日々思う・・

2010.03.17.Wed.14:29
庭のウグイスがさえずりの練習をはじめて3週間。
やっと80点くらいでしょうか?
ウグイスは毎年、鳴き方をリセットしてしまうので、
春になると必ず練習に練習を重ねて上達します。
愛のささやきを習得するのも楽ではありません。


昨日などは25℃にもなり、暑くて気持ちが悪いほどでした。
そんな春を通り越したような陽気の中、
今年初!蚊に遭遇!3匹も部屋の中にいたからもう驚きです。
啓蟄はとっくに過ぎたから、みんな動き出していますね。


さて、最近いろんなことがたくさん起きています。
自分の中で一つずつ消化していくことがなかなか出来ない感じです。
感動や刺激、腹立たしいこと、せつないことも。


まず、
トキの事・・・どうにも腹が立ってしまう。回りにどういう動物がいるかなんて
わかっているはずで、起こりうる事を想像し対処していなかったとしか、
私には思えない。

同じように、鎌倉の八幡宮の銀杏。
昨日鎌倉に住む知人に聞いたところ、
2年前に樹医から指導を受けていたのに、市も八幡宮も、
何も手を打たなかったとのこと。
なんたることか!



そして、大学の時、3つ上の先輩のこと。
在学時からピアノも優秀、容姿端麗あこがれの先輩でした。
彼女には卒業後も、おつき合いさせていただいていて
常に前の前を見据えての自己向上の数々の行動は、尊敬、ただただ尊敬。

仕事も私と短大は違うけれど、同じく保育学科のピアノの授業を担当している。

その彼女が、4月から大学院に行くというではないか!!
もうビックリ!!そしてすごいなぁーーー、としか言葉が出てこない。
仕事は続けながらとのこと。
素晴らしすぎる。

私と言えば、乗馬の2回目のレッスンへ。
1回目より進んだレッスンでとても楽しい!
会員へのお誘いをまた受けた。平日コースというのがあったことを知って、
かなり心が動いたけれど、やはり見送った。
先輩が大学院に行くと知った翌日だったことも、ブレーキがかかったみたいだ。
私もまだまだ勉強したい、いえ、しなくてはいけないことがたくさんある。
そして、その先に描いている事の実現に、一歩でも近づきたいという思いが
沸々と湧き起こっている。


そして、この春休み、意識していること。
とにかく一度、部屋の中のものたちを見つめ直したい。
すっきりとしたい!それにはまとまった時間のある今しかない!と
日々、いらないもの探し。捨てて捨てて捨てまくっているけれど、まだまだ
物にあふれて息ができない気分。
3月中になんとかする!これがさしあたっての目標かな。

また、行きたい美術館、音楽会、歌舞伎やら、たくさんありすぎて
これまたすべていけるわけでもなく、なんだかいらいら。
気が多いのだろう・・・

そんな中、先日、大好きな動物写真家の岩合光昭さんの写真展に日本橋三越へ。
あわせて味と技の大江戸展をやっていたから。
今回の写真展のテーマは「ねこ」
実家が犬に変わって猫だらけになったのを期に、すこしずつ慣れてきた私。
そう、実は猫はずっと苦手だった。鳥の天敵だし!
けれど、実家に出入りする自由猫の過酷な暮らしを垣間見るようになり
少しずつ健気なかわいいものだな、と感じるようになってきた。
(今朝妹からメール・2ヶ月姿を現さなかった猫が今日帰ってきたとのこと。
とても痩せてしまったようで、どこで何をしていたのだろう?)

写真展はちょうどその日トーク&サイン会があるので、
まったく身動きできないほどに人があふれていた。
入場券を買う列、入場する列、お買い物をする列、サイン会に並ぶ列列列!!
一点ずつゆっくり見れるような状況ではなかったけれど、
ねこと人がのんびりと共存する、ある島での写真に、天国のような穏やかな時を感じて
心がほっとするのだった。
また、他の動物たちとねことのコーナーもなんとも和やかな空気。
パグとのツーショットはかわいすぎる。

地球はみんなのものだ、と改めて思うひとときでした。


そして、大江戸展、3代以上は続くという味と技を集めて、いわゆる老舗の数々。
そこには、堅実で、暮らしを大切にする昔の人々の息づかいを感じた。
同時に、やはり、今、我が家のものたちを見直すべく時だと、気持ちを引き締める。
着物での来場者にプレゼントがあり、梅のお茶漬け海苔を頂いた。
着物を着ていると度々良いことがある。
美術館なども割引になったり絵はがきをもらったり。


そして読書。春休みの今とばかりに夜遅くまで毎晩読みふける。
次から次へと、そのそれぞれの世界に遊ぶ。
楽しすぎる。

そういえば久しぶりにみた映画「サヨナライツカ」
多分みてから3週間は経つというのに、今朝もその映画の夢をみた。
大きな余韻が未だに続く。
中山美穂、石田ゆり子があまりにきれいだったし、デビューから実は好きな西島秀俊には胸キュン。
主人公の老後を撮るのに13キロ体重を増やしたのに
その映像は使われなくて、1ヶ月で体重をもとに戻して撮り直したとのエピソードも凄い。
やはり韓国人の監督だから、妥協せずこだわりを持ち作られていた。
その監督が、好きな韓国俳優クォン・サンウと今映画を撮っているとのこと。
それも楽しみだな。



また、最近、新しい料理のレシピに次から次へとチャレンジ。
当たりはずれはあるけれど、これまた楽しくて仕方がない。
やはり私は、家のことも好きなんだと思う。整理整頓掃除は苦手だけれど・・・


ベランダのビオラ、水仙、ヒヤシンスetc・・・咲き乱れている。
庭のかりんは若葉がにょきにょきしてきて、それを食べるヒヨドリがほとんど常駐。
やわらかい葉は美味しいんだろうな。
11月頃に花を咲かせたビワは実が4センチくらいに大きくなってきた。
黄色く熟す初夏が待ち遠しい。




なんだか、こうして毎日が過ぎていく。
色々あるけれど、一番はあやりんのあいが元気で過ごせますように。
それにつきるなぁ・・


スポンサーサイト

恐がり坊やが一番活用!

2010.03.03.Wed.16:45


最初に見せたとき、怖くて怖くて逃げ回っていた野藍。
今では大好きな場所に♪

というのは、先日自作した(作ったのは私ではなくて夫ですが)切り株止まり木(通称・別名お立ち台)。

ふと見るとこんなふうに佇んでいたり、

100303-3.jpg

大好きなひまわりを食べたり、

100303-4.jpg


羽繕いをしたり。


もちろん、あやりんも活用!


100303-1.jpg


100303-2.jpg


今までは、青菜を食べていても、すぐに囓りきり落としていました。
今はテーブルみたいだから、ちゃんと拾って食べられます。

最初、投げ飛ばしていたあやちゃんですが、どうやら嫌いでそうしていたみたい。
実はこの上に乗るのがちょっと怖いみたいです。


一番喜んでいるのは夫。
作ったかいがあったと涙しております。



今日、かりんちゃんがちょっと心配なことが・・
すぐにいつものかりんちゃんに戻ったのですが。
気をつけていたいと思います。