スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京組♪

2010.08.24.Tue.16:14
あやめちゃん、このところ、少しずつ色んなことに慣れてきました。
不自由なあんよを受け入れて、ケージ内の移動もなんとか頑張っています。

昨日、私が野藍のケージ前にいて、野藍の行動を見ていました。
よりによってそんな時に足を踏み外してこけた。
その瞬間「イテッ!」と野藍は言いました。
初めての出来事で、思わず吹き出してしまいました。


さて、少し前に久しぶりのランチへ


先日あった同窓会の同級生、東京組は3人です。
久しぶりに3人で会いました。

行ったのはデンマーク料理のお店、カフェ・デージー。
私がこの店を知った頃はこんなところに・・・って感じでしたが
昨今、東京ミッドタウン、新国立美術館などが出来てとても賑やかになりました。

以前、このお店の真ん前の美容院に行っていたので、
美容院の前に一人静かにランチを取っていったりしていました。
ところが、ぷらっと行くと満員で食べられなくて焦ったことも何度か・・・


それ以来、久しぶりに、ちゃんと予約を入れました。
入り口は変わってなかったけれど、中はちょっと改装されて・・・

100811-2.jpg

私たちの席から、一段下がった部分。すっかりきれいに

スープ
100811-3.jpg

前菜
100811-4.jpg

メインは鯛
100811-5.jpg

お友達は
100811-6.jpg

デザート
100811-7.jpg

3人は高校生の時、音楽の道を志していました。
音大希望の生徒は全員合唱部に入部が決められていたので
さらに密度の濃いおつき合い。

練習が終わって真っ暗な校庭を横切り、正門とは反対側へ。
セーラー服なのに、塀をよじ登ってエイッ!と外へ。
その先に待っているのは、カレーまん。
当時、肉まん、あんまん以外の、それが世に出てきた頃で
練習のあとに食べるのがなんと美味しかったことか。
おてんばなとこも、食いしん坊なとこも今と変わらず。

あれから時はめぐって・・・
Tちゃんは今ナレーションのお仕事を中心に活動。
以前、彼女が語りをしてくれて、私がピアノで音楽物語を演奏会で何度か取り上げた。
こちらでも故郷でも何度かやらせてもらって楽しかった。

久しぶりに会うと、ナントこの1年台湾に語学留学していたと!もうびっくり。
アジアの役者さんが日本で演技するときの日本語指導ができたらと。
いや~、この年で留学しちゃうなんてスゴイ!
彼女のご主人は水中カメラマン、娘さんはなんと女優さんに。
つい春まで朝ドラに出演していて驚いたけれど、なんと私の大好きなあの人と同じ事務所だと・・
いや~びっくり。

でも、もっとびっくりしたのは長生きセキセイのピンチくんと
レトリバーの小梅ちゃんの同居生活。
なんと今年11歳のピンチくん、今まで一度も病院にいったことがないほどに元気だという。
一歳下の小梅ちゃんの背中や頭に乗ってちょこちょこしてるというではありませんか!
かわいすぎる!!危険はないの?と聞くと、最初小梅ちゃんをお迎えしたときに
よーく諭したそうだ。
わんこと小鳥の同居生活、ウラヤマシイ!


そしてKちゃん、彼女は6月にも音楽会で会ったばかり。
音楽教室でちびっこ達と格闘(?)の毎日らしい。
腰を痛めた(ヘルニアで手術までした)後に、始めたジム通い。
水泳にはまってしまい今ではマスターズの試合まで出ていて
仕事以外で家にいなければプールにいるというほど。

元水泳選手の私に、「泳ぎたくないの?泳げばいいのに」
と言うけれど、地獄のような練習を思い出すとその気にならないよ。と答える。


同級生というだけでなく、音楽、そして故郷を離れているという共通点を持つ私たち。
話はつきない。
これからはもっと会おうね♪と別れた。


先日もそうだけど、こうして写真を撮ると、
着物だとやはり老けて見える気がしてならない。

父も、丁度私と同じ年齢の頃、出席した同窓会に着物で来た人がいて
えらく老けた印象だったと言っていた。
ううむ・・・。ま、いいか。私は私じゃ!



100811-8.jpg

スポンサーサイト

みんなに励まされて

2010.08.18.Wed.14:55



かりんちゃんが放鳥タイム、そのかりんの姿を追ってこんなところから覗いている野藍。
「かりーんちゃん」と小さな声で呼んでいます。
かりんは手前のかりんのケージの上でセルフかきかき。

100818-2.jpg

100818-3.jpg

100818-4.jpg

かりんちゃん、思えば2年前にあんよが麻痺。
その後ヘルニアに。
生まれたときから開口呼吸が激しくなることがあります。

でも、かりんちゃんはいつもマイペースで元気。
今ではあんよが悪いだなんて、まったく気づかないほどに。

すごいなーーって思います。
奔放な性格もあるかもしれないけれど、精神が強い。
改めて思います。


100818-1.jpg

かりんの様子を見ていると、今のあやめが不憫でなりません。


100818-5.jpg



実は、
あやめもあんよが麻痺してしまいました。
昨年から何度かおかしくしていましたが、今回はかりんのようになってしまったみたい。
かりんと同じ左足。でも、よくみると、右足の内側の指も時々おかしくなります。

私の頭にはすみれちゃんの最晩年の事がよぎります。


あやめ自身も、今はまだとまどい、不安でうろたえている状態。
少しずつケージ内も改装して、少しでも過ごしやすいようにと気を配りますが
本当にこれでいいのか、これがわからないのが歯がゆい。

最初の病院から日にちが過ぎて、おなかがどんどん膨らんでしまいました。

14日に病院でした。
レントゲンを撮るかもということで、朝から絶食。
そんなあやめがかわいそうで私たちも絶食して病院へ。
ところが沢山フンをしていて、今回はレントゲンはしないことに。

ただ、最初に診せたときよりも、少しおなかの中はスペースが出来ているとのこと。

とにかく、もう少しお薬を飲んで、また2週間後に病院です。

かりんの足が麻痺した、2年前の夏のように神社へのお参り。
また始めました。お百度参りは無理だけど、100日参り、また続けようと思います。


あやめ自身、今週に入って少し落ち着いてきました。
不自由な動きしかできなくなったけれど、少しずつ少しずつ受け入れて工夫して・・・

甘えん坊さんは前にも増していますが。


どうか、このままで・・
これ以上症状が進みませんように。



手作りは心穏やかに

2010.08.09.Mon.14:36



あやめちゃん。時々痛くしていたあんよ。
お腹が大きくなってきて、不自由そうにしています。
後ろ側の長い指が前に来て、止まり木を何度も掴もうとしていたり
(その後はちゃんと普通につかめていますが)
止まり木の上で方向転換をするのが辛そうです。
薬を飲んで一週間ですが、お腹のなかはどうなっているのかな・・とても心配。
週末はまた病院に行きます。


買い物以外はほとんど家にいるので・・・

100809-2.jpg

唐揚げ、ではありません。(唐揚げに見えるけど)

新しょうがでおきまりの酢漬けやはちみつ漬けではないものを作ってみたくなりました。
しょうが糖です。レシピをみつけました。

何度かゆでこぼして、お砂糖で煮詰めていく。なかなか煮詰まらず
この暑いのに3時間もかかってしまった!
辛いけど甘いお菓子。
これに似たもの(確かルピシエの)をTVで糸井重里さんが持ち歩いていらっしゃるとのことで
小腹がすいたときによさそうと思っていたのです。

そして
100809-3.jpg

夫が親戚のお葬式でもらってきたレーズン。
これを消化するために、このところクイックパンに入れてみたり
これはクッキーにいれてみたり。
でもまだあるんです(汗!)次はマフィンかな?

100809-4.jpg

そして今年の梅干し。
昨日干し上がりました!
梅の仕事はすごく幸せな気持ちになります。
青梅の時はとても良い香りが部屋を満たしてくれます。
一つ一つ丁寧に手を掛けて完成。



100809-5.jpg

今年は初めて、赤しその生葉を自分でモミモミして作りました。(いつもは塩漬けされているものを使用)
上に敷き詰めて出来上がり。
あとは時が経つのを待ちます。


こうした手仕事は何とも言えない充実感、達成感、幸福感があります。
少しでもそれを分かち合いたくて、実家と叔母のところに送りました。

中身はしょうが糖、クッキー、一昨年の梅干し、梅のはちみつ漬け、かりんのはちみつ漬けなど。
喜んでくれて私も満足。

大学生の頃、実家から荷物が届くのがとても嬉しかった。
結婚してからは主人の実家から夏野菜がどっさり届いた。
とても有り難かったけれど、恩返しが出来ないまま両親とも亡くなってしまい今はとても後悔している。

実家の両親はお陰様で健在。
本当は料理なども気軽にもてなせる距離に住んでいればよかったけれど
それが出来ないので、これからはこうして時々荷物を送りたいと思っている。
今は冷蔵だって送れる時代になったんだもの。

祖母も元気でいたらきっと喜んでくれたろうに、と思うとせつない。
でもきっと母が仏壇に供えてくれていることだろう。

仏壇、と書いて思いだしたのだが、
母はりんごのオルゴールを仏壇に置いている。
お供えみたいに見えるから違和感がない。
毎朝、ろうそく、お線香をあげて、そしてオルゴールのネジをまく。
ふるさとのメロディーが仏間から聞こえてくる。
穏やかな一日の始まりである。


あやめちゃんが、今、

「かりんちゃん、かわいいちゃん、かわいっちょ、かわいっちょ・・・」 とおしゃべりをしている。

必ず元気になろうね!





明日を信じて

2010.08.05.Thu.16:41



あやめちゃん、ヘルニアのかりんちゃんよりもおなかが出てきてしまいました。
あっと言う間だったように思いますが、冷静に考えるとじわじわとでした。

「もう少し早く連れてくればね」という主治医の言葉。

後悔しても、しても、過去に戻ることは出来ません。


けれど、お薬が効く事を祈って、良くなることを信じていようと思います。


100805-2.jpg


あやめだけではなく、本当はかりんちゃんも診せたいのですが
病院に行くだけで、呼吸がものすごく荒くなってしまいます。
梅雨時から夏にかけては、自宅でも時々ひどくなります。
羽のバサバサは最近朝だけでおさまってくれています。

野藍ちゃんも、最近おなかの調子が悪いのか、水分の多いフンなので心配です。

とはいえ、それぞれ元気に過ごしてはいます。
幸い、私が夏休みなので良かったです。


100805-3.jpg

甘えん坊の野藍。
いつものようにお顔をカキカキ30分くらいしていたら
だんだん眠くなってきました。
手のひらでそっと包み込むと、そのままじーっとしています。
そして、本当に眠ってしまいました。

100805-4.jpg


私はこの体勢でずっといるのが、苦しくて苦しくて。
でも、出来る限り頑張ってこの体勢を続けました。

最近のカキカキ、お顔回りだけでなくて、お腹や肩辺りまでさせてくれます。


彼の「大丈夫、大丈夫、はやくなおってね!」の言葉が救いです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。