FC2ブログ

chisatoのchiは「知る」

2007.04.15.Sun.12:02


私の方へ走ってくるあやめ。とっても恐竜チックなあんよ。
いつものあやめのイメージとが違って、でもなかなかお気に入りのショットになりました。
あやめは発情らんらんらん!ママが大好きなので放鳥時はべったりです。
かりんが近づいても蹴散らして独占してます。

IMG_3646.jpg

かりんのあんよは未だに治らず・・それに加えて久々の大換羽。
かわいそうな位抜けているので体重も35gを切っています。
両方の影響か、発情モードはすっかり影を潜めています。
羽をぶるるん!ってしたのでふっくらしていてかわいい。



ところで
IMG_3654.jpg


「小鳥の声がする暮らし」
こんな特集が組まれていたので買ってみました。


IMG_3655.jpg


物心ついた頃からあったような・・?という「暮らしの手帖」
今まで年輩の方が読む雑誌。と思い込んでいて開いたこともありませんでした。
ところが、ふと手にしたこの前の号に、興味深い記事が多くあったので購入しました。
私もおばさんになったんだな~?なんて思いながら。

まず驚いたのが、広告がまったくありません。
時々読んでいる日々もそうだな・・・と思いだし、
どちらも明確なポリシーを持った力強さを感じます。

この鳥の特集も鳥の病院監修で書かれているので、きちんとした内容です。
写真でなくて絵で紹介されているのもなかなかよいです。

衣食住、忘れかけていた日本人としての日々の暮らしを
きちんと見つめる内容で、味わい深い雑誌です。
裏表紙に次のような文章が載っています。

****

これはあなたの手帳です
いろいろのことがここには書き付けてある
この中のどれか一つ二つは
すぐ今日あなたの暮らしに役立ち
せめてどれかもう一つ二つは
直ぐには役に立たないように見えても
やがてこころの底ふかく沈んで
いつかあなたの暮らし方を変えてしまう
そんなふうな
これはあなたの暮らしの手帖です

****

直ぐには役に立たないように思える事、それが本当に大切ですね。

自分という引き出しに、一流のピアニストの音がしまわれていたなら
自分もあんな音が出したいと思うことが出来る。
そして、出す為にはどうしたらよいかを模索する事が出来る。
でも、電気ピアノの音しか聴いたことがなければ、それ以上の音は絶対出せない。

同じように、絵画でも、お料理でも、なんでもそうですよね。
本当に素晴らしいもの、美しい物、潔い物、美味しい物を知りたい。
そんな事を改めて思わせてくれた、暮らしの手帖でした。

スポンサーサイト



コメント
ピピンだ!
chisatoさん、おはようございます。
「暮らしの手帖」って良さそうな雑誌ですよね。時々書店でパラパラと立ち読みをします。今回はこんな小鳥飼育の特集があったんですね!私も見てみようっと(文鳥の絵、キレイですね。ピピンに似ています^^)
広告がないっていうのは気づきませんでしたが、言われてみたらそうだったかも・・。

かりんちゃんは激換羽であやめちゃんは発情モードですか。
お母さんは大変だ~(--;)
チーコも体重はようやく下げ止まったようですが(43g)まだまだドッサリ抜けています。もうビックリ&心配です。
あやめちゃんもシャッチーが治まったのをキッカケにあんよが良くなるといいなぁ~。
chisatoさん、おはようございます♪
「暮らしの手帖」 は、大学の友人が愛読していて、当時何度か読ませてもらってました。「広告をのせないことで、広告主の影響を受けず、雑誌を作る」というコンセプトがすごいですよね。ちょっと高めですが、久々読んでみたくなりました。

ところで、あやりんちゃんの写真かわいいですね。
恐竜ちっくなあやめちゃんもステキですし、写真なのに、動きがあるよなかりんちゃんも・・・ぷるんってみえてきそうです。
テテもシャッチーする日もでてきました。。。(涙)
あやりんちゃんもテテも健康でいてほしいと願うばかりです。
わたしも読みましたー
こんにちは。暮らしの手帖の今月号読みました。良かったなあと思って自分のブログにも記事にしたらこちらにも載っていてびっくり。やっぱり鳥に呼ばれるんですね。
なんか運命的なものを感じたりして・・・。
雪丸さんへ
やっぱり雪丸さんも「暮らしの手帖」ご覧になっていたのね!
小鳥の特集のどのページをアップするか、考えて考えて、
やっぱりピピンちゃんでしょう~と、このページに。
子供の頃、さくらちゃんという、桜文鳥がいたんですよ!

チーコちゃん、体重下げ止まったんですね。本当はこの位をキープできるといいですね。でも、急激だったのでなにかと心配でしょう?健康になって欲しいですよね。
kanna さんへ
暮らしの手帖、大学生の時にお友達が読んでいらっしゃったんですか??
すごい!これも早熟っていうのかしら?笑。

この写真ぶれててもかわいくてアップしました。
あやめのあんよは、テテザウルス・ルチザウルスにならって、アヤメザウルスって感じでしょう?

kobitokuさんへ
私もお邪魔したときに、おぉ~!!おんなじだーー!と叫びました。
本当に驚きました!でも、よく考えたら、もちろん鳥繋がりもあると思いますが、星の数ほどあるブログの中から出会い、そして読み続けているっていうのは、何か自分と近いもの、共通するなにかを感じるからこそ、のような気がします。
少なくとも私は、kobitokuさんの靴作りの中に、音楽と共通するものや、精神を感じるからお邪魔している気がします。
こういう雑誌こそ
「暮らしの手帳」みたいな雑誌こそ長ーく続いて欲しいです。広告がないなんて、編集部がよほどのこだわりを持っているのですね。
久々に本屋に行って、手にとってみたくなりました!

心の引き出しの中の宝物、たくさん持っていたいです。
どんな世界でも一流の人は心の引き出しの中に宝物を持っていて、それが原動力であったり輝きの源だったりするようですね。
W.らっきーさんへ
らっきーさんも読んでいらしたんですね!
以前は雑誌なんて・・とあまり買ったことがありませんでしたが、最近案外購入し、じっくりと読むと奥深いものを感じて、いやいや雑誌もあなどれないな・・なんて思ったりしています。

それはそうと、りょくちゃんの動画、今日みました!
ポインターを追うのも、忍者のように現れるのもすっごくかわいいですね!!何度も繰り返しみちゃいましたよ!

管理者にだけ表示を許可する