スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インコの表情

2006.09.08.Fri.18:35


昨日、用があり表参道ヒルズの裏あたりの道を歩いていた。
一昔前に比べたら驚くほどに、お店が出来ていてビックリ。
キョロキョロしながら歩いていて目が留まった。
とあるおしゃれな店の外になぜか鳥かご。中にはセキセイが2羽。

思わず駆け寄った。鳥かごは日がもろに当たってしまう場所で、まだ若鳥ぽかったがかごの端で向き合うようにしている。その表情は怯えているというか、とても悲しくて、辛くて、何かを訴えかけるような表情。。。

そう、戦地の子供たちの写真などにみる表情と同じだった。
ペットショップ等では、鳥かごに近づくと、こちらに興味を示して、くったくのないかわいらしい表情をみせてくれるけれど、それとはまったく正反対の表情。

私もセキセイと暮らして早15年。鳥というものが、どれだけその表情に喜怒哀楽があふれ出るものなのかは、本当によくわかっているつもりだ。
きっと飼った事がない人にはわからないだろうけれど。
その2羽の表情から、幸せな暮らしではないことが痛いほどに伝わってきた。かといって、連れ帰る訳にもいかない・・・

まるでお店のディスプレイのひとつかのように扱われている気がして、とにかくいたたまれなかった。
お店には若い男性店員が一人。
思わず、「お節介とは思いますが、日が当たっていて逃げ場がないのでハンカチでもかけて日陰の場所を作ってあげてください。」
と言ってしまった。
それが私が出来るせーいっぱいのことだった。

帰宅してからも、その2羽の怯えたような顔が思い出されて、涙が溢れて仕方がない。夜も眠れなかった。

また近所にセキセイ2羽を飼っていて、お昼間は軒下に(日は当たらない)よく出されていてとても愛らしかった。
その家は以前はインコ1羽だったけれど、いつの頃からか、かごが出されなくなったので、死んじゃったのかな・・と寂しく思っていた。
その後、この2羽を春頃にお迎えしたようだった。
しかし、おなじ昨日、ナント1羽になっている鳥かごを発見。
どうしたのだろう・・・。
悲しかった。ただ悲しかった。

ネットで知り合う鳥たちは、みんな大切にされ、かけがえのない存在として幸せな子達が多い。
けれど、同じこの世に生まれても劣悪な環境にいる鳥たちも多い事を思い出す瞬間。
自分の無力さにため息しかでない。何か出来ることはあるのだろうか・・・
スポンサーサイト
コメント
同感です
chisatoさん それはツライ光景でしたね。
札幌にもそういうお店があるそうです。若者の洋服を売るお店の店先に、chisatoさんが見たのとは真逆で、薄暗い場所で派手なライトで照らされたディスプレイのような場所に他の小動物と一緒にされたボタンインコがいるそうです・・。その中は色々な装飾品が飾られ止まり木も無くインコは網のようなものにつかまっているしかないそうです。話に聞いただけで実際見るのが恐ろしくて行けません。意気地ないですね・・・。

会社の近所にも、絶えず鳥が死んでは新しく補充?する家があるそうです。年老いた親が寂しくないようにと息子さんが買ってくるらしいのですが、名前もつけてもらえず、カゴから出してももらえず。

本当に自分に何が出来るのか・・・。何も出来ないかも知れないけれど、それでもいつも考えてしまいます。
・・・( ̄  ̄;) うーん
とってもとっても「何とかしてあげたいっ!」と思います。
でも、実際は何も出来ないですよね。
せめて、自分の周りにいる人たちにはそういう風にしないでっ!と
話したり、こうしてBLOGで報告したりとする位しか。
引き取って自分が面倒みたあげられたらそれが1番いいんですけど・・・。
みんなそれぞれ環境や事情があるからそれも出来ないわけで・・・。
せつないですよねぇ・・・。
雪丸さんへ
札幌・・でまた思い出してしまったことがあります。随分前に行ったとき、確か地下街を歩いていて、人が行き交う通路の真ん中に、これまたオブジェのように、大きな水槽状態でセキセイがいっぱいいたのを見てしまった事があります。

本当に、見てしまった・・・って感じ。
10年くらいは前だと思うので、さすがに今はもうないと信じていますが。

雫さんへ
世の中にはやるせないことばかりですね。
新聞やニュースは、一昔前には考えられないような事が日常茶飯事に伝えられます・・・

いつからこんなに人間は傲慢になってしまったのでしょうか?
命のはかなさ、大切さ、感謝して生きることをすっかり忘れてしまったとしか思えません。
残念ですが・・
まだあります。小鳥の広場の愛称で人々の待ち合わせ場所となっています。私も自分で小鳥を飼うようになってからはあまりじっくり見る事が出来ないでいます。記憶では確か餌と水しかなかったように思います。市の管理らしいのですが・・。でもこんな事じゃいけないですよね鳥飼いとして。
ちょっと調べてみますね。無くならないなら、せめて飼育の改善をして欲しいです。
(考えたくないですが、明らかに病気だったりする子も沢山いそうです。数が減ればまた入れる・・そういう程度の考えと思います)
ガラスばりで中のセキセイの声は聞こえません。
全く違う野鳥かなにかの可愛い鳴き声をわざわざスピーカーから周りに流していたはずです。鳥の事を知らない人はそれが中のセキセイが楽しく囀っていると思っているようです。
雪丸さんへ
ショックです・・・
雪丸さん、どうかお願いです。
なんとか鳥が見せ物ではなく生き物であることを伝えて頂ければと思います。
お役所なら、期待は出来ないけれど、せめて改善を・・・心が痛いです。

それこそ、カービングを飾るとか、写真を飾るとか・・・何とかならないでしょうか。

お日様をみる事もできないから、環境は最悪ですよね。。。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。