スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物でおでかけ

2007.09.08.Sat.23:59



今週はお着物でお出かけしました。

ブログで知り合ったyoshikoさんと2回目のランチ。
yoshikoさんは智恵ちゃんというセキセイと暮らしていらっしゃいます。
智恵ちゃんは本当は男の子ですが、正式なお名前は智恵子ちゃん。
お母様が好きなお名前をおつけになったそうです。
実は私の母の名も智恵子。
yoshikoさんの3姉妹のお名前が、私の友人と同じという不思議さにも
驚きましたが、ご自宅もそんなには遠くないことが判明。
ということから一度目は成城で、今回は町田でお会いしました。

今日の着物は母の夏着物。
ナント私が2歳くらいの時に、動物園に行ったとき、
母が着ている写真が残っていて、その着物が目の前のこの着物なんだ!
とわかったときは感動しました。

帯は沖縄・八重山のミンサー織りの半幅帯、これは私が購入。
これまたあやりんすみれそらんカラー!!

この絣模様が4つと5つなのがわかりますか?
これが交互に織られていてミンサー織りの特徴らしいのです。
画像では解りずらいですが、帯の両脇に連続模様がずっと織り上げて
あるのです。
この織りには意味があって、

「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」 という心が込められ、
帯の両脇のムカデの足に似た模様には、通い婚時代を反映して
「足繁くおいでください」 という意が表現されたものと伝えられているそうです。

昔の人が「思い」を布に託した・・・素敵ですよね。

そして、先日の帰省で見つけたツゲのかんざし。
誰が使っていたのか、解らないのが寂しいのですが
(母ではないらしい)またまたもらってきちゃいました。

あけび籠には、一刀彫のすずめちゃんをお供に。

今回、着物を着ようと思い立ったのが、出かける時間の20分前!
その時間で、髪を結い(結うほども長くないのですが)
急いで着付けて出かけました。


秋のシーズンがそろそろ始まり、演奏会へ行く予定もいっぱい。
これからは全てお着物で出かけられたらいいな・・
いや、きっとそうしよう!と心に誓っているこの頃です。

スポンサーサイト
コメント
素敵ですね!
chisatoさん、お着物でおでかけ♪
素敵ですね^^
20分で着付けして、髪も結えるなんて。
私なら間違いなく髪だけでそれくらいかかります^^:
着物のことは全然わからないけど、帯の色好きです♪
帯1つにしても色々な意味があるんですね~。
chisatoさんのお母様、動物園に着物で行かれてたなんて~☆
chisatoさんの着物好きはお母様譲りですね。

私は結婚してから、ジーパン&Tシャツばっかり・・・
結婚前に母が最低限の着物作らないとって言ってきたんですけど、「どうせ着ーひんし、着られへんし、置き場所ないし、いらん!」って言っちゃいました^^;
chisatoさん こんばんは。
お着物いいですね~。母さまのお着物。
なんだか、心にくるものありです。
私も母の着物を持っているのですが・・・
なんと、母は150cmの小柄でした。私は・・166cmあるので、着物とはいえ~手や裾が・・短いのです。
なかなか、着物を着る機会がないのですが、機会は作るのもなんですね~
帯や着物柄がとても素敵ですね~
chisatoさん、先日はお世話になりました! chisatoさんのお着物姿、とても素敵でした。 まだ、二度しかお会いしてませんが、お洋服とは違った雰囲気でした。(もちろん、お洋服も素敵です!) お喋りに夢中で帯の織りの意味などお聞きしないで・・・。 織物っていろいろな思いも一緒に織り込まれているのですね。 yuttanさんがおっしゃっているように、動物園に着物でいらしたなんて、お母様も着物がお好きなのですね。 次にお会いするのはいつになるか分かりませんが、お着物、期待してます! 
また、鳥さんの事、いろいろ教えて下さい!
yuttanさんへ
20分で出かけられたのは、帯が半幅なので、帯枕、帯揚げ、帯締めなしなので出来たんですよ。
ちゃんとお太鼓で結ぶのは、まだまだ時間がかかります^^;

母は私が中学までは毎日着物だったんです。
なので、動物園で着物は特別ではないんです。
日常着なので「屋根だって登ったわ!」というんですよ。

祖母もずっと着物をきていたし、なんといっても
曾おばあちゃんは日舞のお師匠さんだったし、
祖母の妹もそうだったんです。(07,5/5の日記をご覧下さい)
なので私は子供の頃から、普通に着物が身近だったんですよ。

下地があったせいなのか?眠っていた感情なのか?、今年に入って急に目覚めてしまったんです。
chiropiさんへ
chiropiさん、お母様の着物、多分着られますよ!
私も祖母の着物は小さいんです・・・
でも、いろいろ工夫をしたり、お直ししたり、着物って解けば反物に戻りますし。
丈が足りないのは、究極の方法?は帯で隠れる部分だけ
違う生地をついだりするそうです。
是非、お母様のお着物、纏ってください。

そうそう、もし、サイズもそうですが、汚れなどで着られないと判断しても、羽織や帯や他のものに作り変えることもできます。お母様が着ていらっしゃったものを纏われたなら、
お母様に包まれて、きっと、洋服などを着るのとはまったく違ったお気持ちが湧いてくることと思います。

今の私も着物を着る意味。自分の魂のよりどころというか・・・
精神的に助けてくれるような気がしてなりません。

yoshikoさんへ
先日はこちらこそありがとうございました。
誉めてくださってありがとうございます・・・ちょっと照れくさいですぅぅ・・・
そうそう、帯のお話はしませんでしたね。この帯だけではなく、昔の人は貧しい中、大切に糸を紡ぎ、織り上げて、仕立てて着物を作り、それを何度も解いてはまた仕立てて、大切にしてきた。日本の素晴らしい衣生活。
大いに見習っていきたいです。

母の動物園で着物はyuttanさんのお返事にも書いたのですが、日常着が着物だったので、特別なことではないようです。
私も、ハレの日の為の着物生活ではなく、普段着にしたいので、これからいいシーズンになりますし、次回も是非着たいとおもっています。
わー!
いいですね、着物でお出かけ。
着物を着ると自分が日本人であることを再認識できるし、背筋がしゃんとして心地よい緊張感がなんともいえず好きです。
私は熊本に来てから一度も着る機会がなくて…。でも11月に友人の結婚式があるのでその時は着物を着ようと張り切っています。
着物は上手に保存すれば何代にもわたって着られるというのもいいですよね。
chisatoさんのお母様のステキな着物に“あやりんすみれそらんカラー”の帯…とってもお似合いでしょうね!
W.らっきーさんへ
W.らっきーさんも、11月に着られるんですね!!
楽しみですね!!わくわく!
先日も着物は100年は持ちますよ。。と言われました。
曾祖母のものなんて私で4代目だもの!
私が着物きると「おかみ」みたいになっちゃううんですよ・・・トホホ。憧れのイメージとはかけ離れて!涙。
さっそく遊びにきました♪
こんばんは!
メールありがとうございます。さっそく遊びに伺いました!
私も同じ色のミンサーの名古屋帯持ってます。
半幅はレモンイエロー。
沖縄は紅型、琉球絣、花織・・・染めも織りも素敵なものがいっぱいですよね。大好きです♪

インコちゃんも拝見しました。
綺麗な色。見てるだけで癒されそうですね!
うちの猫はグレーなもので(笑)

また遊びにきますね!
ozawami さんへ
ご訪問ありがとうございます。
ozawami さんは、同じ色の名古屋ですか?
レモンイエローもきれいで明るく元気になれそうでいいですね。
沖縄のもの、憧れています。と同時に北のものにも強く惹かれます。

動物、植物に限らず、この世で神から与えられたあらゆる色は本当にきれいですね。
これからもブログもショップも楽しみに伺います。
またいらしてください。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。