スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12・7~9 帰省

2007.12.18.Tue.17:16
12月はイベントが多い上に、今年はいろいろ重なります。

いつもはそれぞれに旅に出ることが多い両親ですが、
珍しく一緒に2、3日と富士山へ旅行に。
ところが母は日頃の疲れがたまったのか、その夜は38度の熱を出したそう。

翌日、早々に帰路に着いていたところへ一報が。
ショートステイに出ていた祖母が、お茶を喉に詰まらせて呼吸できなくなり
病院へ搬送されたと・・・一時は危なかったようです。
そのまま病院へ駆けつけました。

さらに5、6日は父が入院治療の予定でした。
夏の入院で症状はなかなか改善されず、
今度は名古屋の大学病院へ。
今回の検査&治療で原因の場所が確定出来たらしく、
今後も様子を見ながら治療を続けることに。

ということで、心配なので週末帰省することに。
祖母が着ていた着物を着て帰りました。
迎えに来てくれた妹と駅から病院へ直行。
「わかる?」というと「わかる」と答えてくれましたが
どれくらいわかっているのでしょうか・・・

お茶を喉に詰まらせただけではなくて、肺炎と脱水の症状が出ていたようですが
それは改善されたようです。
しかし今日現在、まだ点滴のみで食事がとれません。
寝たきりですでに2週間、とても心配です。


祖母の着物、帯、羽織。




この羽織、柄はよく見ると、鷲のような?鳥がいます。
鳥というだけで嬉しい。

071207-1.jpg


祖母の着物を身につけることで、私の祈りが通じるとよいのですが・・・
それを信じて、なるべく着物で過ごしたいと思います。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。