またまた・・・

2009.10.30.Fri.16:49




091030-2.jpg



091030-3.jpg



かりんちゃん、しばらく夜中のバサバサがなくて、よく休んでいたのに
今日で3日連続朝までバサバサ。
日付が変わる頃までは静かに寝ているのに。

ケージ内、あちらこちらへ移動しながらバサバサ。
おまけに、夜中というのにポリポリとご飯を食べて・・・

朝の体重測定、あらー!太ってます。
前回バサバサ良くしていて、病院へ行った日の体重と同じ。
ううむ・・・

お昼間は、全く普通にブロッコりーやらみかんの皮やら馬乗りになって
元気な様子なのですが。



私は、予想通り(?)
風邪がなかなかなおりません。


今日は仕事帰りに遅いお昼、真っ赤な店内、名前もレッドドラゴンという中華やさんで
元気になろう!と、「レバニラ定食」を薬だと思って頑張って食べました。
レバーはあまり好きではないですが、あえて注文。
お箸も真っ赤!
少しは元気になれた・・かな?


かりんちゃん、今日はゆっくり休めるといいのだけれど・・・・











スポンサーサイト

すみれちゃんの命日

2009.10.27.Tue.17:20



前の記事をアップしたあと、やはり画像を載せようと昔の写真を見ていて・・・

前の記事の最後にくっつけようと思ったけれど、やっぱり別にアップします。

すみれちゃん、92年12月6日。1歳。

実はこの時、新婚時代を過ごしたマンションで知り合った
セキセイのぴーたろうくんのママJ子さんが、
よく撮れるわよって貸してくれたレンズで撮った写真です。

J子さんも、ぴーたろうくん、ぴーのすけくんと一緒に暮らして
その後お引っ越しして、canちゃんというワンコのママに。

でも、そのcanちゃんを残して、病で旅立って6年。
canを残してはいけないって言ってたよね?
J子さんの笑顔はこの写真を見るたびに思い出すだろうなって思います。


すみれちゃん、J子さんともきっと会っているだろうな。
円柱型のゴールドのケージにいたすみれちゃんを見たJ子さんが、

「まあ、すみれちゃんベルサイユ宮殿に住んでるのね!」  って・・・


すみれちゃんと過ごしたかけがえのない日々。
大切な友の思い出と重なり、私の中でずっと永遠に・・・









かりんちゃんだいしゅき♪

2009.10.27.Tue.16:43


野藍はかりんちゃんがだいしゅき!
いつも隣にいるからか?とにかく好きみたい。

朝起きて最初の言葉 「かりんちゃん・・」 の確率高いです。

おとといは、かりんちゃんがおマメを食べていてむせてプスッ、プス、と言った途端
「かりんちゃん大丈夫?!」と、間髪入れずに聞くので、夫もビックリ。

あやちゃんには大口開けて威嚇したりするんです。
でも、ちゃんと「あやめちゃん、だいしゅき」って言うんですけどね。


091027-3.jpg


かりんちゃん、あれから夜中にバサバサしてないです。

ほっとしたからか、私がおもいきり風邪です。
一度ひくと長引くのでちょっと心配。

実は、先週は学園祭で授業がなかったから、北の朝寿司を食べる予定でしたが
先延ばしとなりました。
かわいいあやりんのあのお友達にも会えるはずが・・残念でした。
また、かりんちゃんが良くなったら必ず行きたいと思います。
待っててね!!


091027-2.jpg


091027-1.jpg


あやりん一緒に放鳥しないほうがよいと言われましたが
結局数日守っただけ。
いけない飼い主かな・・・?

いつもどおり、がいいです。


今日から明日への午前零時。
すみれちゃんが旅立って、7年が経ちました。
どうしてるかな?

祖母の肩に止まったすみれちゃんの写真があるのですが、
きっと一緒にいるかな?って思います。

すみれちゃん、あやりんのあを見守っていてね!
呼んだりしちゃだめだよ。お願いね。













かりんちゃん早く治ってね

2009.10.23.Fri.17:06





091023-1.jpg



091023-2.jpg




091023-3.jpg




かりんちゃんが病院へ行って10日経ちました。


ブログには書いてなかったのですが、10月に入った頃だったと思います。
おしりの右あたりの羽が、左よりも確かに膨らんでいることに気づいていました。

卵?でも卵なら左右同じように膨らんでいたはず。


夜中から朝への羽のバサバサもひどくなり、13日に病院へ行きました。


なんと・・・おしりではなくて、右のお腹辺り。

ヘルニアでした。

こうなるにはいろんな理由も考えられるけれど、
病院嫌いのかりんちゃん、開口呼吸がひどくてレントゲンを撮れる状態ではなくて
確認できず。
昨年7月の足の麻痺の時も同じで。
あれからずっと元気でいてくれたけれど
おなかの中では異変が起きていたの?


ただただショックでした。

しかも、連日朝までバサバサ・・・ほとんど眠れなくて。
でも、かりんちゃんが一番辛いから、そんなことは言ってられない。
ただただ祈るのみ。


でも、ここ4日間、ほとんどしてないみたい。やっと眠れています。

朝、野藍ちゃんのおしゃべりで目が覚めます。
その横で、かりんちゃん床でゴソゴソはしていますが。
なんとかかりんちゃんも眠れたかな?と、少しほっとします。


病院へ連れて行った時から2、3g痩せました。痩せるというか元に戻った。
どうも体重が増えるとバサバサする気がします。
もしかしたら、卵が出来て、どこかの神経が圧迫されてバサバサ始まり
卵になれなくて体内に吸収されて(そんなこともあるそうです)体重が戻ると、バサバサが収まる。
春頃から、こんな調子の気がします。
体重増加の時期は発情が激しくなるし。
今は、とても落ち着いています。


あやめも野藍もかりんちゃん応援していると思います。
ガンバレ、かりんちゃん。

私も一日一日を大切に過ごして行こうと思います。


ちょっと風邪気味な私。
短大は文化祭の準備で授業が今週はありませんでした。
ゆっくり鳥たちと過ごすことが出来ました。

これを書いているそばで、かりんちゃん、ケージの側面でひっくり返って
出たいコールしています。
さて、少し遊びましょうか。 






かりんちゃん

2009.10.10.Sat.16:01



かりんちゃん、あれからずっと、毎晩バサバサが続いています。

でも、お昼間はこんなに元気なんですけど。

バサバサを始めた頃は、ほんと
「バサ、バサ、・・・・バサ、バサ」って感じでしたが、最近は

「バサ、バサバサバサバサ!」って感じで音も大きくて・・・心配なんです。


あやめちゃん、この間記事を書いた途端、また床で寝るように・・・
鳥さんの女心、人間には未知の世界です。


野藍ちゃん、月曜日だったか

「かりんちゃん、パクパクしてる、かりんちゃん、パクパクしてる」って何度も言うので
かりんの様子を見に行くと、確かにパクパクパク。
たまになる開口呼吸をしていて。

野藍ちゃんが教えてくれました。


今夜は静かに眠ってくれると良いのだけれど・・・


今日はクリムト展などetc、おでかけしようと思っていたけれどやめ。
なんだか身体が重くて。

実は、
昨日2年生のピアノの試験をしたんです。
就職試験前の肝試しです。
でも、まったくの準備不足、意識不足、これでは戦えません。
今言わないとと心を鬼にして、私は怒りました。

伝わるだろうか・・・
でも怒ると、怒った本人はとってもツカレマス。

そんな中、とっても頑張っていた学生2人が、授業終了後やってきて
「個人的に感想とアドバイスをお願いします」とやってきた。
意識が高い学生はこうなんだな・・って嬉しくなりました。
しっかりした2人だから、きっと就職試験はばっちりでしょう。

さ、私もピアノに向かいましょう。




あやめの心変わりとかりんの心配

2009.10.06.Tue.11:38


かりんちゃん

このところ夜中に羽をバサバサさせることが収まっていたのですが
昨夜はAM2時くらいから激しくバサバサ、
おまけにケージ内をあっちへ行きこっちへ行き、
そしてご飯をむしゃむしゃ・・・

結局朝まで、夫婦共眠れなかったのですが
一番辛いのはかりんちゃん。
勝手にそうなってしまう、という感じなのですが
神経を圧迫するようなことが起きているのかな・・・?
心配です。

でも、朝になるとまったくケロリ。
今朝もあやちゃんを追いかけ追いかけ、
ママの手をガブリ。元気にしています。

バサバサが始まってからはきっと一睡もしてないから
ちょっとはお昼寝すればと思うけれど
そんな気配もなく午前中過ごしています。

いつものように青菜を細かく囓りきり
ご飯食べて、羽繕いをして。

これ以上何かが起きませんように・・・

091006-1.jpg

巣作りモードに入っているようで、おしゃべりをねだったり
隙間に入りたがったり・・・
足が麻痺しちゃってからは産卵していませんが、
色々心配。

091006-3.jpg


あやめおねえちゃん。

女心と秋の空なんて言いますが、あやめちゃん心変わりがあったようです。

早春の頃から、ずっとケージの下で寝ていたあやめ。
夏に足を痛めた事と関係があるのかないのか。

最近になって、また止まり木で寝るようになりました。
どうしてかな???

下で寝ていると朝までずっと我慢していて
リビングに移動するとすぐにそれは大きな大きなものをプリプリっと
していました。

止まり木でねるようになってからは、普通にポロン、ポロンって。
あやちゃんは、どちらかというとゆるめだったのですが
最近はノースキャロライナのようにかわいいコロンとしたものになってきました。
体調がいいのかな?




みんな頑張ってる!

2009.10.05.Mon.14:43
先日、久しぶりに同級生Tクンから電話。

彼は今、東京のオーケストラで、企画や広報の仕事をしている。
学生時代はオーボエをやっていて、私は伴奏をしていた。
伴奏合わせをしに彼の家に行き、練習後に出してくれたお団子の味。
今でも覚えている懐かしい思い出。

そして、その交響楽団でビオラを弾いていたこれまた同級生Oクン。
この10月から楽団長に就任したとの知らせだった。
楽団長って?と聞くと、社長だよ、と言う。
えーー!!びっくり。ほんとびっくり!

また、先週5日に札幌で、これまた同級生の平中くんが演奏会をした。
実はこのニュースは、

雪丸さん

から一報が入ったんです。実は雪丸さんは平中君のご両親をご存知だったんです。
いくら札幌だとはいえ、もうびっくり。
それがわかったのは、2年前に平中君が横浜でクリスマスコンサートをしたときの

私の日記

を読んでもしや・・ということでわかったのです。

学生時代、彼はいつも女の子の中で男子一人。
ぎゃあぎゃあと楽しくやっていて、本当に楽しかった。
今はとってもえらくなっちゃったのに、そんな気さくさはまったく変わらない。

3日の夜に札幌のご自宅にお電話を入れると
今帰ってきたんだよ~と言いながら、昔話で爆笑の連続。

今回とても行きたかったけれど、きっとまた演奏の機会があると思うので
是非その時は!って思っています。

雪丸さんはもちろんのこと、ぴゆどんさん もかけつけてくれたようで
とても嬉しかった。


学生時代一緒に学んだ友人がみなそれぞれの道で頑張っている。

この事は、ものすごく大きな力を私に与えてくれた・・・

私も頑張らなくっちゃ!


実は、8月末、今のお師匠さんから演奏のチャンスをもらった。

今のお師匠さんについて何年になるだろう??
5年くらいかな?
今までとは違う切り口からの音楽との向き合い方。
さらにさらにと上をめざすレッスン。
ものすごく新鮮で衝撃的だった。

けれど、同時にそこへいけない自分の情けなさから大きな挫折を感じた。
もうこれまで、これ以上は無理なのでは?

と、悩む日々が続いた。

ところが、今年に入り徐々にではあるが、何か道がぼんやり明るく照らされているのを
見ることが出来たような気がしていた。
ほの暗い光ではあったけれど・・・

今の自分のそのままを、出来る全てをあるがままに

そんな思いで、ピアノに向かった。

これまでに感じたことのない感覚を感じた、鍵盤に触れた途端に
その楽器が愛おしくて、仲良くなりたくて、そして嬉しくなった。
ほんとうに幸せだった。

結果、聴いていたお師匠さんからお誉めの言葉を頂いた。

単純だけれど、ものすごく嬉しくて、これでまた頑張って行けると確信できた。
私にとって、この夏の大きな大きな出来事でした。


その時に弾いたのはバッハとブラームス。
今までの私とはまったく違うレパートリー。

そんなこともあって、映画を見に行った。

090914-1.jpg

クララ・シューマン 愛の協奏曲

シューマンの奥さんであり、自身もピアニストであり作曲家であるクララ。
クララに好意を持ち、想いは互いに確認していたブラームス、そしてシューマンの3人。
愛と苦悩を描いたものだった。
この映画監督はブラームスの末裔というのもあって興味深かった。


さあ、もうすぐまたレッスンをしていただける約束をしている。
ちゃんと用意をしなくっちゃ。

1ヶ月坊主

2009.10.04.Sun.14:43


この夏の思い出。

なんとこの私が、8月早朝自転車、ほぼ毎朝1時間弱走ってたんです。

きっかけは、夫が「あ~また痩せちゃった」とベルトのボタン穴をひとつ狭くしながら
つぶやいた一言。

「毎日30分以上乗ったららせるかな?」
「毎日走ったら絶対やせるよ」
「なら、明日からやるわ!」

ということで始めたのです。

自宅からちょっと走るとこもれびの森、というところがあり
夏の早朝とても気持ちが良かったんです。

もうひとつの楽しみはワンちゃん!
多きときは一日で会うワンちゃん、のべ50匹近く。
朝のお散歩タイムで、いろんな犬種に会えるんです。
飼い主さん達はすっかりお友達のようで、それもまた楽しそう。
鳥飼いとしてはウラヤマシイ限り。


で、結果、1ヶ月走っても、まったく痩せない!
「そんな変な身体の人は知らない!」と。
すごく期待していたのに、私自身ショック。
結局は運動以上に食べているのでしょう。・・くぅ~!!

というわけで、結果がでないとやる気も出ず
9月に入り、短大が始まって辞めてしまった。

「一ヶ月で結果が出ないと言ってやめるなんて、
続けないと!」

と、言われても意気消沈。


夫は週末、自転車に乗るだけで、食べることはまったく変えないで
自然に痩せたから、毎日乗れば!ってそのつもりだったのに。

まあ、一回で乗る距離が違いますけれど・・・

さて、ここらでまた復活するか、このまま一ヶ月坊主となるか・・・