帰省・続き

2007.08.30.Thu.23:35



今回出かけたところ・・

私の着物の師匠(着物をはじめいろいろと導いて頂いているので勝手にそう思っている)
十和田観光ホテルの女将で、十和田ゆずりは、原宿ゆい
の店主をされている田中陽子さん
名古屋で「東北の着物と帯展」をちょうど開催中で叔母と立ち寄る。

妹が行こう、というので、
市の倉のさかずき会館でやっていた手ぬぐい展に行く。
帯留めに加工できそうな箸置きをショップで見つけました。

その帰りにbankでお茶。

そして、1年以上私のブログに遊びに来てくださっている方には
また?と言われちゃいそうですが、
(写真でもうばれてますね)
美濃加茂市のみのかも文化の森にある市民ミュージアム
で開催されていた星野道夫さんの写真展へ。
銀座・横浜に続き3度目だけど、デパートではなく自然豊かな場所で
人も少なくて一番ゆっくり見ることが出来ました。

動物、自然好きに育った私たち姉妹、それは母の影響大なので、
是非、母にも見て欲しかった。
思った通りで感激していた母でした。

その後、ランチに立ち寄ったお店。素材香房イル・コローレ
070830.jpg


田んぼに囲まれて奥まった場所にあるこのお店。
サラダ・白身魚のフリッター味噌ソース・おみそ汁・ご飯・
デザートにティラミスと珈琲で980円。
みな丁寧に作られていてとっても満足!田舎は安いなぁ・・・
しかも満席!

そして帰省とセットのようにでかけるももぐさへ。
素敵なサロンを見つけ、以前から気になっていた下駄も欲しかったけれど
今回はぐっと我慢・・・



祖母がショートステイへ行く予定日に母と送っていく。
そこで高校の同級生にばったりで驚きました。
彼女はお身内をステイからお迎えだったみたい。

そして、入院中の父を見舞う。
入院はもう少しかかるようだが、外科なので食欲旺盛。
今回、祖母と父に是非食べてもらおうと、
初夏に作った梅シロップ煮、ビワの種で作ったサワーを持参。
そして、冷製のポタージュスープを沢山作って
祖母はステイに出る朝、父には病院へ届けた。
それくらいしか出来ないのが歯痒い・・・

夕食は中華料理店へ。今回は父が入院中なので3人で。
人数が減ると中華は品数が減ってちょっぴり寂しいです。
「パパがいたら絶対これを頼むよね?」とか
「おばあちゃん、これ大好きでよく食べたね、でももう外食は無理だね」
なんて話ながら、やはり祖母が若くて元気だった頃を
思い出してしんみりしてしまう。


そして、夜は天光の湯へ。大きなお風呂や露天風呂は気持ちがいい。
次はいつ帰省できるかな?

束の間の「今」、不確かな「未来」に不安が渦巻く。


いろいろと露天風呂で考えながら、夜空に浮かんだお月様を仰ぐ。


・・・となんだか思いつくままに、書き出してみましたが
あっという間の3泊4日でした。



スポンサーサイト

盛り沢山の帰省でした

2007.08.29.Wed.12:47



今回の帰省は心配事も多々ありましたが、実家でのひとときは
美味しく楽しくあっという間でした。

久しぶりに名古屋で途中下車して、叔母、叔父に会い、
お昼にひつまぶしをご馳走になり満足~!
二人ともとっても元気そうでなによりでした!

それにしても、栄の地下街や千種の駅、父とよく待ち合わせした場所は
昔とあまり変わってなくて、ものすごく懐かしかったです。
高校生の頃、遊びに来ていた頃の気持ちにストン!と
タイムスリップするような感覚でした。

デパートに入るとすっかり雰囲気は変わっていたけれど
子供の頃、レストランで旗の立ったお子さまランチをよく食べて
いたのを思いだし、その時の空気感もよみがえって来ました。

昔を思い出すなんて、それだけ、すごーく時が流れてしまったんだな・・
と自分の年齢を思うのと同時に、家族それぞれの人生を感慨深く思いながら、
中央線で多治見へ。
新幹線を降りたときも、その暑さにうっ!ときましたが、
多治見駅を降りてさらに暑くて息苦しいほど・・・!!
さすが日本記録保持地。

そして実家で待っていたのは猫軍団。
写真は何度見ても笑っちゃうワカメとその子アオサ。
アオサは右目がブルーです。

内猫のパンダ、ウニ、シジミは今まで家の中を棲み分けしていましたが
どうやら仲良くなったらしく、3匹フリーちゃんでうろうろ。
相変わらずウニのインシュリン注射は欠かせませんが、
なんとか体調は安定している模様でした。




070829-2.jpg



と、今日はここまで。帰省報告はつづきます。

仲良しの?距離

2007.08.24.Fri.01:08



070823-2.jpg


2羽の距離がいつもより近いです。
あやめはあんよの痛いかりんを暖かく見守っている感じです。
かりんはいつもの調子が出ないけれど、
それでも少しだけちょっかいを出してます。

この画像は今日(23日)一時よりはまっすぐ立ってますね。
でもまだまだ左足をあげることが多いです。


ところで、「おしりかじり虫」ってご存知ですか?
NHKのみんなのうたです。
初めて聴いたとき、なんだこりゃ?と思ったのですが、
何回も聴くうちに忘れられなくなって、とにかく愉快になれるのです。

ある時、短大で音楽の同僚の先生方とお昼を食べていたとき、
とっても真面目な先生が(私より年下の)
「突然ですが、おしりかじり虫ってご存知ですか?」とおっしゃるのです。
その先生曰く、NHKというのに、あんな変な歌を取り上げるのはまったくおかしい!
おしりをかじりたいだなんて・・・!と憤慨されていた。

「私、なんだか好きでTVでやると思わず一緒に歌っちゃいますよ。」
なんて言ってしまった。
他の先生も興味津々でしばらく話が盛り上がったのです。

最近知ったのだが、どうやらその歌が流行ってきているらしくて
NHKでも特集をやっていた。
子供が聴いたら、すぐにおぼえてしまうだろうな!って納得。
単純に楽しい気分になれる歌。

そして、恥ずかしい話だけれど、先日デパートをうろうろしていたら
なんだかおしりのほっぺが急に痒くなってきた。
あれ?痒い!と手をやると洋服の上からでもわかるほどに、
腫れているではないか!
蚊ではない何かに刺されてしまったのだった!
でも、そんな事ってあるの??って感じ。
もしかしたら、おしりかじり虫にやられたのかな?
なーんて思ったんです・・・


さて、明日から月曜まで実家に帰省してきます。
あやりんはパパとお留守番です。
いい子で待っていてね。

心配事・・

2007.08.20.Mon.14:36



070820-2.jpg


070820-3.jpg



いつもおちゃめなかりんちゃん。
実は8/1に産卵したんです。今回も一個のみ。
今までは大好きなブランコか止まり木でだったのが、
今回初めてケージの床でポロンと。
寝かせた途端あえぐ声・・でもほんの2、3分で産んじゃいました。
いつものように、卵を振り返るでもなく、下の止まり木でしばし休み
その後はいつものブランコで就寝。

安産でよかった、と思ったのですが・・・。
それから一週間から10日位は気にならなかったのですが
10日を過ぎた頃から、また左足をあげるようになりました。

この3枚の写真は7/26に撮影したものなので、
しっかりとしこふむように立っています。
ところが今は、体重を右にかけているのです。
止まり木の左端で、もたれかかって休んでいることが多い毎日。
いつもの元気はどこへやら。

やはり産卵の際の影響でしょうか?
2月に産卵した後にも同じような症状で、何ヶ月もかかって
やっと治った!というのに。
なんだか痛々しくてたまりません。

実はかりんは、とっても神経質で臆病。
今、足が悪いせいか、いつも以上にビクビクしていて
ちょっとした音や動きに敏感になっています。


070820-4.jpg


おねえちゃんのあやめも心配そうにしています。
放鳥時間もぐんと減らしているのですが、かりんの近くで寄り添って
見守っているあやめ。
あやめも、体重が増加して飼い主は冷や汗です。
制限しているのですが、思うようになりません。

8/1から父も入院しているし、8/15で93歳になった祖母の介護も母は大変!
週末には帰省予定ですが、なんだか心配な事が多い夏です。




暑いですねーー!!!

2007.08.16.Thu.23:55



毎日暑くて溶けそうです・・・

実家のある「岐阜県多治見市」は本日めでたく?40.9℃!
日本記録だそうです・・・
夜8時頃、妹からエアコンをつけても35℃だとメールがきました。
げげっ!狂っていますね。

エアコンというと・・
実はエアコンが壊れてしまったのです。
で、修理をお願いしたのはいいけれど、何日も待たされました。
そしてやっと修理の人が来る朝、確認の電話がありました。
簡単な状態を説明すると、90%修理は不可能、とのこと。
えー!それなら修理を予約した日に言ってよ~~。

それから仕方がないので新しく購入のために研究を始めました。
数社のパンフをもらい、内容を読みながら、価格チェック。
そして店員さんに説明を聞きます。
やっと機種を絞り込み昨日、お店に行きいろいろ聞いていたら
もしかしたら、今週末もう少しお安くなる「カモ!」という話。

昨日注文すると取り付けが土曜日。取り付けを平日にすると
5000円引きになるので、週末割引になればかなりお得に
なる「カモ!」・・それに賭けることにしました。

でもアツーイ!今はピアノの部屋のエアコンで他の部屋も無理矢理
冷やしています。
やっぱり、ケチケチしないで決めればよかったかな・・・
でも、15000円くらい値段が変わると大きいです。
ポイントも今は13%だけど週末だけ20%になったりするし・・
そうするとやはり大きい。
この暑さも我慢我慢。 

早く秋になーれ!でも夜に虫が鳴き始めました!
エアコンついた頃には涼しくなりそう・・・


写真はちょっと前のあやちゃん、今は茶色のお鼻が一皮むけてベージュです。
最近、限界に太っちゃってコマッテマス。


真木さんのところの美味しい話

2007.08.14.Tue.15:31




東京あきる野市にある真木テキスタルスタジオ。
ここも東京なのね、というくらい静かなところです。
この建物は昨年ショップ&カフェとしてオープンでしたが、
同じ敷地内に築200年の古民家が移築されていていい感じ。
ももぐさも古民家を移築されているし、私は「木」の家が好きなんだなと思うのです。


070813-5.jpg


確かこの写真は6月でしたが、庭にキビタキ♂がいついていて
本当なら姿をみるのはなかなか難しいというのに
ちょこちょこしていてかわいかったです!


さて、美味しいお話。
ここのカフェではこんな美味しい物が食べられるんです。

070813-1.jpg


070813-3.jpg


インドを行き来して制作をされている真木さん。
カフェのメニューはインド菜食。
私は今まで食べたカレーで、こんなにもあっさりとしたものは
初めてだと思います。普通は油が気になったりしますが。

デザート・ラッドゥはチャイと共に、こんな葉っぱにくるまれて出てきます。
インドではおめでたい時によく食べられるそうです。
初体験のお味、でもまた食べたいな!と思う素朴なお味なんです。


こちらは昨年行ったときのメニュー。
070813-6.jpg

070813-7.jpg

070813-8.jpg


そして料理人は・・


070813-2.jpg

ラケッシュさんという方で、手際よくチャパティを外のテラスで作って
奥のドラム缶のようなところで焼いてらっしゃいました!


真木さんのお話会で一番印象に残っているのが、
今はもう変わってきているけれど、以前は家庭に「ゴミ箱」
がないの!みんな還元できるものしかないから・・・
という話なんです。

美しい暮らしというものは、そういうことだなぁ・・と
大きく頷いた私でした。
年月を経てなお美しい物、自然からの恵みで生活をする。
そんな暮らしに憧れます。

プラスチックって大嫌い!

あやりんのケージも、昔のように木で出来ているものならステキだろうな・・・
でも、すぐに破壊しちゃいそう!

かりんの色は・・・

2007.08.12.Sun.12:01



IMG_3677.jpg


IMG_3684.jpg


毎日これでもか!というほどに暑くてぐったりの私。
ブログ更新すっかり久しぶりになってしまいました。

さて、なぜ藍の生葉染めに興味を持ったかをお話すると・・
私はどうやら、とても「布」が好きらしい・・のです。笑。

自然の恵みをいっぱい頂いて、
作り手の紡ぐ・染める・織る・あるいは刺す「布」との出会いは
時に感動をもたらします。

そしてそれを纏った時、安らぎ、力強さ、幸福、感謝・・
というさまざまな感情が湧き起こってくるのです。

あらゆる考え方から暮らし方などまで、変わっていく自分を
ここ数年感じています。
もちろん「布」だけではなくて、それは日々の「生活道具」から
始まり、自分の回りある全てにおいて言えます。

さて、話を戻しますが、かりんと一緒に写っている布は、
真木テキスタイルスタジオの真木千秋さんのストール。
タッサーシルクで出来ていてかりんブルーは藍の生葉染めだったのです。

真木さんの布は本当にステキで大好きなんです。
写真では真木さんの布の素敵さがよくわからないのが残念なんですが
本当にきれいなんですよ。
このかりんと同じ色のストールを見たとき
その息を飲む美しさに唸ってしまいました。


自宅でかりんを近づけてみると、あら?本当にそっくりな色!
さらにオドロキました!
実家の多治見にあるももぐささんで、店主の安藤明子さんとの展示会で
真木さんのお話会があった時に、このかりんの写真を持参してお見せしたんです。
とっても驚いていらっしゃって、記念にとお写真も差し上げました。
その時に、真木さんのところのOさんに、
かりんの色があまりにきれいで、
「まさか、染めたんじゃないですよね?」っておっしゃったのには
笑ってしまいました・・・

かりんの羽の色は、
神様から与えられたかけがえのない色なんですよね!
あやめもすみれもそらんも、全ての鳥さんの羽って
本当に美しいですよね!

というわけで、このストールとの出会いが、
ワークショップ参加へのきっかけとなったのでした!

さてさて、この真木さんのスタジオのあるあきる野の竹の家での
「美味しい」お話はまた明日。


藍の生葉染め

2007.08.05.Sun.17:36


昨日は2月に三徳作りを楽しんだ、らふとさんのワークショップ、
今回は「藍の生葉染め」を体験してきました。

ナント、かりん色に染まったきれいなブルー、
この画像のかりんの下のブルーの布が完成したものです。
かりんとまったく同じ色でしょう?

「藍」というと紺色のイメージですが、
生の葉で染めるとこんなにきれいな色に染まるんですヨ!

070805-2.jpg

まず、畑の藍を刈り取ります。
070805-3.jpg

そして葉を摘んでいきます。
残った茎は持ち帰りました。
植えておくとまた復活をして、秋にもう一度染められるそうです。
ダブルの楽しみ!
070805-4.jpg

藍って虫の食べた穴でさえ、すでに紺色!びっくりです。
070805-5.jpg

みんなで作業中。らふとのデッキの真ん中に立つ木の下で。
070805-6.jpg

070805-7.jpg

葉がたくさん摘めたら、ミキサーにお水と葉を入れて・・
070805-8.jpg

さらしの袋に入れてギュッと絞ります。
070805-9.jpg

出来た液の中に、真っ白の絹布を入れて泳がします。
070805-10.jpg

ぱっと引き上げるとまだ緑色。
それを木陰に渡したロープに干します。
するとみるみる色が変化してきれいなかりん色・ブルーに。

070805-11.jpg


私は完成した布を着物を着るときの半襟にしようと思っています。
自分で染めたかりんブルーの半襟。とても楽しみ!

さて、なぜ私がこのワークショップに参加しようと思ったかは
また明日・・・

とっても暑かったし、神奈川から東京を横断して千葉まで行ったけれど
草木染めの初体験に感動した一日で大満足でした。




あやめのお仕事 その2

2007.08.01.Wed.22:57



かりんの突然の攻撃にも負けないもん!と、この笑顔。
さて、仕事の続きに取りかかろうっと・・・

070801-2.jpg

070801-3.jpg

070801-4.jpg

070801-5.jpg


そして、ついに・・・




070801-6.jpg


大満足のあやめちゃん!

でも、インコアパートで開催中のかじりーず選手権に特別参加しているんだから、
そのほうを頑張ってほしいんだけどな・・・
でも、これもまたある意味、はしごかじりーずのゴール!では??

と、ぼやく飼い主でございます。