スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芭蕉布・平良敏子さん

2007.09.30.Sun.18:57



平良敏子さんの米寿の記念展覧会に銀座まで出かけました。
沖縄の大宜味村喜如嘉に生まれて、芭蕉布の再興に人生をかけてこられた
人間国宝の方なんです。

芭蕉の木を育てるところから始まり、気の遠くなるような行程を経て
布になるのです。
その着尺、帯が展示され、平良さんのお話と実演を聞いてきました。


070930-3.jpg


私は芭蕉布の素朴な風合いが大好きで、とても楽しみにしていきました。
豪華絢爛な着物って、好きではありません。
いや、全てにおいてそうです。美術品と言われる物よりも、
生活に使われる道具や着物たち、そして、古くから受け継がれた
素材の良さ、そんなものに惹かれます。

音楽もそうかもしれないです、もちろんオーケストラの良さもあるけれど、室内楽やソロが好きです。
その人そのものを感じ取れるような・・・
大好きな福山さんのコンサートでも、バックのミュージシャンが
管や弦も入ってとても贅沢な時よりも、アコースティックライブで
彼のギター一本が最高!そこにアコギとパーカッション3人という
そんな時がとってもいいですね・・・
彼の歌が心にダイレクトに届きます。


070930-2.jpg

さて、話が横道にそれましたが、芭蕉布に戻します。
会場でもとめた↑の本の中には次のようなページがあります。
この、上の段の右と下の段の右(どちらも2本の線)、
それ以外の7枚の写真は小鳥を表した絣柄なんです!
沖縄では小鳥のことを、トゥイグワーというみたいですが、
鳥好きにはこの絣柄がとても気になります。


平良さんご自身も、とっても小柄でかわいらしいおばあちゃまでした。
でも、そのお話から芭蕉布にかけてこられた情熱をひしひしと感じました。
すべてが驚きと感動でした。
いつまでもお元気でと思わずにはいられませんでした。
いつの日か、鳥柄の絣の芭蕉布を纏うことが出来たなら・・・と
思いながら帰ってきました。


070930-5.jpg

スポンサーサイト
コメント
どこにコメントしようか・・・とすごく悩みました。
だって・・・カテゴリ似過ぎてませんか

インコとワンコも一字違いだし・・・・爆・・・・
教えていただいた、住所ではブログが開かなくて、あれこれ試すうち、luとblの間を半角空けたら成功しましたよ。

ピアノメインなんですね・・・これからも仲良くしてくださいね

あ、orioriさんのブログ知ってますか?
この方もそっくりな・・・いやぁおっどろき★
しんのすけさんへ
ようこそ、お越し下さいました!!
そして、どうしたことか誤った住所をお知らせしちゃって
ご面倒をおかけしました。

インコとわんこを同時に飼うのが夢なんです。
いえいえ、本当はインコとわんこと馬と羊と山羊と・・・
これこそ夢です。

来年は頑張って着物ライフを充実させたいです。
しんのすけさんのようにできたらいいなぁ・・
orioriさん、、存じ上げませんがそっくりなんですか??
興味津々です。お名前で検索してみます。

これからもよろしくお願いします。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。