ピアノを弾く身体

2006.06.30.Fri.23:54
06630.jpg

最近あやめは止まり木破壊に夢中!真剣な眼差しです。朝、枕元で囓る音が響き渡ります。反対側はかなり破壊しました。

さて、今日は私のピアノのレッスン。イタリアと日本と行き来していらっしゃる先生にみてもらって3年くらいになります。
先生の活動はクラッシックにとどまらずジャンルを越えたもので、しかもそれぞれが超一流。先生の中ではジャンルわけはないとのこと。
その秘密を毎回少しずつ解き明かしてくださる。

今日は音を出す前に、ダンベルから始まった!ピアノを弾く身体作り、ピアノを弾くさまざまな筋肉作りがいかに大切で必要か、しみじみと感じた。このフレーズを弾くにはどこの筋肉を使い、どういう音を出すのか非常に具体的でわかりやすい。
いろんな事をしたが、たとえば右手は水平横に肩の高さで1.5kg持ち上げつつ、左は普通に曲を弾く。(今日はchopin)
日本には自分を含めてピアノを教える人は星の数ほどいるだろうけど、こんなことをさせるのはきっとこの先生だけではないかな?(笑)しかし、いろんな事をする中に必ず意味があり、必ず弾きやすくなるのだからいつも感服してしまう。

幸い我が家には夫のダンベルがある。早速今日からピアノを弾く為の筋肉づくり開始。ガンバルぞー!

スポンサーサイト

ミネラル補給そして桔梗

2006.06.29.Thu.17:07



ミネラル補給中のかりん。回りにかけらを飛ばしつつ、遊んでいるのか?食べているのか?よくわかりません。女の子というのに大股開いてますね・・・さらにアップで見ると出目金ちゃんになってます。



06629.jpg



今朝、蚊地獄の庭に下りていくと、桔梗の花が咲いていました。毎年春になるとパンジーやチューリップの間から芽が出てくるのですが、今年は出てきたな~と思ったら、なんと虫にすべての葉、そして細い茎までも食べ尽くされてしまったのです。ちょっとわかりにくいですが、花の左側に2本茎のみになってしまったのが写っています。なんとも哀れでガックリきていたところ、今朝、一番先っぽにつけた蕾だけは頑張って花を咲かせたのです!すごいなー!!すごいなー!!

暑いよぉ・・

2006.06.29.Thu.00:13


今日は東京でこの夏初めての真夏日を記録したらしく、どおりで暑ーい!通勤の30分徒歩がキツクなってきました。朝はお日様が照ってなかったのに、どえらい湿気で(おっと方言が出た)着く頃にはへなへなって感じでした。
我慢してスクールバスに乗るか、もう少し早く家をでて車通勤かな。夏休みまであと1ヶ月です。

帰るときに田んぼの中で餌を探すコサギのペアがいました、青空のブルーと緑のイネに真っ白のコサギ、夏らしい色彩で美しかった。

さて、かりんはツクツク頭だったのが少しずつきれいになってきました。今度は2日前からあやめの換羽開始。帰宅したら、左右のグレーで薄い目玉おやじ大小が抜けてました~。

梅仕事

2006.06.27.Tue.22:38
06627.jpg



IMG_2121.jpg


梅が出回るのもそろそろ終わりでしょうか?慌てて材料を求めました。
今年は梅サワーと梅シロップを作りました。梅サワーはいつもの米酢ではなくリンゴ酢を初めて使いました。出来上がりまで1ヶ月ほど、牛乳に混ぜて飲むとヨーグルトドリンクみたいです。市販のそれよりさっぱりとして夏の朝にはもってこいです。
梅シロップも普通の作り方ではなくて、梅を一度凍らせてから、きび砂糖をまぶし冷蔵庫へ。いつもより早く出来上がるそうです。
楽しみ楽しみ!

ムラサキシキブ

2006.06.26.Mon.22:25


IMG_2092.jpg

庭のムラサキシキブが花をつけました。実は購入したムラサキシキブと鳥の落とし物から芽が出て育ったムラサキシキブがあるのですが、断然鳥の落とし物の方が元気がいいのです。どこからか運ばれたそのタネ、自然の生命力はすごいですね。
下の写真の蕾がなんともかわいいピンク色です。秋には紫色の小さな実がいっぱいにつきます。それを去年はメジロが一生懸命ついばんでいたなぁ・・・。

今朝はスズメの雛の声で目が覚めました。大きな声で「チィッ!チィッ!」と親を呼ぶ声。くちばしの両側が黄色の2羽で、身体の色もまだ薄いのですぐわかります。お母さんはいつも来ていた左足がちょっと不自由な子でした。ガンバレ、母さん!

週末のお料理

2006.06.25.Sun.22:59



IMG_2098.jpg


土曜日のランチはあちこちのブログでみかけて、シンプルなのにすごく美味しい!との評判が高く是非試してみたかったアスパラソースのパスタ。アスパラ、玉ねぎ、チーズ、オリーブオイル、バター、塩こしょうだけなのに本当に複雑でため息が出るほどの美味しさ!(冗談ではなくて)食べ終わった後に放心状態になってしまったほどです。(これも嘘じゃないよ~)
テーブルセッティングはかりんカラーで爽やかに。



06625.jpg


そして今夜はタイカレーにしました。湿気の多いこの季節、パンチがあってあっさりしていて直ぐ出来るので。本当はナンも焼こうと思っていましたがスタート時間が遅くて断念。普通のごはんでしたが、これまたオイシカッタ!
美味しいものを食べるとそれだけで幸せ!単純な私です。

違いすぎるこのあんよ!

2006.06.24.Sat.22:45


あやめはカメラを向けるとずーとポーズをとってくれます。それにしても、この内股でお行儀の良いあんよ!それにひきかえ・・・

IMG_2073.jpg

かりんのこのがに股で大きく開いたあんよ!いつもなんですよ。
でもこの写真はまだかわいいほうかな・・?
それにしても同じ女の子なのにねぇ・・^^:
あやめはしずしずと十二単なんかが似合いそう。
かりんは着流し?とか旅姿とか?木枯らし紋次郎やおかっぴきってかんじもするなぁ。

さて、ワールドカップ日本は負けちゃいましたね。新聞等でいろんな人のコメントを読むのがなかなかおもしろかったのですが、昨日TVでフランス大会時の監督だった岡田監督の言葉が非常に印象的でした。
「ブロックと一緒です。上にだけ積んでいたら弱くて崩れてしまう。横に積む時というのが必要なんです。」と。
Wカップに限ったことではないですが、物事はそんなに短期間で簡単にはものにはならない。地道な努力をし続けてこそ、目標に近づけるのだということですね。今回、マスコミを含めて安易に期待しすぎたのも事実だな、なんて思ってしまいました。
また、次期監督について「4年間やってきたことがたったの3試合で決められてしまう、4年の間は1分でも惜しんで、どうしたら勝てるチームにできるかを考える必要がある。」というのも経験者ならではの重い言葉でしたね。
またラモスのコメントも非常に具体的かつ冷静な提案があり、しかもその言葉の底には彼の優しさを感じました。いつかラモスの監督というのも見てみたいな。

身体中ツクツクです

2006.06.22.Thu.22:25


「おしり痒いです・・・」

06622.jpg


「お顔も痒いです・・・」


IMG_2031.jpg

「呼んだ?」

それにしても綺麗な羽の色!うっとりです。
ツクツク頭だけれどカワイイかりん。
産卵した頃はお鼻が茶色だったのに、すっかり白くなっちゃった。


気になる・・・

2006.06.22.Thu.00:05


あやめはここ一週間くらいで急に体重増加。ごはんの量は変わらないのに・・なぜなぜ?
今日は44gになっているではないか!もしかして、もしかしたら・・・卵ちゃんだろうか?
なんとなくおしりあたりがふっくらしているように見えるのは気のせいなのだろうか?ちょっと心配!

かりんは先日の産卵翌日からバサバサと羽が抜け始めて、今ツクツクのピーク。お顔まわりが良く抜けたので、ちょっとふけ顔になっている。元気だけはいっぱいすぎて、やたら噛みつくのはなぜ??

なぜ?が多い我が家のインコズである。

フィンランド・アラビア展

2006.06.20.Tue.14:26
06620.jpg


IMG_1862.jpg

6/7にアラビア展に行ってきたことを書きましたが、その時私はすご~~く感動したことがあったのです。それは・・・
上の写真は自宅で使用しているアラビアのパラティッシ(デザイン・カイピアイネン)というシリーズ。私は勝手に我が家のインコズの柄だ!と思っています。見たとおり、すみれはすみれちゃん、少し小さいビオラは白とブルーでそらんちゃん、黄色の果実はかりんかな?ということでかりん、あやめもお顔が黄色くてすみれのような色なのでどれというわけではないけれどあやめも連想できる。
ということで、これを使う時は、いつも一緒、という気持ちなんです。

で、本題ですが、下の写真はアラビア展で見たカイピアイネンが1965年に発表した大皿。1969年に発売になったパラティッシの元になった作品らしいのです。そう、元の作品には、なななな、なんと、夫婦の小鳥と巣そして卵が描かれていたのです!!!私は思わず美術館で嬉しさのあまり叫びたい衝動にかられました!

パラティッシの紹介文によくフィンランドの自然を大胆に描いたうんぬんとあるのですが、そこには私の愛するBird=Lintuも登場していたのですね。嬉しくてウルウルでした。

また同じくティーマシリーズというのがあって、いろんな色やアイテムを私も使用しています。上の写真で重ねている黄色・紺のお皿もそうです。そのデザイナーのカイ・フランクが、なななな、なんと!(くどい?)我が故郷・多治見の研究所に来ていたことが判明!まだ私が生まれる前のことだったようですが、これまた自分との繋がりがあったんだと妙に嬉しくなったのです。
この二つの不思議を知ることが出来、興奮と幸せな気分で帰宅した私でした。

すみれちゃん

2006.06.18.Sun.16:08


すみれちゃんです。
なんともお上品なお顔立ちだと思ってしまうのは、飼い主の何とかでしょうか・・・。
365カレンダーの応募が昨日から始まりました。昨年は知ったのが遅かったので載せてあげられませんでしたが、今年は登録する事が出来て今からとても楽しみです。こちらは何羽か登録できるようなのであや&りんも登録。CAPさんのカレンダーは一家に一羽ということで、すみれちゃんのこの写真を登録しました。

密やかに・・

2006.06.17.Sat.22:36


今日は大満足、久しぶりにサンコウチョウに出会えました。
先週夫が探し当てたとっておきの場所に出かけました。まずはキビタキの声。先週の気配と違うそうで、もしかしたら巣立っているかもと話しながら声の先を必死に探しました。すると見つけました!キビタキ♂が背中を見せて羽繕いしたり、すこしさえずったりとのんびりふっくらリラックスです。暗い森の中に黄色が鮮やかです。
さらに奥に行くと「月日星ホイホイホイ♪」とサンコウチョウの鳴き声が聞こえ始めました。声の方を丁寧に探すといました!数年ぶりの彼は相変わらずアイリングのブルーが鮮やかで、雨覆いあたりが紫と茶色を足したような色で、長~い尾羽をひるがえして枝から枝へ動き回っていました!感激のあまり高湿度で不快指数100%も忘れそうでした。
人もいない杉林の下はすぐ沢になっていて、鳥たちにとっては格好の繁殖場所となっています。
巣立ちしたキビタキのヒナがキセキレイやスズメと混ざって水浴びをしていたり、ヤマガラのヒナが一生懸命餌をとっていたり、ホオジロが木の梢で「一筆啓上奉り候」とさえずっていたり鳥たちの日常を垣間見ることが出来て、楽しい時でした。

今日出会えた鳥たち
サンコウチョウ キビタキ ヤマガラ ホオジロ メジロ ヒヨドリ アオゲラ コゲラ ツバメ スズメ キセキレイ ウグイス アオサギ ダイサギかチュウサギ
IMG_1941.jpg

これは・・・

2006.06.17.Sat.00:37


庭にいっぱい咲いたすみれのタネです。友人からもらったタネを植えたのが10年以上前。どこに最初植えたのかも忘れてしまいましたが、今ではタネが飛んであちこちの鉢の隅や地面にいっぱい増えました。(春にご紹介した記憶)
毎年ぼんやりして、いつの間にかさやがはじけてタネは落ちた後に気づきます。今年はマメにチェックして採取しています。
このブログに遊びに来てくださるお友達でご希望の方に差し上げられるといいな・・・って思っていますがそれだけ集まるかな?
雨に打たれると一瞬でこぼれ落ちそうです。それにしても、この大きさは1cmくらいなんですよ。小さくてかわいいですね。

暑くなってきて

2006.06.15.Thu.00:34


アイスクリームの美味しい季節になりましたね。
写真は友人のY子ちゃんから教えてもらった簡単アイス。牛乳、お砂糖、レモン汁でさっぱりしたシャーベットみたいな食感になります。
器は随分前に北海道に旅行した際、ケーキ屋さんで買ったデザートの器です。なんとなくほのぼのとしてかわいかったので、しっかり持ち帰ったものです。

同じくY子ちゃんにもう一つ美味しいプリンのレシピを教わりました。カルーアプリン。こちらは画像がないのですが、コーヒー味で生クリームをたっぷり入れるので非常に濃厚なお味なので少量を味わいながら食べるがオススメ。お店で買うプリンに負けてない本格的な味わいです。

さて、今日帰宅してベランダをふとみると、キジバトのオスがメスの後ろでぴょん、ぴょんとジャンピング?していました。いざ!という場面でしたが、私が気づかず急に近寄ったので逃げてしまいました~^^;
これは卵を産むのは時間の問題かな?

日々それぞれの暮らし

2006.06.13.Tue.17:25
06613.jpg


かりんは卵を産んだ途端、羽が抜け始め、あれだけ潜っていたり、喧嘩も絶えなかったのになんだか大人しいです。それはそれでちょっと心配。でも最近、おしゃべりが上手になってきました。
あやめは相変わらず42g、ママの後を追いかけては時々シャッチーになってます。もっと自由に食べたいだけ食べさせてあげたい。

外の鳥たちは本当に忙しそう。ヒナ連れだったシジュウカラは、今はもう子別れした模様。ヒナが1羽のみでやってきたり、夫婦でやってきたり、2回目の繁殖に向かっている様子。キジバトは早朝からやってきて鳴いたりしているけれど卵はまだ。来たかと思うといない。何を考えているのかな?ヒヨドリは先日ヒナを連れてきましたが一度だけ。
実はカリンの木と同様、食べた後のたねを植えたビワが今では3m位になって、今年はいっぱい実をつけて黄色く色づいていました。
ところが、悔しい事に予想通り(毎年なんです)ヒヨドリに片っ端から食べられています!やだ~~!と叫んでも毎日少しずつなくなっていく!ネットなどで囲わないと一つも食べられそうにないです。あと一日二日で食べ頃?と思っていると必ずやられてます。良く知っていますね。

週末、夫が鳥見に行ったとき双眼鏡を覗いたら、その同じ視野の中にオオルリとキビタキが虫をいっぱい口にくわえていたそうです。子育て真っ最中の模様。また、姿は確認できなかったようですが、サンコウチョウ(三光鳥)がその名の如く「つき・ひ・ほし・ホイホイホイ♪月・日・星・ホイホイホイ」と鳴いていたそう。私も昔何度か会うことが出来た鳥ですが、尾が非常に長くて飛ぶ姿はまるでステッキのよう、黒い身体にアイリングが綺麗なブルーです。繁殖のためにあんなに優雅な鳥が空を飛んでくるなんて、本当にワクワクします。

あまりにも突然でした

2006.06.11.Sun.18:32


昨日は小夜之介さんとクリスチャン・ツィメルマンの演奏会をみなとみらいに聴きに行った。演奏会の前にお茶をしてインコ話で盛り上がり楽しかった。ツィメルマンの演奏会は来日の度に必ず行っているが、今回も素晴らしいもので上機嫌で帰宅した。

そして午前零時を少し回った時、メールが入った。元同僚のYさんからで、セキセイのゴンちゃんが今日ご飯を食べなくて心配だと。明日は日曜だけど病院に電話をすればきっと診てもらえるだろうからと、とりあえず保温を強くした方がよいことなど、少しやりとりをして休みました。
今朝、朝一番でメールをしたところ、なんとご家族に見守られて午前2時半に息をひきとった。というではありませんか!
あまりにも早すぎて、あまりにも突然で、あまりにも悲しすぎて!!
その後、電話で話をしたけれど二人とも涙、涙だった。

亡くなる10分前まで止まり木にとまっていたそうで、まさかまさかの事だったそう。

写真はゴンちゃんが健康診断に来たとき、我が家へ寄ってくれたときのもの。まだ2ヶ月のあやめとご対面の時の写真。あやめより4ヶ月お兄ちゃん。おしゃべりが上手でかわいい子だった。
本当にあっけなく逝ってしまってたまらないけれど、先代のしじみちゃんやぴーちゃん、そしてすみれちゃんやそらんちゃんが迎えてくれたことだろう。ゴンちゃん安らかに・・・ありがとうね。

どうなることやら・・・

2006.06.09.Fri.16:10


10日くらい前に発見したのがこの巣。実はベランダと庭の境。カリンの木同様に食べたあとのタネから育ったビワが大木になり、今多くの実をつけている、その陰になる場所、モッコウバラも横にあるので、巣の場所によいと判断したのだろうか?作ったのはキジバト。
3日前の早朝、やけに鳴いていると思って起きてみたら、巣に座っている!昨朝もやってきては「でーでー、ぼっぼっ」とさんざん鳴いて、昼間は飛んでいってしまった。そして今朝も同じ。
覗いて見ると卵はまだない。
ところが今日は夕方になって舞い戻って来て、鳴きながら座っている・・近いうちに産み落とすのだろうか?それとも、もう産んだのだろうか?

キジバトが我が家に巣を作ったのは今回が初めてではない。
何年か前、今回作った反対側でリビングの方の窓の前。2羽のヒナが孵り、それはそれは献身的な父さん母さんだった。
巣立った朝、庭のフェンスに止まっていたところ、悲しいことに猫に1羽やられてしまった。

そんな経験があるので、心配がまたひとつ増えると思うと複雑な思いである。どうなるんだろう・・・

フィンランド行きたいよ~ その2 そして野鳥たちと

2006.06.07.Wed.23:46
0667.jpg


IMG_1815.jpg

昨日、東京都庭園美術館にて開催中の「北欧のスタイリッシュ・デザイン・フィンランドのアラビア窯」に行ってきました。
この建物は元朝香宮家の邸宅、アールデコ様式の内部はそれだけで一見の価値がある素晴らしいものでした。
さて、肝心のアラビア展の内容はまた後日・・・

以前書いたツバメの話。一回目のヒナたちは巣立ち、まだそんなに日も経たない今日、ナント二回目抱卵していました。休む間もなくツバメの父さん母さん頑張っていました!途中で必ずカワラヒワがいる場所があったり、短大の近くの田んぼではカルガモペアに会えたし、楽しい朝のひとときでした。
スクールバスに乗ってしまうと彼らには会えないばかりか、満員で不快だし、朝からハイテンションな学生に混じってひたすら我慢の時間。徒歩30分はちょっと大変だけど私にとって大事な時間になっています。

フィンランド行きたいよ~ その1

2006.06.07.Wed.00:45


日曜は日本シベリウス協会の演奏会に行った。友人でもあるメゾソプラノ駒ヶ嶺ゆかりさん、ピアノの水月恵美子さんそしてフィンランド人のギタリストのペトゥリ・クメラさん、そしてフィンランドの作曲家ノルドグレンさんという出演者。ゆかりさんがフィンランドに留学中に恵美子さんと教会で演奏会を開いた時、駆けつけたのはもう何年も前の事。

プログラムはシベリウス、ラウタヴァーラそしてノルドグレン。ノルドグレンさんは日本に留学された経験をお持ちである。小泉八雲の怪談からインスピレーションを得て書かれたピアノ曲。そして今回委嘱作品となったのがナント百人一首から7つの歌、これはギター伴奏。
英訳でご存知だったそうだが、タイムリーに昨年フィン語の百人一首が発売されたそうだ。フィンランドで百人一首が読まれているのかと思うとちょっと不思議。

最近日本人であること、そして日本の文化や芸術に改めて目覚めている私にとって、フィンランドの作曲家がご本人のトークを交え日本を感じて作曲された曲を聴くことができたのは貴重な時間だった。百人一首の中には現在も変わらないものを感じたとおっしゃっていた。

そしてギターの音がたまらなく好きな私であるが、ギターが琴や琵琶をイメージさせる奏法や調弦で、雪の描写などは即興らしいがなかなかよかった。
彼のCDを購入してきたが、バッハがたまらなく良くて聴き入っている。

今日のふたり

2006.06.06.Tue.01:32


かりんの卵騒動で久しぶりのあやめです。換羽も落ち着き、
今は後頭部あたりにストローが数本。これが気になって仕方がない私。
かりんのようにカキカキさせてくれないのでなかなかとれません。
ヒナの時はよくさせてくれたのに・・・。
あやめの瞳はやさしくて、見つめられるとたまりません。

0666.jpg

ただいま産卵中、ではなくて、うんちゃんを産み落としている所!
力んでおなかあたりが膨らんでいます。真剣なお顔です。

サラダ3種

2006.06.04.Sun.23:38
かりんはどうやら卵は一個で打ち止めの気配です。
さて、今日はサラダ3種。上2つはフィンランドではこれがなくては始まらないという「ディル」。無性にじゃがいもとディルが食べたくなった時にたまたま冷蔵庫にあったアボカドと一緒に作りました。


アボカド・ポテト・トマト・ディルのサラダ
IMG_1650.jpg

アボカド・ゆで卵・レタス・ディルのサラダ
IMG_1766.jpg

そしてこれはお豆腐にみょうが・トマト・大葉を乗せてオリーブオイルと自然塩で食べる変わり冷や奴。どこかで見かけて試したところとっても美味しかったです。暑い日に是非試してみてください。

こんなことしてたからかな?

2006.06.02.Fri.23:53


喧嘩のようで実は発情だったのでしょうか?
かりんの今朝の体重はナント35.5g!昨日より減ってしまいました。
食欲もあったのですが・・・やはりこの様子なら2個目の卵はまだ出来てないみたい?
そうそう、あんなに大きいものをしていたのに、今日はごく普通の大きさに、そして数も通常と同じに戻りました。
変わりにあやめがじわじわ体重増加。ごはんはいつもと同じなんだけど・・・これまた心配。

かりん、その後。

2006.06.01.Thu.22:59


産卵の翌朝の体重が36.5g、今朝も同じ。
産卵した日は38.5gで卵が1.9g。計算があいますね。
と言うことは、今日はまだ次の卵は出来ていないみたいだな~と思って外出。
帰宅すると大きなうんちゃんが数個。やや黄緑っぽい。
あれ?朝から卵出来てきてるのかな?なんとなくおしりあたりが膨らんでいるようにもみえるし、何度もくちばしで気にしています。
で、今日のところは産みませんでしたが、私はそわそわ状態。
明日は産むのだろうか・・・?