スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちこち出かけている間に・・・

2009.12.08.Tue.16:25


091208-2.jpg

091208-3.jpg

先週はおでかけが多くてあっという間に一週間が。
その間にシイタケ、第2弾6日間で収穫です!
43個とれました。

全部収穫したら、真ん中の円柱の物体を半日水に沈めます。
そして乾燥しないようにビニールに入れて、時々霧吹きで水分を補います。

今第3弾スタートしていますが、まだ出てこないです・・・これまで・・か?

収穫したシイタケは、天日に干して。
パスタやお鍋にいれたりしましたが、さっとあぶって、藻塩で食べたのが一番でした。





091208-4.jpg


どこへおでかけしていたかというと・・・

1日、舘野泉先生のリサイタルへ。
全曲世界初演と相変わらずパワフルでお元気なご様子でとても嬉しかった。
そのプログラムには

・・・この11月10日で73歳になった。65歳で脳出血に倒れ、半身不随になってからは8年になる。
実のところ、病から立ち直ってこんなに長くピアノが弾けるとは想像だにしていなかった。
ただ一日一日を生き、一日一日ピアノを弾いてきただけである。
人間は自分の置かれた状況を認めて素直に生きるしかないものだと思う。
ピアノに触れて音が響きだすと、いつも私は生き返ったように思い、
精神が冴え冴えしてくるのを覚える。

・・・とある。

実は、ホールでフィンランドへ一緒に行った友人2人と久しぶりに再会。
その2人とも私と同業なんだけれど、なんと2人共が、手を患っていた。
一人は演奏活動も活発にしていたけれど今はおやすみしていると。
音楽家の手を診てくれるお医者さんが日本で数人いるらしいけれど、全員に診てもらったそう。
でも、思うようには回復しないらしくて、とても辛そうだった。

改めて、いつでも同じようにピアノに向かえるということは
保証されていることではないこと。
しみじみと感じた夜でした。だからこそ、今をもっと大切にしなければと。
命だって同じ。
もう、とっくに折り返し地点は過ぎている。



そして、3日、着物の友人でなかよくしている2人に、それぞれちょっと聞きたいことがあった。
連絡をとるとその2人がこれから会うという。
同じエリアなので私も急遽合流。

その時に私が
「今月の歌舞伎座、行きたいのよね・・・さっき見たら、明日の夜のチケットまだあったんだけど」
と、なにげに言うと、二人が口を揃えて「行く!」と。
「え!ほんとに?帰ってまだチケットあったらポチするよ」と。
で、帰宅したらまだあった!

3階の2500円の席、花道は見えない桟敷席の上あたり。
ラスト3枚でした。
というわけで、翌日4日は歌舞伎座へ。

091208-5.jpg

歌舞伎座前で待ち合わせたけれど、朝のラッシュ並みの混雑状態。
昼と夜の部のお客さんがごちゃごちゃに。

今日のお目当ては、野田秀樹、作・演出の鼠小僧。
以前に上演されて、好評で再演。

これがもう、面白くて楽しくて!舞台のセットの使い方からもう驚きの連続、笑いの連続。
そして最後の最後でホロリと・・・
いや~、良かった!急遽決まった歌舞伎座行きだったけれど、行って良かった!
花道や正面奥など見えない場所もあったけれど、この席は舞台が近いしなかなか気に入りました。

勘三郎さんはやはりうまいし華があり存在感たっぷり。
そして、勘太郎&七之介もまったく違うタイプでそれぞれ良かったし
橋之介&三田寛子の3兄弟もすっかり大きくなってかわいかった。
また行きた~い!

そして、6日は結婚記念日だったので、私は色々頭の中で計画していたけれど
夫はナント忘れてた!やっぱり!
結局、近くのレストランへ。でも、記念日ということで写真を撮ってくれカードにしてくれた。


と、シイタケが成長する間、おでかけ多し。
慌ただしい師走のスタートでした。





スポンサーサイト
コメント
chisatoさん ご無沙汰しております。
年末、忙しい日々を過ごしていらしゃるようですね。
しいたけ!@@ すごいですよ~家庭でこんなに!!うちの実家でシイタケの栽培をして、出荷しているのですが、湿度と温度(暖かい)が大切です。この条件が整うと、にょきにょきでます(笑)
さて、最近「かもめ食堂」の本やDVDにはまっております。フィンランドの風景や人物が巧みに出てきて、あこがれますね~食器や家具もシンプルでとっても素敵です。
すご~い憧れの生シイタケ軍団。結構大きいのですね。小粒シイタケの値段は覚えていませんが、先日買ったシメジは150gで400円位だったかしら。

春か夏に、12月8日をシベリウスの日と公布され、2011年から施行と決まりました。今年と来年は揚げても揚げなくても違法にならないそうです。政府は自治体に国旗掲揚を推奨していましたが、私の住む僻地の市は揚げなかったらしく、新聞を読むと知らない人も多かったようです。フィンランドのSのひとつがシベリウスという割りに今まで旗日に設定されていなかった方が意外な感じです。07年のミンナ・カントの方が知名度は低いと思うのですが。
chiropi さんへ
しいたけ、ご実家から出荷されているのですか?確かに湿度&温度なんでしょうね・・
ちなみに、その管理は夫にまかせてました^^:
ただ、やはり、2回収穫したら、円柱形の部分が黒っぽくなりそれきりです・・・。
もう一度くらいできるかと思ったけれど、残念でした。
フィンランドは本当に素敵です。ほとんど人のいない森をバードウォッチングして
いろんな鳥たちに出会えたり、夜は音楽会と心に残る経験をする事が出来ました。
hirmaさんへ 
うふふ、生シイタケ軍団いいでしょう?でもこれきりになっちゃった!残念!
食べなれている日本の食材が簡単に手に入らないことは、やはり厳しいですね。
食材の輸入はなかなかムズカシイのでしょうか。

シベリウスの日、そうなんですね~。決まったらすぐ施行すればよいのにねぇ。
ミンナ・カント?あ、知らないです。
お正月に帰国できるといいのに、なかなかそういうわけにはいきませんか?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。