スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芭蕉布・平良敏子さん

2007.09.30.Sun.18:57



平良敏子さんの米寿の記念展覧会に銀座まで出かけました。
沖縄の大宜味村喜如嘉に生まれて、芭蕉布の再興に人生をかけてこられた
人間国宝の方なんです。

芭蕉の木を育てるところから始まり、気の遠くなるような行程を経て
布になるのです。
その着尺、帯が展示され、平良さんのお話と実演を聞いてきました。


070930-3.jpg


私は芭蕉布の素朴な風合いが大好きで、とても楽しみにしていきました。
豪華絢爛な着物って、好きではありません。
いや、全てにおいてそうです。美術品と言われる物よりも、
生活に使われる道具や着物たち、そして、古くから受け継がれた
素材の良さ、そんなものに惹かれます。

音楽もそうかもしれないです、もちろんオーケストラの良さもあるけれど、室内楽やソロが好きです。
その人そのものを感じ取れるような・・・
大好きな福山さんのコンサートでも、バックのミュージシャンが
管や弦も入ってとても贅沢な時よりも、アコースティックライブで
彼のギター一本が最高!そこにアコギとパーカッション3人という
そんな時がとってもいいですね・・・
彼の歌が心にダイレクトに届きます。


070930-2.jpg

さて、話が横道にそれましたが、芭蕉布に戻します。
会場でもとめた↑の本の中には次のようなページがあります。
この、上の段の右と下の段の右(どちらも2本の線)、
それ以外の7枚の写真は小鳥を表した絣柄なんです!
沖縄では小鳥のことを、トゥイグワーというみたいですが、
鳥好きにはこの絣柄がとても気になります。


平良さんご自身も、とっても小柄でかわいらしいおばあちゃまでした。
でも、そのお話から芭蕉布にかけてこられた情熱をひしひしと感じました。
すべてが驚きと感動でした。
いつまでもお元気でと思わずにはいられませんでした。
いつの日か、鳥柄の絣の芭蕉布を纏うことが出来たなら・・・と
思いながら帰ってきました。


070930-5.jpg

スポンサーサイト

あっという間に一週間

2007.09.25.Tue.23:50



070925-1.jpg


あっという間に一週間が過ぎてしまいました。
仕事が始まり、心身共に↓。

そんな中、お友達インコちゃんが突然天に召されてしまいました。
私の中の「セキセイ」のおしゃべりのレベルを完璧に超えた
かわいいかわいい男の子でした。
いつか絶対に会いたい・・と思っていたのですが、
今となっては叶わぬ夢になってしまったのが残念でなりません。
お友達インコちゃんが逝ってしまうことは、本当に辛いです。

我が家のあやりんはおかげさまで元気いっぱいです。
かりんのあんよは、すっかり良くなったようです。
発情がすごくてあやめを追っかけ回しています。
でも、あやめも負けてはいなくて、絶対に私をかりんに渡さない!
と、迫り来るかりんを蹴散らして、思わずかりんはイナヴァウワーみたいに反り返っています。
ちょっと危険なくらいです。
(鳥飼いさんしか意味不明?)

昨日の午前は久しぶりのレッスンで横浜へ。
指の筋肉の強化と柔軟性と独立が課題。
そうすれば、もっと目指す音色が楽に作れることを確信。
ペダルももっとしなやかに踏むことができれば、
どんなにか手を助ける事が出来る。
鍛えよう!手、指、足の筋肉!

その帰りにふと立ち寄った高島屋で思わず大物を買い物!
よし、これで仕事がんばれそうだ!(単純です)

そして夜は、イングリット・フリッターの演奏会でサントリーホールへ。
ショパンコンクールで2位だった彼女の演奏を聴くのは初めて。

携帯をオフにして前半を聴き、休憩時間にオンにしようとしたら
オンにならない!!画面真っ暗!(大汗!)
電池を取り出したりして、何度も試してもダメ!

後半は楽しみにしていた大大好きなピアソラとヒナステラ。
アルゼンチン人の彼女は、ロングヘアを揺らしながら
明るく陽気な性格が滲み出る気持ちのよい演奏。

そして終演後、歩きながら携帯をオンしようとするが・・・
実は帰りのロマンスカーの切符は携帯でとっていて、
座席番号は携帯にメモ。
携帯がオンできないと、座席番号がわからない!
困った困った!何度試してもやはりダメ!
イライラついでに、5回くらいぶったたいたらなんとオンできた!

思えば今年の1月から携帯を新しくしようと思いつつも、
なかなか決まらず9月に。
いよいよ、変えなくては・・・


となんだかバタバタした一週間でした。


お花のbag作りました!

2007.09.18.Tue.22:34



かわいくてお気に入りのfogの小鳥のbag。とっても便利なんです。

下の大きなbagは、リネンバードのお引っ越しの際に頂いたbagです、
表にはリネンバードの大きなロゴ入り。
裏にAK(あやめ&かりん)のイニシャルを刺繍しました。
これをたたんで小鳥bagに入れていつもお出かけします。
荷物が増えた時に使います。なるべくいらない袋はもらわないためにも。

あるいはバッグinバッグに使ったり、仕事の時、貴重品だけ持って
お手洗いに行ったり。あるいは日傘が丁度入るので夏は重宝しました。

とっても使いやすい大きさで気に入っていて、右側の赤いお花のbagをマネして作ってみました。

・・というか、夏のリネンバードのセールで買ったはぎれの袋の中に、
ぴったりの大きさのお花の布が入っていたのでその気になりました。

自分のイニシャルを刺繍して、裏もつけて、持ち手は革をつけました。
その縫い止めた糸を隠すために、裏側に3センチのレースを縫いつけ
表からはちらっとレースが見える感じにしています。
結構満足しました~~。


さーーて、いよいよ明日から後期の授業が始まります。
ちゃんと明日、行けるかしら・・?ちょっと不安。
1年生は学生が入れ替わるので、「はじめまして」になります。
頑張らなくっちゃ・・・。


舘野泉ピアノリサイタル

2007.09.16.Sun.12:11



14日、舘野先生のピアノリサイタルへ。
今回は大好きな作曲家、「吉松隆の風景」と題されて
オール吉松さんの曲。とても楽しみにしていた。

中でも、タピオラ幻景は好きな曲。
1、光のヴィネット
2、森のジーグ
3、水のパヴァーヌ
4、鳥たちのコンマ
5、風のトッカータ  の5曲。

この曲は先生が左手のピアニストとして復活された時に
吉松さんが献呈された曲。
タピオラとはフィンランドの神話の森の神タピオが棲むところ、
という意味でシベリウスを師匠と仰ぐ吉松さんが、
その森の幻想的な景色をイメージされ作られた。

私は初演から何回かこの曲を聴いていますが、
回を重ねるたびに、どんどん進化していて、
その曲の世界が深くなって私の心に染み入るのを感じました。
曲が作曲者から演奏者に渡り、育って行く様を感じ取ることは幸せでした。

ラストのゴーシュ舞曲集は
1、ロック
2、ブルース
3、タンゴ
4、ヴギウギ

楽しくて、愉快で、迫力満点で圧巻。

左手だけの世界とは思えない演奏は、先生がお倒れになる以前よりも
身体的にはご不自由になられた今の方が、
その音やお心がずっと自由に大空を羽ばたいていらっしゃる気がしてなりません。

その影には、先生の普通では考えられない強い精神力とご努力なくしては
到底ありえないことは言うまでもありません。

7月のレッスン以来私は、自分のピアノに対して、もうこれ以上は無理なのでは?
と嘆くばかりの日々だったのが、情けなくてたまりません。
来週は久しぶりのレッスン。
可能性を信じて努力し続けようと、先生のピアノを聴きながら思いました。

12月には吉松さんの左手のピアノ協奏曲の初演を舘野先生がなさいます。それも楽しみです。


07-09-14_21-31.jpg


そして演奏会後、ご一緒した先輩のTさんと後輩のAちゃんと
ホールの目の前にあるホテル・ニューオータニで夕食を。
ビーフステーキハヤシ丼なんて注文。
運ばれたときに「これはソムリエの田○さんにお出ししたら絶賛されたんですよ」と。
そうですか・・と一口食べると、おいし~♪
ご飯の上にステーキをのせてその上からハヤシルーがかかってた。
もしかしたら今まで食べたハヤシライスの中で一番かも!

先輩のTさんもいつもパワフルで、ピアノもすごく上手いし
とっても美人で素敵な方。
この夏もニースの夏期講習を受けてきたそうで、
その先生が素晴らしく有意義な時間を過ごされたそう。
個人レッスンを受けに「これからはフランスにちょこちょこ行くつもり。」
とさらりとおっしゃる。
すごいなーーー!!

このところの不調な私の悩みも聴いてくださって的確にアドバイスも
下さって有り難かった。

後輩のAちゃんも、新婚さんでほんわかムードの中にも
ちゃんと勉強していて今は弾くことが楽しいと。
「chisatoさんの良さを信じて頑張って」と声をかけてくれた。

そんな二人に感謝!!ありがとう・・・


いい一日だったな・・・



少しほっと・・でもまだまだ?

2007.09.12.Wed.18:54



かりんちゃんのあんよ、どうやら良くなってきたようです!
足をあげているのを見なくなりました。よかったです。

・・・ところが、換羽もほぼ終わりツクツクだったお顔も
きれいになってきた途端、超発情状態!
ケージから出るなりあやめの所に行き、シャッチーー!

その上、家中探検!箪笥の上やら、キッチン回りetc・・
そして噛めるところはカジカジ!
それがものすごくシツコイ!!唖然としている私とあやめ。
多分、巣を探しているのかもしれないですね。
ううむ。お願いだから産まないでちょうだい。



07912-2.jpg


そして、8月1日から入院していた父。
やっと退院出来ました。
父にとっては生まれて初めての入院。
入院前は歩行も困難だったらしいのですが、ブロック注射や
いろいろ試して、状態は良くなったようです。
ただ、一カ所だけではなくて、3カ所が悪い事が判明し
完全に治る訳ではないので、様子を見ながら
筋肉を鍛えて、リハビリするしかないみたいです。


調子が悪くなってきて数年、いつ行けなくなるかも・・と
ほぼ毎月のように旅に出ていた父。
たまには一緒に・・と言われていても、
思えば、大人になって一度も父とは旅行に行けてないです。
やはりなんとかして一緒に行っておかなくては・・
なんて思うこの頃。
10月は紅葉の乗鞍に行くらしいけれど、状態が安定してくれることを祈ります。

それにしても、両親若いなぁ・・20代!!
私が赤ちゃんだったんだからなぁ・・・
人生なんてあっという間なんだなと、写真をみてしみじみ。



着物でおでかけ

2007.09.08.Sat.23:59



今週はお着物でお出かけしました。

ブログで知り合ったyoshikoさんと2回目のランチ。
yoshikoさんは智恵ちゃんというセキセイと暮らしていらっしゃいます。
智恵ちゃんは本当は男の子ですが、正式なお名前は智恵子ちゃん。
お母様が好きなお名前をおつけになったそうです。
実は私の母の名も智恵子。
yoshikoさんの3姉妹のお名前が、私の友人と同じという不思議さにも
驚きましたが、ご自宅もそんなには遠くないことが判明。
ということから一度目は成城で、今回は町田でお会いしました。

今日の着物は母の夏着物。
ナント私が2歳くらいの時に、動物園に行ったとき、
母が着ている写真が残っていて、その着物が目の前のこの着物なんだ!
とわかったときは感動しました。

帯は沖縄・八重山のミンサー織りの半幅帯、これは私が購入。
これまたあやりんすみれそらんカラー!!

この絣模様が4つと5つなのがわかりますか?
これが交互に織られていてミンサー織りの特徴らしいのです。
画像では解りずらいですが、帯の両脇に連続模様がずっと織り上げて
あるのです。
この織りには意味があって、

「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」 という心が込められ、
帯の両脇のムカデの足に似た模様には、通い婚時代を反映して
「足繁くおいでください」 という意が表現されたものと伝えられているそうです。

昔の人が「思い」を布に託した・・・素敵ですよね。

そして、先日の帰省で見つけたツゲのかんざし。
誰が使っていたのか、解らないのが寂しいのですが
(母ではないらしい)またまたもらってきちゃいました。

あけび籠には、一刀彫のすずめちゃんをお供に。

今回、着物を着ようと思い立ったのが、出かける時間の20分前!
その時間で、髪を結い(結うほども長くないのですが)
急いで着付けて出かけました。


秋のシーズンがそろそろ始まり、演奏会へ行く予定もいっぱい。
これからは全てお着物で出かけられたらいいな・・
いや、きっとそうしよう!と心に誓っているこの頃です。

また発情モードへ

2007.09.06.Thu.15:43



8/1に産卵してから、大換羽時期に突入し、あんよも痛めたことから
いつものおてんばぶりは影を潜めていたかりん。

この夏でずいぶんおしゃべりが上手になりました。
今まではあやめがずーっとしゃべっていると、
時々合いの手を入れるように、高音早口で一言
「かわいちゃん」とか「かりん」とか喋っていたのに
先日は・・・


「ありんちゃーん かわいっちょ かわいちょ」

「ピーチク パーチク かわいいかりんちゃーん!」

「ピーチク パーチク ピーチクかりん」

「かわいい かわいい かわいいかりん」

「かりんかわいいちゃん」

なんて。

あんよはまだだめですが、発情モードに入ってしまったようです。
あやめを追いかけまわして首を横振りしながら近づく。
うっとおしいとあやめの一撃が・・・
この繰り返し。

また産卵しちゃったら、もっとあんよが痛くなるから
お願いだから産まないで!!


070906-2.jpg


070906-3.jpg


今日の画像は初夏のころのもの。
今、2羽ともハリネズミのようにツクツク頭です。
あやちゃんはきょう46g かりんは35g・・・
困ったあやめ。せめて40gに戻って欲しいのですが。

さて、先日実家に新顔がいました。
何かというと、土岐川(多治見を流れる川)純正のメダカちゃん!
川にメダカを増やそう、ということで、市が配っているそうです。
早速もらいに行った妹。
5匹もらってきたのですが、すぐ3匹亡くなってしまい、
再度もらいに行って話をきくと、どうやら餌のやりすぎ。

メダカなんて珍しいと、覗き込む私。
7匹のメダカちゃんがすいすい泳いでいました。
よくみると一匹のメダカちゃんのおなかに卵らしきものが!

その後、水草に産んでいた卵を確認し、別の容器に移したそうです。
それが、ここ数日で5匹くらい孵ったそうなんです!
ちいさーーい赤ちゃんメダカが泳いでいるそうです。
見たいな~~!
今度帰って、増えていたらもらってこようかな・・・。


かりんちゃーーん!

2007.09.02.Sun.17:02



うっかりあやめのお家のドアを開けておくと、
かりんがちゃっかり侵入しちゃうんです。
かりんのお家は絶対に開けておけません。
なぜならば、あやめちゃんがご飯を食べちゃうから。

この日は珍しく、放鳥時にあやめが自分のお家に戻っていたら
かりんが入りたくて覗いているところ。
二羽の微妙なやりとりに飼い主はドキドキ!

070902-2.jpg



070902-3.jpg


私の帰省の間、2羽とも同時に換羽がピークに。
そして今お顔はツクツクの二人。
かなり大人しくて大丈夫かと心配に・・

ナント金曜日の午後4時に、突然かりんが吐いたんです!
その後も何度もオエオエってなって、唾がいっぱい出てさらに
その後もう一度吐いたんです。

かりんは今までも突然吐いてしまうことが何度もありました。
とはいえ、もう心配で心配で・・・
その後、就寝時間が近づき、ご飯をいっぱい食べて、お水も飲んで
いつものブランコにぴょん!
そーーっとケージを移動して寝かせました。

昨日の朝はもういつものかりんに戻っていたので一安心。
そして、午後になると今度は足を高くあげています。
帰省の前後、すこーし良くなってきたかな?
と思っていたかりんのあんよでしたが、妙に痛そうなんです。

そして今日。体調は普通通りですが、足は相変わらず。
早く良くなって欲しいです。

あやめはというと、このところすっかりオデブちゃんになってしまい
飛ぶときも「ドドドド!」って音がするんですよ・・・
私が帰省して、ご飯を夫にまかせると
絶対にあやちゃんは太ってしまいます。トホホ。

そんな夫も昨日誕生日だというのにダウン。
急に涼しくなったので、疲れがどっと出ている模様。
私はなんとか元気にしています。
実家からもらってきた、曾祖母の着物を少しお直ししたり
てぬぐいで袋物を作ったり、自転車の前かごの
盗難防止とバッグの保護にと、昔買ったキルティングの布で
ちょっとしたものをチクチクしたり、針を持つ事が多いです。

みんなーー!早く元気になってくれ~~!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。