スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三徳作り その2 食べ物編

2007.02.20.Tue.22:40
IMG_1878.jpg


引き続き、三徳作りで疲れた頃、もうひとつのお目当ての豆バーガーと豆乳スープ。
待ってました!!
大豆ひよこ豆入りのバーガーはクミンが効いていて、バルサミコ味の大根が添えられて、練りゴマ、ゴマ油、はちみつ、マスタード、ゆで卵などで出来ているソースが絶品。
豆乳スープには、荏胡麻油に玉ねぎをゆっくり炒めたものをベースにまいたけ、さつまいも、えのき、まいたけ、豆腐、そして、なんとらふとの畑から摘んできたルッコラと、らふと仕込みのお味噌で味付け。
どちらも疲れた身体に優しく染み入り感激!


らふと外観
IMG_1884.jpg


そして・・・
翌日、ちくちくをしつつ、豆乳スープをマネして作ってみました。

IMG_3144.jpg


私の場合、玉ねぎを良く炒めた後、ゴボウ、人参、じゃがいも、まいたけ、豆腐、せり、そして荏胡麻油がなかったので、ローストした亜麻仁を大量にすり鉢であたり投入、自家製味噌で味付け。なかなか似たようなものができました。(画像上では随分違って見えますが、お味の基本は同じです)

IMG_3141.jpg

そしてついでにこちらは、切り干し大根の煮物の残りをどう展開するかと思案し、ガーリックを効かせてパスタにしてみました。
これが意外に美味しくて、パスタ量の1/2はあったかと思われるきりぼしの量でしたので、ヘルシーなのも嬉しい。

さて、塩山さんはリメイクもお得意なのですが、「大切なのはその布を知りその特性にあった事をしないといけない。無理に布・糸に反することをしても結局はだめ」の言葉が強く心に残っています。
音楽も同じ、作曲家の意図をきちんと読み、それに対して謙虚に音を作る。その作業はあらゆる手仕事と通じていると、改めて感じたステキな一日でした。

それにしても塩山さんは本当にとってもチャーミングで魅力的な方で、「縫い物&食べ物」のワークショップに是非また参加したいと思います。
私も、「ピアノ&食べ物」のグループレッスンを是非やりたいナと常々思っているところ。・・食べ物、出来るかナ?
スポンサーサイト
コメント
三徳?
何だか色々とスゴイ人ですねーchisatoさんは!^^
この「らふと」って処も素敵♪
チラっとHP覗いてみましたが、良さげなモノがズラッと並んでいましたね。
豆乳も、実は私も近々作ろうと思っていたのでニコリです。
スープって手もありましたね。メモメモ。。(笑)

ところで↓に書いてあった“ナナムイびと”!
私も買ってましたよ~! “チルチンびと”(でしたっけね?)と合併になったらしく今は購入してませんが。
考えたら、クロ○ッサンといい、chisatoさんと私はけっこう同じ雑誌を読んでいるのですね!ふふふ♪

布好きなあやめちゃん、興味のないかりんちゃん、どちらも性格が出ていて可愛いです(*^^*)
あっ、ところで「三徳」って初めて聞いたんですがどういう意味ですか?
ポーチとは違うのでしょうか?
雪丸さんへ
いろいろすごい???え、そうですか??
雪丸さん今度は豆乳作るんですか?
実は実家には豆乳作り機があるんですよ。笑。なんだか電気屋さんの展示会で、それで作った豆乳を飲み、あまりに美味しくて即買ったらしいのですが、ほとんど使ってない模様。実家にはほとんど使わないような家電があるんですよね・・綿菓子作り機とか。爆

それにしても本当に同じような雑誌読んでますね!
そうそう、三徳って昔の袋物の呼び名の一つみたいですよ。私は参加できなかったのですが、2/11にあったワークショップでは「うちかい」という名前のかばんも、昔の袋物の作り方らしいです。
長い帯なんかから、布を切らずに作るそうで興味津々です。

あやりんの性格は本当に極端でおもしろいです。
あやめはgogoさんとか、かりんが興味があるものはまったくなくて、布、糸、鏡、CD、メジャーが大好きです。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。