スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々それぞれの暮らし

2006.06.13.Tue.17:25
06613.jpg


かりんは卵を産んだ途端、羽が抜け始め、あれだけ潜っていたり、喧嘩も絶えなかったのになんだか大人しいです。それはそれでちょっと心配。でも最近、おしゃべりが上手になってきました。
あやめは相変わらず42g、ママの後を追いかけては時々シャッチーになってます。もっと自由に食べたいだけ食べさせてあげたい。

外の鳥たちは本当に忙しそう。ヒナ連れだったシジュウカラは、今はもう子別れした模様。ヒナが1羽のみでやってきたり、夫婦でやってきたり、2回目の繁殖に向かっている様子。キジバトは早朝からやってきて鳴いたりしているけれど卵はまだ。来たかと思うといない。何を考えているのかな?ヒヨドリは先日ヒナを連れてきましたが一度だけ。
実はカリンの木と同様、食べた後のたねを植えたビワが今では3m位になって、今年はいっぱい実をつけて黄色く色づいていました。
ところが、悔しい事に予想通り(毎年なんです)ヒヨドリに片っ端から食べられています!やだ~~!と叫んでも毎日少しずつなくなっていく!ネットなどで囲わないと一つも食べられそうにないです。あと一日二日で食べ頃?と思っていると必ずやられてます。良く知っていますね。

週末、夫が鳥見に行ったとき双眼鏡を覗いたら、その同じ視野の中にオオルリとキビタキが虫をいっぱい口にくわえていたそうです。子育て真っ最中の模様。また、姿は確認できなかったようですが、サンコウチョウ(三光鳥)がその名の如く「つき・ひ・ほし・ホイホイホイ♪月・日・星・ホイホイホイ」と鳴いていたそう。私も昔何度か会うことが出来た鳥ですが、尾が非常に長くて飛ぶ姿はまるでステッキのよう、黒い身体にアイリングが綺麗なブルーです。繁殖のためにあんなに優雅な鳥が空を飛んでくるなんて、本当にワクワクします。
スポンサーサイト
コメント
三光鳥
あの尾羽根の長~い鳥ですね!
写真でしか見たことありません。北海道にはいないですよね? 見てみたいなぁ♪
「月・日・星・ホイホイホイ」ってホントに鳴くんですか^^ ハハハ・・・だから「三光」かぁ~イイ名前ですね!

ビワの木が3m!? スゴイ!
ヒヨドリちゃん達まで実質養ってあげてるんですね? 食べてもいいから少しは残しておいてくれるといいのに(笑)
ビワの葉茶は血圧下げるのにもいいそうで、この時期(サッカー)私には必要かも^^;
子育て
鳥たちが誰から教わることもなく、時期が来たら立派に子育てをこなしているのを見ると、いつもすごいなあ!と思わずにはいられません。

ビワの木…中学生の頃学校帰りの神社の側に民家の垣根からはみ出たビワの木があって、ヒヨドリに負けじとちぎって食べたのを思い出します。今考えたらそれは泥棒ですね(苦笑)

我が家のあやめちゃんももう少しやせて欲しいです。今ではぴーちゃんがすっかりスマートになり(36~39g)、あやめちゃんが一番おデブさんになってしまいました。
雪丸さんへ
サンコウチョウは尾羽が本当に長くて、暗い鬱蒼と茂った森に巣を作りますが、木々を飛び移る姿はふわん、ふわんと優雅なんです。空を飛ぶ姿はまるでステッキでした!
北海道には飛来しないようですね。

ビワ一つだけでいいから食べたいよ~!
昨年美味しかったんですヨ。
W.らっきーさんへ
あらら!?あやめちゃんいつの間におデブさんになっちゃったの?
名前がお肉をよんでしまうのかしら??
・・そんなわけないですよね。

ビワに限らず自分でもいで食べるってのは、やはり最高に美味しいですよね。野菜嫌いの子供達も学校で野菜を育てて食べる事をしたら、給食の残りがほとんどなくなったとTVでやってました。食の基本ですね。

野鳥や自然界にはいつも教えられることがいっぱい。尊敬の気持ちでいっぱいになります。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。