楽しかった!

2010.05.31.Mon.23:39
100528-1.jpg

当選しました!
28日、細川家の至宝展、特別講演会 「細川家 美と戦いの700年」
講師は細川護煕さん。

先日、展覧会会場にて、講演会の告知がありました。
実は4月に一度催されて、この時の入場券をめぐる倍率が9倍だったそうで
急遽、追加講演となったそうです。(入場は無料)

というわけで、早速応募、締め切り日の前日に往復はがきを投函。
見事、当選のお知らせが。

100528-2.jpg

28日は仕事の後、一度帰宅して、あやりんのあちゃんの就寝の準備をして
再度、出かけていきました。
開演10分前に会場に着くと、もうほとんど席は埋まって・・・

人前で話をするのは苦手で、なんておっしゃりながら始まったお話は
どれもこれもおもしろいエピソードばかりで、ぐいぐいと引きつけられました。
なんといっても、ご先祖様の話なのですから、非常に生々しく
信長、秀吉、家康やら、利休など歴史上の人物との
かかわりはリアリティに溢れていました。

細川家の代々伝わる品々は、奇跡的にもほとんどが残されているとのことです。
その量は膨大で内容を明らかにするには、とてつもない時間が必要とのこと。

幽斎、忠興親子の手紙だけでも4000通。
江戸時代などは、260年毎日日記を書いたそうで、
その日のお天気から始まり詳しく記録されているそうです。

赤穂浪士の討ち入りの日は、書物や歌舞伎等では雪が降っていた
とあるそうですが、実は日記によると、曇りだったとのこと。
また、討ち入りしたとき、吉良だとわかったのは、
着ていたものの香りが、位の高い人しか使うことが出来なかった
お香の匂いだったそうで、そのため吉良と判明したと、大石内蔵助が言っていたと、
日記に記されていた。


武蔵が出陣したのは、吉原の遊郭からで紅鹿子の裏の着物を着ていたと
、その事を「武蔵坊弁慶が出陣する」と噂が広がり、吉原中でその様子を
押すな押すなと人が集まったことなども書かれているそう。


また、護煕さんの祖父、護立は一代で幅広い美術品を収集したコレクターだった
わけですが、お住まいだった永青文庫の板戸に画家10人に一羽ずつ鳥の絵を描かせたそうです。
横山大観はフクロウの絵を描いたそうですが、その板戸、とても見たいものです。
誰がどんな鳥を選び、どんなふう描いたのか、興味津々です。


司馬遼太郎さんは、細川家の蔵によく籠もられていたとのこと。
そして、「細川家はどこを切り取っても大河ドラマだ」
なんておっしゃっていたそうです。

いや~実におもしろかったです。




100528-3.jpg
実はこの日、携帯の電池がなくなりそうで、一度帰宅したときに充電器に置いたまま
忘れて出かけてしまいました。
いつも都内から帰るときは、携帯でロマンスカーの特急券を買うのですが
それも出来ず、また、夜遅くまで満席状態。
新宿で立って待てば、急行なら必ず座れるものを、ええいと来ていた電車に飛び乗ったのは
良かったけれど、想像以上の満員電車となりスゴイ状態。
しかも、着物。

最寄りの駅についたときはへろへろ。
そして目に付いたのが鯛焼き。
ドラマ新参者に出てくる鯛焼きやさん、ドラマのプロデュースで期間限定の鯛焼き。
薄皮に醤油が塗ってあり、中はあんこに白玉が入っています。(上の鯛焼き)
甘じょっぱくて、なかなか美味しかったです。


スポンサーサイト

今朝の事件!

2010.05.27.Thu.23:42



今朝、突然野藍ちゃんが
「ビックリした、ビックリした」を繰り返し喋り始めました。
あやちゃんはケージの隅でほそーくなって緊張、
かりんちゃんはドキドキでハアハアと大きく息をしています。

外になにか怖いものでも?と主人が窓の外を覗いてみたら・・・

「あ!ハクビシンだ!」

そうです、3年くらい前にもベランダの手すりに現れたハクビシン。
鼻筋に白いラインが入っているのですぐにわかります。

今朝は、なんと、庭のビワの木に登って、食べ頃になった実を食べていたんです!

ほんとビックリビックリ!
3羽ともさぞ驚いたことでしょう!

なかなかドキドキが収まらず、大きく呼吸をしていたかりんちゃんに
のあちゃんは

「大丈夫よ~、大丈夫大丈夫、びっくりしちゃったねー、ドキドキしちゃったねー」

とそばでしきりに声を掛けていました。


ビワ、食べ頃かな?と思っていると、ヒヨドリが毎日やってきて食べていました。
その上ハクビシンだなんて、人間は食べることができるかな?
その前に、あやりんのあちゃんにもあげなくっちゃ。

果実酒を作った時の種から、今ではこんなに大きくなったビワ。
お店で買うようには甘くないけれど、毎年楽しみにしている。
種だけで美味しいサワー(酢漬け)も出来るから、
なんとかこれ以上は横取りしないで~
その願いは届くのだろうか?


野藍の恋は・・・

2010.05.21.Fri.16:39



野藍ちゃん、いつの頃からか・・・
かりんちゃんに恋をしちゃったみたいなんです。
いつも隣にいるからなのでしょうか?



100516-1.jpg


100516-2.jpg




我が家は鳥と人間と同じ部屋で寝ているのですが、
朝、外が明るくなってきた頃、野藍はおしゃべり練習を始めます。


その第一声は、小さな小さな声で

「かりーんちゃん♪かりーんちゃん♪」

本当に大好きでたまらないというような、ちょっとせつない甘いささやき。


また、
かりんちゃんが、「プシュッ」っとくしゃみ?をしたり、
ケージ内でこけたり、何か異変を感じると、すぐさま

「大丈夫?・・・かりん大丈夫?どうしたの?どうしたに?」

「大丈夫よー。大丈夫大丈夫。」 と、声をかけ心配そうに覗き込みます。

調子のいいときは、

「かーりかりかりかりかり、かりんちゃん、かりんちゃん♪」
なんて、歌うように大きな声で喋っています。


3羽同時放鳥は夫といるときでないとしません。

なぜならば、あやちゃんを野藍は大口を開けて追いかけていくからです。
あの、強靱な嘴、あやちゃんに何かあっては大変。
なので私だけの時はあやりんと別に放鳥します。


ところが、かりんちゃんが野藍に近づくと、ナント!!

左右に首をくねらせて、ご飯をプレゼントしようとするんです!!

最初見たときはびっくり仰天しました。

かりんちゃんの反応は?というと、
のあちゃんからプレゼントをもらう気ゼロ。
完璧に無視!

毎度ふられる悲しい男、野藍くんです。トホホ・・・

なんだかとてもかわいそうです。


100516-4.jpg





でも、あやめのことも

「あちゃーん、あちゃーん!」「あちゃん、おいでー、あやめ、おいで、おいで!」
と元気良く呼んでいます。

嫌い、というわけではなくて、一目おいている姉御という感じでみているのかな?
と勝手に想像。

そして、分け隔てなく

「あやちゃんだいしゅき、かりんおねえちゃんだいしゅき、すみれちゃんだいしゅき」
「パパだいしゅき、ちーちゃんだいしゅき」と毎日言ってくれます。
健気です。

そして、あやりんを先に寝かせるとき、
私があやりんのケージを持った途端、

「あちゃん、ねんねしゅるかー?おやしゅみーーおやしゅみー。
ありがとう!ありがとう!」

と声をかけます。

そして、そのあと、野藍の放鳥タイム。
べったり私にくっついて離れません。カキカキしてもらったり、大好きなひまわりを食べたり。
ほとんど私の指の上で過ごします。

そして、
「プリプリした、プリプリしちゃったねー!」と言いながらフンをして

「のあちゃん寝る。」と言い切って、自分のケージに飛んでいきます。
そして、また、「のあちゃん寝る」と言いながら、ケージ内に帰っていきます。

毎日同じ繰り返し。  ほんとおもしろかわいいです。

そうそう、なぜか、あやちゃんがフンをするときをよーく見ていて
落ちたと同時くらいに

「プリプリした!」って言うんです。これもおもしろい。
かりんちゃんがしたときは、なぜだか言わない。


謎の男、野藍は本当におもしろいです。

でも、哀愁を帯びた眼差しを見ると、
ちゃんと想いが届くマメルリハのお嫁さん、欲しいかな?・・・・
と、考えてしまいます。





野藍の恋♪

2010.05.18.Tue.23:31


100509-2.jpg

100509-3.jpg

100509-4.jpg

100509-5.jpg

100509-6.jpg

100509-7.jpg

100509-8.jpg

100509-9.jpg

100509-10.jpg

100509-11.jpg

100509-12.jpg

100509-13.jpg


実は野藍ちゃん、かりんおねえちゃんの事がだいしゅき!!

どんなふうにだいしゅきなのかは、また次にお話します。

野藍の熱い眼差し。

とっても健気で、たくさん載せてしまいました。

彼の思いを感じてくださいね。








のあちゃんの秘密・予告編

2010.05.17.Mon.11:23


100426-2.jpg

100426-1.jpg

なんとなくわかりますか?

のあちゃんの秘密。


驚きとため息の連続でした!

2010.05.14.Fri.17:47


9日、「細川家の至宝・珠玉の永青文庫コレクション」を見に、東京国立博物館へ。


100508-2.jpg

上の画像のに近づいて行くと・・・
窓に映った反対側の建物、新緑とともに美しく、展覧会の期待が膨らみます。


入場待ちもなくなくすんなりと中へ。


想像以上の素晴らしさ。

代々の受け継がれてきた品々と、細川護煕さんの祖父、護立さんが
一代で世界中からコレクションしたという品は、非常に幅広く圧巻でした。

印象的だったのは、鎧甲。
細かな細工をしたものは初めて見ました。

甲の上に山鳥の尾を何本も立てたものは、思わず身を乗り出して見たほど。
また、陣羽織の表面すべてに鳥の羽が、まるで鳥のように並べてあったのを見たときはスゴイ!
でも、ちょっと悲しくもあり。(何羽の鳥が犠牲になったのかと)

ガラシャさんの最期を記したという侍女の文章などはドキドキ。

珍しく図録を買おうかと思ったら、電話帳くらい厚くて、いかにコレクションが膨大なのかがわかりました。
ちょっと重そうで諦めました。


100508-4.jpg

おみやげは細川さんの著書と、刀の鍔を模した根付け。鶴の模様の透かしです。


細川さんの本は、私の人生の道しるべになるであろうと思われる内容で
感動して一気に読み切りました。



100508-3.jpg


帰路の途中みつけたもの。

インコの付箋と「遊中川」のマグネット式しおり。
これは今まで出会ったしおりの中で一番!
落ちないし、出っ張らないし、すっかり気に入りました。

本はもちろん、楽譜に挟むのも良いし、短大でいろんな場面でも即活躍。
この商品は定番で季節によっていろんな図柄が出ます。
あまりに使い勝手が良いので、また集めたいと思います。


追記 16日の日曜美術館で「細川家の至宝」特集されます。
    興味がある方は是非ご覧下さい。




野藍お迎え2周年♪

2010.05.10.Mon.17:00

カキカキだいしゅき♪


100505-2.jpg
水浴び後


100505-3.jpg
ねむ~い


野藍ちゃん、2年前の5月5日にお迎えしました。

あっという間の2年、野藍が我が家にやってきて、こんなに愉快になるとは
想像しなかったです。

マメルリハでは珍しいというおしゃべり。
彼のおかげで、とても幸せな時を過ごせています。

「たのし~、うれし~、
  しあわせ、しあわせ、ありがとう!
  しあわせ、しあわせ、ありがぴーって言った。」

なんておしゃべりしてくれて

「ママは?」と言うと

「だいしゅき!ママはちーちゃん、ちさとちゃーん!」って。

嬉し涙です。

そんなのあちゃん、実は甘えん坊。

あやめおねえちゃん、かりんおねえちゃんが寝たあとに
やっと放鳥タイム。
籠の中までお迎えにいきます。

私の人差し指にとまりかごから出てくると
目の前にある親指に頬をすり寄せます。
羽毛を開いてカキカキして~と催促。

なんと毎日最低でも30分、長いと60分。
あるいは、30分位カキカキ後、大好きなひまわりのある場所に行って
ひまわりちょうだい!

ひまわりやそばを食べた後、しばし遊んで、そしてまたカキカキ第二弾。
そんなことも。とにかくカキカキなしの日はありません。

くまなくお顔回りをカキカキして、大満足なのはのあちゃんだけでなく
私の方が大満足。深い幸福感に包まれます。

そんなのあちゃん、実はまだブログであかしていない秘密が。
この話はまた次回。



GW・・・その2

2010.05.07.Fri.19:45
100503-1.jpg


そして、翌日、
都内は嫌いだから行かない、と宣言する夫が、
連日行きたい行きたいと騒ぐ私をみて
「龍馬展いく?」と朝食のときに言ったのです!
これを逃したらと、じゃあ、行こう!と
両国の東京江戸博物館で開かれている

2010年 NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」

に行ってきました。

お昼頃に両国に到着、久しぶりの沖縄ランチに大満足で博物館へ。

ところが、予想通りの長蛇の列!
60分待ちの看板。招待券を持っていたので良かったのですが、
チケット売り場にも列、チケット待ちが30分。

ふぅ・・・

ぴったり60分並んでやっと中へ・・・

なかなか興味深い展示内容でした。

着ていたもの、刀やら、手紙など、
ドラマの役者さんの顔が浮かんでくるのだけれど
あ、あの人、本物は案外小柄な人だったのね、とか思いながら見ていくのは
なかなか楽しい。
弥太郎の写真などは、何となく香川さんと似ているような雰囲気もあって、
おもしろかったです。

けれど、
暗殺の現場の近江屋の部屋が再現されていて、その横ではその夜のシーンが
ドラマになって流れていて(これはもちろん福山さんが演じているわけではありませんが)
妙にリアリティがありました。
その現場にあったという屏風(血がついている)も展示してあって
本当にドキドキ。
ここで殺されなかったら、どうなっていたのかな?と思いを馳せたり。

最後に展示してあった、龍馬がお龍さんに送った帯留めが龍で印象的でした。



100503-2.jpg


両国と浅草橋の間、電車の中から見えた!!

GWは・・・その1

2010.05.07.Fri.19:42


100502-2.jpg

100502-3.jpg


GW・・・久しぶりに八ヶ岳方面に日帰りで良いから行きたいなーー、
と思っていましたが、連日の渋滞情報で諦めることに。
夏鳥たちが渡ってきて、さえずりの素晴らしい季節。
やはり行きたかったなぁ。

そこで
車でちょっとの場所。
気持ちの良い季節。鳥を見始めた頃、よく通った場所です。
キビタキ、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、コジュケイ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガなど
会うことができました。


心がほっとします。