレも咲き始めました。リビングから見えるカリンの木もみるみる新芽を吹き出して、シジュウカラやスズメたちがどこにとまっているのか見つけづらくなってきました。お花が咲くのももうすぐでしょう。
白と黄色の小さなかわいいモッコバラもものすごい数の蕾をつけています。これはGW前くらいが開花時期ですけど。

春の花の中、おととし購入したミニシクラメンやビオラたちはまだまだ頑張っています。
20060323233557.jpg

換羽もそろそろお終い

2006.03.22.Wed.21:25


あやめの換羽もそろそろ終わりです。頭のツクツクの筆毛もだいぶ開いて、すっかり美鳥になってきました。
体重もちょっと落ちていたので、ご飯を増やしていたらまたじわじわと太り出しました。用心しないとすぐ一気に太ってしまいます。
食べたら食べただけお肉がついてしまうのは、飼い主と一緒です。

かりんのようにいくら食べても、朝になればいつもの体重にに戻る身体が羨ましいっ!!

カレリアン・ピーラッカ

2006.03.21.Tue.20:34


この写真はカレリアン・ピーラッカといい、フィンランドのカレリア地方のパイという意味の代表的な食べ物です。バターとゆで卵を混ぜたものを上にのせて頂きます。
いったいどんな味がするのか写真ではわからないと思いますが、ライ麦で作られたパイのような生地の中に、ナントお米をミルクで煮たものが入っています。

あちらでそろそろお米が食べたくなった時に、ホテルのバイキングでこれを食べるほっとしました、とても素朴なお味です。
お米といえば、これ以外にもミルク粥にジャムをたっぷり落としても食べるそうで、それはなんとなく抵抗がありますねぇ~。

以前は東京ドーム横にあるラクーアの中のムーミンカフェか青山の紀伊国屋で手に入りましたが、不人気なのかムーミンカフェでは最近出してないそうです。青山に出たときに紀伊国屋に寄ります。

ひえの茎囓り

2006.03.19.Sun.22:14



20060319220144.jpg


無農薬のひえの茎を囓るあやめ&かりん。
最近体力を持て余し気味みたいなのでケージに入れてみました。
入れたと同時に囓り始めます。かりんはすぐに茎に馬乗り状態。
あやめは止まり木から上品に(?)囓っています。
同じ事をするのにも性格が表れておもしろいです。

春です・・

2006.03.17.Fri.21:45


晩秋に植えたビオラがこの暖かさでかなり花をつけてきました。
そんな中で赤く見えるのがミニシクラメン(小さくてわかりにくいですが)、これは一昨年のシーズンに買ったものです。つぼみをいっぱいつけて綺麗に咲いてくれました。
昨シーズンのものは葉をつけただけで、まだお花はつけていません。
来年は咲いてくれるかな?

IMG_1057.jpg

これはスミレのつぼみです。友人が育てていてタネをもらいました。もらったのは8年位前だったかな?今では庭のあちこちに、また多くの鉢植えにタネが飛んで毎年知らぬ間に増えています。
11年一緒に暮らしたインコのすみれちゃんの魂が帰ってきてくれて、私に話しかけて咲いてくれているような気持ちになります。
だからスミレが咲くのが一年で一番楽しみです。昔から大好きなお花でしたが、すみれちゃんが亡くなってからは特別なお花になりました。

IMG_1059.jpg

毎年、黄色より一足遅れて咲く紫のクロッカス。白も同時に咲いています。
一雨ごとにどんどん植物たちは大きくなっています。

美味しい毎日

2006.03.16.Thu.22:20


最近お料理のブログを回ってみていると、みなさん本当に美味しそうなお料理ばかり!食いしん坊の私はどれもこれもみんな食べたくなってしまう。

昨日は甘鯛のオーブン焼き。にんにく、オレガノをのせてオリーブオイルとバルサミコ酢をかけて焼いた。干物とか丸干しとかはちょっと苦手な私ですが、こんな料理はバッチリOKです。
お豆のスープを添えて。
IMG_1112.jpg

今夜は手羽先の黒酢煮。黒酢がなかったので「美濃三年酢」というやはり色のついたお酢でやってみました。

喧嘩の毎日

2006.03.15.Wed.23:49


どうしたことか最近あやめ&かりんはいつも以上に仲が悪いです。
ケージから出るとすぐに必ずどちらかがちょっかいを出しています。
「そんなにするのなら離れていればいいのに!」
「仲良くして!」と声をかけても聞くような二羽ではありません。
いつ流血かと冷や冷やものです。

でもお互いに目がテンになっているところをみると・・・!?

写真はかりんが袖から出てきたところ。

おさかなっぽいかりん

2006.03.14.Tue.23:56


なんだか鳥というより、おさかなっぽいなぁ・・・
と思ったこの写真です。(笑)
換羽中でかなり気がたっている感じのあやめに、おてんばかりんはちょっと押され気味の毎日です。
片っ端からいろんなものをカジカジしてストレスを発散しています。
こんな時、北海道から届いた無農薬のシードの茎が活躍です。
あっという間に破壊していますが。

エナガがやってきた!

2006.03.13.Mon.23:53


かりんの新芽です。
庭に来る野鳥たちも春の変化が始まりました。
まず常連のシジュウカラは冬の間は同じカラ類で群れて生活するので、メジロ夫婦や多い時には6羽くらいで(3ペア)やってきていました。最近は喧嘩が始まりそろそろ縄張りを確保し繁殖にむけて準備している模様。

冬の間たま~にやってきたヒヨドリが、かりんの枝にでん!と陣取り来る鳥を追い払います。何をしているかというと、この写真のやっと芽を出したかりんの新芽をパクパクと次から次ぎへと食べているのです!
さぞ、柔らかくて美味しいのでしょう。毎年のことなので驚きはしませんが、せっかく芽をだしたかりんがなんとなくかわいそうで気が気ではありません。けれど、ちゃんと新緑の頃にはりっぱに葉が茂るので大丈夫なのですが。

さて、今日は嬉しいことが!それはシジュウカラに混じって、1羽だけでしたがエナガがやってきたのです。ピンク色がとてもかわいらしくて小さくて大好きな鳥ですが、かりんの枝で羽繕いしてしばしの間、姿をみせてくれました。
我が家の庭まで来てくれたのは初めてでとても嬉しかったです。
先日はカワラヒワもかりんの木までやってきてくれて、小さな庭も少しずつ春を感じるこの頃です。

最近のお気に入り

2006.03.11.Sat.23:51


最近すっごく気に入っているパン屋さん、メゾンカイザー。
都内に出たときしか買えませんが(私は新宿の伊勢丹)
どのパンを食べてもめちゃくちゃおいしくて、「美味しい~!」と何度もつぶやきながら食べます。
この写真はフラン。これまた見た目シンプルですが、濃厚なお味で「うう~む」とただただうなずきつつ頂きます。
IMG_1002.jpg

こちらは、スペアリブとれんこんの酢煮。
初めて作ってみたものの、スペアリブはやはり焼いたほうが好きかな・・?

軽やかに・・・

2006.03.10.Fri.23:14


あやめは今、羽が抜けて体中ツクツクのストロー状態。
体重も36g少し痩せました。
今までのごはんと数日前から変わったせいもあるのでしょうか?
いつもより多く食べているのに。
とにかくよくみててあげないといけないですね。

身体が少し軽くなったら、とても行動的。
こんな不安定な場所は今までは絶対に行きませんでしたが、平気な顔をして遊んでいます。

出てきたかりん

2006.03.09.Thu.22:59


この写真は、かりんが私のパジャマの中を探検して襟から出てきたところをぱしゃり!デジカメの画面を見ないで適当に撮った一枚です。
かりんの身体はほわほわでとっても暖かくて気持ちがいいです。
首のところからにゅるっと力を入れて出てきます。

私が子供の頃飼っていた、ルチノーのルビーちゃんも潜るのが好きで、よく母の中を探検して首もとからお顔だけ出していたのを思い出します。

かりんの八つ当たり

2006.03.06.Mon.23:58


いつもはこの写真のように、かりんが行動的で後ろからあやめが様子をうかがっている。
実はかりんがする事をあやめもしたいのだ。
けれど、なんとなく気後れしているのか?それとも姉として妹に譲って見守っているのか?

ところが今日のあやめは違った。ママを獲得したいと思うときだけ、急に強いあやめになるのだ。まるで変身しちゃったように。
かりんがあやめにちょっかい出そうもんなら、どこまでも強気のあやめだった。

そのうち、ふてくされてきたかりんはその気持ちを事もあろうに私へ向けてきたのだ。こんな事は初めて。
近づき指を出すとガブリ!!何度も噛まれた!
そんな2羽の変わり様にも、かわいいものだと感じてしまう親バカな私。

驚きの封書

2006.03.05.Sun.22:53


フィンランドにオウルンサロという町がある。そこでピアニスト舘野泉先生が監督をされる音楽祭に行った時、一人の女性に出会った。
ヴァルヤッカ島という今は無人島であるが、昔製材所があった島に先生とご家族とご一緒させていただき小舟で島へ渡った。
そこへピアノを運び音楽会が催されるのだ。光溢れる夏の空と海がどこまでも青く、カモメの白がきらめいて美しい午後。原生林に囲まれた小さな島。

そこでY子さんに出会った。彼女もピアノ弾きで、ドイツだったか夏の講習会を受けた後、こちらに来たと話していた。市内に一つだけの宿も同じ、帰国の飛行機まで一緒だったので、それから数日間ご一緒させて頂いた。とても行動力のある方で楽しい時を過ごした。
帰国後も、何度かお会いしたり、彼女の演奏会に伺ったりしておつきあいは続いていたのだが、このところ音信不通だった。

昨日、名前に記憶のない方から封書が届いた。首を傾げながら封を開けるとY子さんの演奏会のご案内だったのだ。連絡がないと思っていたのは、実は2年間フランスに留学され主席で卒業、この春にはCDもリリースとの事、また音楽雑誌への執筆活動も、そしてどうやらシングルに戻られたようでお名前が変わっていたようだ。

ただただ驚いた。その前向きな人生に拍手である。おおいに刺激を受けずーっと頭の中でいろんな思いが駆けめぐった週末であった。

今シーズン初出会い

2006.03.03.Fri.23:58
IMG_0712.jpg

駅まで歩く途中に大きな公団があり20棟位のマンションが建ち並ぶ。しかしその中は実に緑豊かで、木や花、鳥や虫など都会の中で感じる小さな自然。
今日嬉しい出会いがあった。私の腰位の高さをすぅ~っと飛び地面に着地した鳥がいた。ムクドリかな?と一瞬思ったけれど、実はツグミだった。胸を張って辺りを見渡し、数歩早足で歩く、そしてまた立ち止まり辺りを見渡すそんな行動がとてもカワイイ。
実は今シーズン初めての出会い。以前は我が家の庭にもやってきていたが、回りの環境の変化でここ数年は顔をみせてくれない。でも、家の回りではお目にかかっていたのだが、今年は今日やっと会えた。春が来てまた北へと遠い道のりを帰っていく直前に。

ツグミというと、カスミ網で捕らえて食べられてきた悲しい歴史がある。その歴史は悲しいことに今もなお続いている。
冬を越そうと命がけで海を渡ってきた彼らを捕らえてしまうなんて!心の底から怒りを感じる。

数日前の午前1時半。なんとカラスがカァ~カァ~と鳴きながら飛んでいるではないか!実は夜中にも飛びながら鳴く鳥は、ゴイサギなどいるにはいるが、カラスがそんな時間にいったい何をしているのだろうか?
そろそろ繁殖のシーズンになるから、喧嘩でも?
それにしても不気味な夜だった。

根野菜を食べよう!

2006.03.02.Thu.23:54


根野菜のあっさりスープが食べたいなと、とりあえず冷蔵庫の根野菜を昆布・鰹だしで煮始めました。おおよそ野菜も柔らかくなり味付けはどうしようかな・・・
と考えた時ふと浮かんだのが次のアイデア。
前の日に今が旬のめかぶを茹でて、柔らかいところは刻んでポン酢で食べました。残った茎を佃煮に煮たのですが、ちょっと失敗して味が濃く出来てしまいました。
なのでそれをポイッと全部スープの中に放り込んだのです。
で、味見をしたらちょうどいい味加減でスープもめかぶも美味しく食べられてめでたし!

digiphoto0618.jpg

これは、じゃがいもとさつまいものラクレット。
「ル・クルーゼだから、おいしい料理」に載っていたもの。

久々にあやめ

2006.03.01.Wed.23:56


今あやめは換羽の真っ最中。ばっさばっさと羽が抜けています。
抜けた羽1枚ずつ手に取り、これはあそこに生えてた羽だ!
カワイイなぁ・・と、鳥飼いさんでしかわからない、なんとも幸せな時間が過ぎるのです。好きな場所の好きな羽ってあるんです。
それが落ちているのを見つけた時などは、まるで宝石のように手に取りウットリしちゃったりするのは、やはりマニアックな世界でしょうか?

いつもの事ですが、羽が抜ける時はやや食欲が落ち着いているようです。でも痩せるというほどではありません。
今日現在38g。いつも羽が生えてくる頃になると食欲がすごくなります。あれだけの羽を作るのだから自然な事ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。