スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物見てきました

2010.07.31.Sat.15:30



昨日、やっと前期の授業が終わって夏休みとなりました。
(学生は来週が試験期間ですが)
7月いっぱい授業だったのは初めて。

そして、授業が終わったら行こうと思っていた場所があり、
電車の中から夏休みで自宅にいた夫にメールすると
「TVでやってたけどすごいみたいだよ」と。
「車では無理なんじゃないの?」と。

そこで、往復13㎞を頑張って自転車こいで行ってきたのは・・

100730-2.jpg


そうです。

昨日、今日と我が町の博物館で公開されたのが、はやぶさカプセル!

朝開館前に2500人の列だったというので、どんなことになっているかドキドキしつつ到着。
16時25分までに並んだ人までと係員が叫ぶ中、最後尾についたのが16時18分。
それから50分。やっとこさ建物の中に入れました。

で、この先が展示会場ですが、
「立ち止まらないでください!」「カメラはしまって下さい!」の中、
カプセルやパラシュートやら、太いロープに囲まれ
ガラスケース越しに、しかも2mくらい距離はあったでしょうか?
見物時間は1分ほど・・・。

とはいえ、広い宇宙を7年、走行距離60億㎞!
そして帰還したはやぶさカプセル。

実物を前にしてすごいなーーと高ぶる気持ちを抑えつつ
ロビーの模型の展示をみる。

100730-4.jpg
はやぶさ


100730-3.jpg
イトカワ

100730-5.jpg


博物館の向かい側にはJAXA・宇宙科学研究所があり
こちらも同時に開放され、展示、講演、グッズ売り場などがあるのですが
こちらは16時半にしまってしまい見ることができませんでした。

今朝の新聞では13000人、待ち時間3時間もとあり、
ニュースでは今日もかなりの人出が見込まれるので、暑さ対策をと呼びかけていた。


沢山の子供達が水ロケット(工作教室があったよう)や、はやぶさのプラモデルを抱えて
いたけれど、彼らの心になにを写したのかな?
そして、この経験が将来につながる子もいるのかな?
と、先日聞いた毛利さんの講演を思い出していました。

それにしても公開が2日間とはあまりにも短い。
せめて3日、いや一週間あれば、この酷暑の中3時間待ちはなかったのでは?
と思ったのです。


***

インコブログなのに、あやりんのあちゃん、ご無沙汰しちゃって!
元気です!と言いたいけれど、ちょっと気になることがあって、
これからあやちゃんを病院に連れて行きます。

スポンサーサイト

久々の歌舞伎は

2010.07.31.Sat.15:18



歌舞伎座が閉場して3ヶ月ぶりに歌舞伎を見に行きました。
場所は、赤坂ACTシアター。

100723-2.jpg

久ーーーしぶりの赤坂。地下鉄降りたらここはどこ??

赤坂サカスなんてなかったし、もうビックリキョロキョロ!!

今日の演目は「人情噺 文七元結」・・・中村勘三郎、扇雀、勘太郎、他
      「鷺娘」・・・七之助

勘三郎さん演じる長兵衛は博打にうつつを抜かすしょうもない人物だけれど、ほんと憎めない。
笑って笑って、でもホロリと。なんとも心が温かくなるお話です。

昔、玉三郎さんの鷺娘を見て、すっかり恋に落ちた私。
七之助くんも頑張っていたけれど、これからが楽しみかな。
吹雪の中踊る鷺娘は清涼感いっぱい。さーーっと涼しくなった気がしました。


100723-3.jpg

それにしても、この日はすごく暑くて、赤坂から赤坂見附まで歩いたけど
身体のはしっこから溶けるのではないかと思うほど。
エアコンの室外機などの熱や昼間蓄積されたコンクリートの熱で
不快感は人生初って感じでした。


それにしても、歌舞伎っていいなぁ。

理屈抜きで、すっと心に入ってくる。日本人のDNAなのかな?

最近はすっかりオペラに足が遠のいている。
もちろんオペラも楽しいのだけれど、やはりどこかが違うのだ。






今回の帰省は

2010.07.26.Mon.12:02


先週からニュースで実家の地名を聞かない日はないような・・・
ハイ!38℃越えで日本一暑い日が続く、岐阜県多治見市。
私が帰省した時は、まだそんなではなかったですが。
こうなったら、今年は40.9℃の記録を更新して(熊谷も同じ記録を持つ)
単独一位を目指して欲しいと思ったりしています。


さて、画像はしじみ。

私は猫と一緒に暮らしたことがない。
実家で猫がいるようになっても、まだ未知の動物という気がしてしまう。

とはいえ、帰省するたびに、何匹もの猫を見てきてかなり慣れてきた。
私が彼らに対してそうなように、彼らも時々来る変なヤツだけれど
害はなさそうだ。くらいは感じているみたい。

それにしても、猫ってどうして上のように手(足?)をロシア人のように(?)するのかな?
これが楽な姿勢なのかな?・・・不思議。


さて、今回は高校の同窓会の出席のための帰省でした。

女子校だったこともあると思うけれど、素敵な担任の先生を中心に
とてもまとまって仲が良かった。
卒業アルバムとは別に、クラスのアルバムを自分たちで撮影して作ったほど。

で、卒業して早・・・○○年。今回の同窓会は22回目!
それだけですご~い!自慢のクラスメートである。

私が田舎で演奏会を開けば、みなで聴きにきてくれるし、
帰る場所があるという有り難いかけがえのない仲間。

けれど、私が同窓会に出席するのは、いつぶり?
多分10年以上前であることは間違いない。


お店に到着すると、
小学校から一緒のFちゃんが、

「あ~、おかあさん、そっくり!!」と第一声。

「うそ~?ほんと?」

「おばさんが入ってきたかと思ったよ!」とさらに。

確かに、Fちゃんが知っている母は、今の私より若い!そりゃそうだよね、って事に。


また、色々話をしていて、私が

「なんだか最近、喧嘩っぱやくてね、年上のおじさんとかでも
すぐに喧嘩しちゃうのよ・・・」

というと、またFちゃんが

「変わってないね~」と言う。

「え?何が?」と言うと

「だって、小学校の時、何かあるとすぐに男子に向かっていってくれて。
どれだけ助けられたことか・・・だから変わってないなあと思って」

ガーン!そ、そんなこと、全然おぼえてない!!

と、ビックリするとともに、妙に納得。
そうか、そうだったのか。


そして、
担任のO先生は昔からバイタリティに溢れる方でした。
近年、ご夫婦で、パラグアイの日本人学校の教師を1年8ヶ月されていたとのこと。
地域での活動も広がり続けて、英語でヨガの講師をされたりとお元気で若々しい。
私もいつまでも視野を広く、多くのことに興味を持って年を重ねたいと思いました。

そんな懐かしくて暖かなひとときを過ごせました。
楽しかった♪


100717-3.jpg


最後に

実家近くの道の角を曲がった途端、2匹のわんこが!
暑いから暗くなってお散歩だなと思いながら、お散歩させていた男性をちらっと見た。
町内の○○さんだっけ?と思いながら、その事を妹に話すと
○○さんではなく、私と同級生の息子さんだったよ、というではありませんか。

同窓会で私を母と見間違えたFちゃん。
私は同級生をそのお父さんと見間違えた。

ああ!やっぱり年取ったんだなーーー!!


そんな帰省でした。


おみやげ3つを持って帰省

2010.07.22.Thu.16:15



実は、3連休、実家に帰省していました。
おみやげはいつも新横浜で、しゅうまいを買うのだけれど
今回は手作りを3つ。

写真上、杏のコンポート・・・これは毎年のお楽しみ。
左、昨年仕込んだ梅酒の梅から作った梅ジャム・・・今回初めてレシピを知ったので。
右、我が家で実ったビワから作ったビワジャムです。・・・これも毎年のお楽しみ。

みんなそれぞれに美味しいとのことで、重いビンを3つ持って帰ったかいがありました。


今シーズンの手作り覚え書き。

上の3つの他に

梅サワー
梅のはちみつ漬け
ビワのサワー

そして梅干し。先日赤しそをモミモミ。現在赤しその色をつけているところ。
もう少ししたら3日3晩干して完成。


100716-3.jpg

そして、最近気に入っているアイスクリーム。
とても簡単なのでよく作っています。

500のヨーグルトを1時間ざるにおきます。
そこに、はちみつとマンゴージャムをまぜて凍らせます。
一度取り出して混ぜます。たったそれだけ簡単美味しいアイスクリームです。


100716-2.jpg


これまた簡単カレー。
3分クッキングで藤井恵さんのレシピ。

元はチキンで、材料はあと玉ねぎとココナッツ缶とカレー粉。
水を入れて煮込んだりしないので、すぐに出来ます。
レシピではチキンをカレー粉入れて焼き、玉ねぎをすり下ろして入れて
そこにココナッツ缶を入れる。という感じ。

この時はシーフードと玉ねぎは荒みじんでナスとパプリカもいれました。
すぐにできるが気に入っています。

あと、枝元なほみさんのスープカレー、ピーターさんのこれまた煮込まなくて本格味のカレーのレシピを
よく使っています。
カレーはみんな違ってそれぞれに美味しくて、
このところの暑さでも食が進みます。


と、料理記事、久々でした。



おでかけ色々

2010.07.22.Thu.14:50


おでかけのいくつかをまとめて。

市内の某医大の創立40周年の一つの行事に一般市民もご招待。
ということで早速応募。

一つは毛利衛さんの講演。
「宇宙から見る生命のつながり」と題して90分以上。

ひとこと、やはり宇宙に行って、青い地球を見た方というのは
思考の単位が違うと実感。

昔は・・・と考えるとき、私はせいぜい数100年前。
毛利さんは何億とか、何千年とか。
物の見方がコロッと違う。


続いて、上杉春雄さん。
実は彼が医大生だった当時、ピアニストとしてデビューした演奏会を聴いている。
今は、2足のわらじを両立され、北海道で神経内科医、時にはピアニストとして活躍されている。
もちろん、医学の比重が重いことは想像できるけれど、
20年ぶりに聴いたピアノはとても誠実で、繊細で。
お人柄そのもののような演奏でした。


そして、

右に浅草寺
100705-3.jpg

左にスカイツリー

100705-4.jpg

が見えるアミューズ・ミュージアムの屋上。

こちらの展覧会の最終日に駆け込みました。

100705-5.jpg

詳しい事を書き出したら、すごーーく長文になりそうなので省略。
これらの東北地方の布を集めてこられた田中さんの本を読み終えたら
改めて書いてみたいと思います。


そして最後に、こちらは日本橋三越で開かれた
細川護煕さんご自身の展覧会。


100705-2.jpg

著書をよんだり、細川家の至宝展をみたり、ご本人の講演を聞いたりして
想像はしていたけれど、想像以上にすばらしい作品ばかりで驚きました。

野仏のような焼き物やら、書、茶碗、壺、etc
私の心に届いてくるものばかり!
あれだけのものを、たった10年程度で作り出されるなんて。

けれど、
時間ではなくて、求める力なんだと思う。

求める気持ちが半端でないほどに強くて、深くて、
思い描く理想がはっきりとしているからこそ、たどり着ける世界。


色んな物を見たり、聴いたり、多くの出会いは宝。

じっくりと、自分のこれからの道を考えたいと、最近思う。
人生は短い。




インコ恐竜??

2010.07.11.Sun.15:35


あやめちゃん、なんだか恐竜みたいです!
お鼻にほわほわつけたままポーズ。

あやちゃんは、羽毛がお顔についたとき、自力でさっさととれないんです。
かりんものあいも、すぐに止まり木できゅっきゅ。
と、取ることが出来るのに。

仕方がないので、かごの端っこに呼び寄せて、チュってするみたいにして
すーっと吸い込むんです。
あやちゃん、もう7歳なのにこれはおぼえないんですよね・・・



100704-2.jpg

野藍ちゃん、洗濯ばさみに乗っかって
「キューキュー」って。
最初は何をしているのかと思ったのですが、
・・・?もしかして、そういうこと?と気づいてから、
ついダメダメって、止めていますが、いいのでしょうか?
初めての男の子は、私にとってまだまだ未知の世界です。




100704-3.jpg


かりんちゃんの白い翼からピンク色が透けてとてもきれいです。
本当にかりんちゃんの羽の色は美しい。
光が当たると、その美しさに見とれてしまいます。

かりんちゃんにとって梅雨時が一番嫌いで辛いみたいです。
羽のバサバサ、パクパクと開口呼吸も毎日でとても心配。

けれど放鳥時は楽しそうにあやめを追いかけ追いかけ。
時には「ケリ」を入れたりも!
おてんばぶりは相変わらずです。

楽しそうに過ごしてくれる時間が、私にとっても一番の幸せ。



これは何??

2010.07.06.Tue.11:37


ベランダの鉢のいくつか、冬の花が終わってしばらくすると、
ニョキニョキと出てきたのがこれ。

なんだか涼しげな緑と白のかわいい穂?のようなものができて・・・


少しすると

100703-3.jpg


だんだん茶色くなってきて・・
その茶色が全体に広がったとき、
ふと触れてみた。

あれ?何か出来てる!!

100703-4.jpg


なんとなんと!穂からこぼれてきたものは、おなじみのアレ!


カナリアシードだーー!!

かりんちゃんはカナリアシードが嫌いなので、
シード入れをベランダでふーふーするときに一番たくさん飛んだのだろう。
そして芽が出てここまでに成長!
なんだか嬉しい!





100703-1.jpg


ちなみにこちらのきれいな花。

こちらもいつの頃だったか、植木鉢に自然に生えてきて
今では1m以上に育って花をつけた。

こちらは多分ヒヨドリの落とし物から発芽したんだろう。
我が家の小庭にはそうして生えてきた植物が多い。
それもまた楽し♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。