スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物見てきました

2010.07.31.Sat.15:30



昨日、やっと前期の授業が終わって夏休みとなりました。
(学生は来週が試験期間ですが)
7月いっぱい授業だったのは初めて。

そして、授業が終わったら行こうと思っていた場所があり、
電車の中から夏休みで自宅にいた夫にメールすると
「TVでやってたけどすごいみたいだよ」と。
「車では無理なんじゃないの?」と。

そこで、往復13㎞を頑張って自転車こいで行ってきたのは・・

100730-2.jpg


そうです。

昨日、今日と我が町の博物館で公開されたのが、はやぶさカプセル!

朝開館前に2500人の列だったというので、どんなことになっているかドキドキしつつ到着。
16時25分までに並んだ人までと係員が叫ぶ中、最後尾についたのが16時18分。
それから50分。やっとこさ建物の中に入れました。

で、この先が展示会場ですが、
「立ち止まらないでください!」「カメラはしまって下さい!」の中、
カプセルやパラシュートやら、太いロープに囲まれ
ガラスケース越しに、しかも2mくらい距離はあったでしょうか?
見物時間は1分ほど・・・。

とはいえ、広い宇宙を7年、走行距離60億㎞!
そして帰還したはやぶさカプセル。

実物を前にしてすごいなーーと高ぶる気持ちを抑えつつ
ロビーの模型の展示をみる。

100730-4.jpg
はやぶさ


100730-3.jpg
イトカワ

100730-5.jpg


博物館の向かい側にはJAXA・宇宙科学研究所があり
こちらも同時に開放され、展示、講演、グッズ売り場などがあるのですが
こちらは16時半にしまってしまい見ることができませんでした。

今朝の新聞では13000人、待ち時間3時間もとあり、
ニュースでは今日もかなりの人出が見込まれるので、暑さ対策をと呼びかけていた。


沢山の子供達が水ロケット(工作教室があったよう)や、はやぶさのプラモデルを抱えて
いたけれど、彼らの心になにを写したのかな?
そして、この経験が将来につながる子もいるのかな?
と、先日聞いた毛利さんの講演を思い出していました。

それにしても公開が2日間とはあまりにも短い。
せめて3日、いや一週間あれば、この酷暑の中3時間待ちはなかったのでは?
と思ったのです。


***

インコブログなのに、あやりんのあちゃん、ご無沙汰しちゃって!
元気です!と言いたいけれど、ちょっと気になることがあって、
これからあやちゃんを病院に連れて行きます。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。