スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は

2006.01.18.Wed.23:59
今日は後期の試験で、学生80人くらいのピアノを聴いた。いつも聴いていて思うのだが、人生そのものだなぁ・・としみじみしてしまう。

日常コツコツまじめに努力している子が、試験になるとぼろぼろになってしまったり、その逆で、いつもはなまけてばかりで、大目玉を食らっているのに、本番はちゃっかりとそつなく弾ききる者有り。
また、演奏だけでなくその前後の歩き方からお辞儀等含めて、一人一人の性格や大げさにいえば家庭まで見えてくるようでもある。

しかしながら、緊張をして何かに向かう姿は美しい。日々のレッスンでは見られない顔がそこにはある。
採点しながらこの人数の演奏を聴く事は、なかなかシンドイけれど、清々しさを感じながら我が身を振り返りつつ、非常に身の引き締まる一日であった。
スポンサーサイト
コメント
chisatoさん、ピアノの先生なんですか!?
芸大の教授とか?
カッコイイ!
kitaさんへ
はい、ピアノの先生に間違いはありませんが、保育士や幼稚園の先生を目指す子達の授業を受け持っています。
中には男の子もいるんですよ!大学生になってから始めた子もいたりするんですが、試験前の底力を出すのは、案外男の子達です。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。