スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張ろう!

2010.09.01.Wed.16:36





100901-1.jpg

かわいいあやめちゃん。

8月14日に病院に行ってから、少しずつ自分らしさを取り戻して
不自由な中にもあやちゃんらしさが感じられて、少しほっとしていました。

28日、レントゲンの予定で、今回もあやめと共に絶食して行ってきました。
木曜日くらいから私が緊張でおかしくなってくるほど。
金曜の夜はほとんど眠れず。

以前、すみれちゃんがとても具合が悪くなった時に、主治医の先生まで長期入院中。
仕方なく別のところへ・・・その時、年を聞かれて10歳と答えると
「10歳じゃね、もう・・・」と予想もしない言葉に唖然としていると
かごごと奥へつれていかれてしまいました。
そこで、10分かいや15分だったか、とても長く感じた記憶があります。
帰ってくると、「レントゲンを撮りました」とのこと。
さらに驚きました。

かりんちゃんがヘルニアになったときに、本当はレントゲンを撮りたいけれど
ここまで呼吸が荒いと、ちょっと心配だからね。と言う話になり、
今も撮ってはいません。

なので、なんだかレントゲンに対して、私の方が恐怖をおぼえます。

で、話は戻ってあやちゃん。
なんと、レントゲン室のドアが閉まって、30秒から1分、いえ、1分はかからなかっとおもいます。
あまりの早さにビックリ!そしてほっ。

やはり卵詰まりをした後、そのまま卵管の中で残ってしまっていることがわかりました。
卵巣もちょっと怪しい・・・

落ち込む私たちに、でもね、こういうケースもあったんです。
と、画像を見せてくださった。

あやめよりもお腹がひどく出てしまったセキセイちゃん。
手術はしないという飼い主さんの希望でお薬での治療を選択。
それから5ヶ月後に、なんと自力で、卵の殻と黄身が体外へ排出されて
その現物もみせてもらいました。
そして、悪い物が出た後は、みるみるお腹がぺちゃんこに!!

ごくまれなケースだったとはいえ、望みを持っていこうと少し明るい気持ちに。


ところが、昨日あたりから、あんよの麻痺がひどくなってしまいました。
左足はかりんちゃんと同じようにまるまるのですが、
右足も痛くて浮かせている状態。
方向転換が今まで以上に困難に。
かわいそうで胸が締め付けられるようです。

でも今日は昨日より気分がいいみたいです。
おしゃべりが多いし、あやめの気持ちが落ち着いているのがわかります。



100901-3.jpg



100901-4.jpg

かりんちゃんは、あんよが麻痺していることがまったくわからないほどに活発に動きます。
時々なるひどい開口呼吸と夜明けのバサバサ、これさえなければ、
ヘルニアをかかえていることも忘れてしまいそうです。

そんなかりんちゃんの力強さが、私に元気をたくさんくれています。

そして、忘れてはならないのが、この坊や。

100901-5.jpg

毎日、たくさんの笑いをもらっています。

昨日、放鳥時に椅子の背もたれに飛んでいき、
「プリプリした、プリプリした、プリプリした」と喋っているので、
見ていると・・・本当にポットン!と。
そして、その後は
「プリプリしちゃったねー!!」と。


今朝、気づいたんですが、あやりんは止まり木を左右に動くときはカニのようにしますが、
のあちゃんは、なんだかユーモラスな動き。
よくよく見ていたら、ちゃんと左足の上を右足が越えて、右足の上を左足が越えてというように
していたのです。
しかも、高速スピードで!
今日は、新発見でした。


みんなが楽しく過ごせるように母はガンバリマス!


スポンサーサイト
コメント
そうそう、そーなんです
ラブバ系の鳥さんは、カニ動きじゃないんですよね~
バホも、とっても面白い動きをしてましたよ
のあちゃん、さすがラブバ系~~❤
yuriさんへ
yuriさん、そうなんですね。
2年も一緒に暮らしていたのに、おもしろい動きだとしか理解してなくて
偶然あんよをじっと見つめていたら、交差している!て驚きました。
バホちゃんって、種類はなんだったんですか?

ところで、いよいよ明日ですね!朝起きて、すっきり見えるというのは
感動だろうなーって思います。
レポ楽しみにしております。ではお気をつけてね。成功をお祈りしております。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。