スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3羽の近況

2010.09.28.Tue.15:25


二重まぶたが色っぽいあやちゃん。

25日は病院でした。
前の患鳥さん、どうやら何羽も連れてきているらしく、なかなか終わりません。
(診察を終えて出てきたときは段ボール大中小の3つ・・何羽?)
自然に聞こえてしまう会話に思わず笑いをこらえることがありました。

飼い主「それで・・先生、この子、少し飛ぶんです!」
先生「・・・はあ、鳥だから飛びますよ」
飼い主「はい」

ごく自然に、質問されていて、ちょっとおかしかった。


そんな待ち時間、「かわいいあやちゃん」とずーっと繰り返していて
気分も良さそうなあやめ。
前回、前々回のように、しゅん、とした感じもなくて私もほっと。
また、漢方を出してもらう。

最近のあやちゃん、
あんよも調子が良いみたいで、見ているのも辛いと言うほどではないです。
改造したケージにも慣れて、移動も上手にしています。
嘴を使って向きを変えたり、上から下に降りるときは
消防士のようにしたり・・・
その適合していく様を見て、夫とすごいね・・えらいね・・・と。



100925-2.jpg

ケージ内のあやちゃんを気にして覗き込むかりん
100925-3.jpg

さて、かりんちゃん。
ちょっとこのところ、早朝の羽のバサバサ、開口呼吸もひどいときがあります。
ちょっと心配・・・
とはいえ、とても元気に飛び回ったり、探検したり。

あやめが具合が悪くなってから、一緒に放鳥していません。
あやめを追いかけてしまうから。
よく考えたら、かりんちゃんが来たときは、すでにあやちゃんがいたので
かりんだけで放鳥することは、初めてのことでした。

最初は、なんだか、きょとん、あやちゃんはでないの?という雰囲気。
少し考えたら、すぐにあやめ&野藍のケージにへばりついてしまうので
そうできないように、2羽を布で隠してのかりんの放鳥です。

時々、肩に飛んできますが、基本的には行きたい場所に行き、
気の済むまでそこで遊んでいます。
帰りたくなると自分のケージの上に乗るので
「帰る?」と聞いてドアをあけるとピョンと帰っていきます。



100925-4.jpg

野藍ちゃん、昨日の夕方もかりんちゃんと私のやりとりを聞いていて
ケージに戻ったかりんに、かりんちゃんのケージ側に近づいて・・

「かりん、ねんねしゅるか~?ねんねしゅる?・・・(小さな声でちょっと寂しげに)・・pp
 おやしゅみ~♪おやしゅみ~♪      ・・・(中ぐらいの大きさで)    ・・mf
 ありがと、ありがと~~~」        ・・・(叫ぶほどの大きな大きな声で)・・fff


声のトーンを変えて喋るところがかわいいです。
あの声の強弱は、野藍の気持ちと比例しているのかな??

音楽の自然な高まりのようで、いや~、ホントかわいいです。(親バカ)



近江路を行く 水郷めぐり その2

2010.09.19.Sun.12:06


水郷めぐり・・

実は船会社が3つあるという。
良く聞くと、一つは手こぎ、二つはエンジン。
もう絶対に手こぎよね!という事でその舟会社に決定。

これ、正解でした。
途中で他の舟を見かけましたが、案内も変な音楽と共にテープを流していて、
ブーン!と音がすごい!乗船人数も多い。

それに比べて私たちは3組7人で一つの舟に乗りました。
靴を脱いで座布団が敷いてあります。
船頭さんの気分で、どこから来たのか?から始まり
おしゃべりは喋りすぎず、少なすぎず丁度よくて。

さあ、出発です。

100912-4.jpg

母と妹

とにかく静かです。(くどいけど手こぎで良かった)
動き始めてすぐ、ちょうどこの辺りでカイツブリが出現!
潜水の名手なのですぐに潜ってしまうけれどワクワク。
途中、今年生まれの若鳥やカルガモも!
もう少しすると北から渡ってくる多くのカモも見られるのかな?


100912-5.jpg

100912-6.jpg

100912-7.jpg

100912-8.jpg

100912-9.jpg

途中ヨシが繁る場所が沢山。
夏場はきっとオオヨシキリが巣作りして、ギョギョシ、ギョギョシと鳴いているだろうと
思いながら。

時折、風が吹くと、このヨシがざわざわ、ざわざわ・・・と音をたてます。
その音がなんと素敵なことでしょう!
自然の音の心地よさに身を委ね、心がほぐれていきます。


100912-10.jpg


100912-11.jpg


この日はものすごく暑くて、船頭さんも汗だく。
乗っているだけの私たちも、背中に日が当たるとカチカチ山のようです。
鳥たちも暑いのか、口を開けて休むトビ。
そして、アオサギ。

100912-13.jpg

100912-12.jpg


1時間以上かけて、ゆっくりゆっくり進んだ水郷廻り。
本当に気持ちよくて、船頭さんオススメの秋、あるいは桜の季節に
また乗船したいな。



つづく・・・

頑張ろう!

2010.09.01.Wed.16:36





100901-1.jpg

かわいいあやめちゃん。

8月14日に病院に行ってから、少しずつ自分らしさを取り戻して
不自由な中にもあやちゃんらしさが感じられて、少しほっとしていました。

28日、レントゲンの予定で、今回もあやめと共に絶食して行ってきました。
木曜日くらいから私が緊張でおかしくなってくるほど。
金曜の夜はほとんど眠れず。

以前、すみれちゃんがとても具合が悪くなった時に、主治医の先生まで長期入院中。
仕方なく別のところへ・・・その時、年を聞かれて10歳と答えると
「10歳じゃね、もう・・・」と予想もしない言葉に唖然としていると
かごごと奥へつれていかれてしまいました。
そこで、10分かいや15分だったか、とても長く感じた記憶があります。
帰ってくると、「レントゲンを撮りました」とのこと。
さらに驚きました。

かりんちゃんがヘルニアになったときに、本当はレントゲンを撮りたいけれど
ここまで呼吸が荒いと、ちょっと心配だからね。と言う話になり、
今も撮ってはいません。

なので、なんだかレントゲンに対して、私の方が恐怖をおぼえます。

で、話は戻ってあやちゃん。
なんと、レントゲン室のドアが閉まって、30秒から1分、いえ、1分はかからなかっとおもいます。
あまりの早さにビックリ!そしてほっ。

やはり卵詰まりをした後、そのまま卵管の中で残ってしまっていることがわかりました。
卵巣もちょっと怪しい・・・

落ち込む私たちに、でもね、こういうケースもあったんです。
と、画像を見せてくださった。

あやめよりもお腹がひどく出てしまったセキセイちゃん。
手術はしないという飼い主さんの希望でお薬での治療を選択。
それから5ヶ月後に、なんと自力で、卵の殻と黄身が体外へ排出されて
その現物もみせてもらいました。
そして、悪い物が出た後は、みるみるお腹がぺちゃんこに!!

ごくまれなケースだったとはいえ、望みを持っていこうと少し明るい気持ちに。


ところが、昨日あたりから、あんよの麻痺がひどくなってしまいました。
左足はかりんちゃんと同じようにまるまるのですが、
右足も痛くて浮かせている状態。
方向転換が今まで以上に困難に。
かわいそうで胸が締め付けられるようです。

でも今日は昨日より気分がいいみたいです。
おしゃべりが多いし、あやめの気持ちが落ち着いているのがわかります。



100901-3.jpg



100901-4.jpg

かりんちゃんは、あんよが麻痺していることがまったくわからないほどに活発に動きます。
時々なるひどい開口呼吸と夜明けのバサバサ、これさえなければ、
ヘルニアをかかえていることも忘れてしまいそうです。

そんなかりんちゃんの力強さが、私に元気をたくさんくれています。

そして、忘れてはならないのが、この坊や。

100901-5.jpg

毎日、たくさんの笑いをもらっています。

昨日、放鳥時に椅子の背もたれに飛んでいき、
「プリプリした、プリプリした、プリプリした」と喋っているので、
見ていると・・・本当にポットン!と。
そして、その後は
「プリプリしちゃったねー!!」と。


今朝、気づいたんですが、あやりんは止まり木を左右に動くときはカニのようにしますが、
のあちゃんは、なんだかユーモラスな動き。
よくよく見ていたら、ちゃんと左足の上を右足が越えて、右足の上を左足が越えてというように
していたのです。
しかも、高速スピードで!
今日は、新発見でした。


みんなが楽しく過ごせるように母はガンバリマス!


みんなに励まされて

2010.08.18.Wed.14:55



かりんちゃんが放鳥タイム、そのかりんの姿を追ってこんなところから覗いている野藍。
「かりーんちゃん」と小さな声で呼んでいます。
かりんは手前のかりんのケージの上でセルフかきかき。

100818-2.jpg

100818-3.jpg

100818-4.jpg

かりんちゃん、思えば2年前にあんよが麻痺。
その後ヘルニアに。
生まれたときから開口呼吸が激しくなることがあります。

でも、かりんちゃんはいつもマイペースで元気。
今ではあんよが悪いだなんて、まったく気づかないほどに。

すごいなーーって思います。
奔放な性格もあるかもしれないけれど、精神が強い。
改めて思います。


100818-1.jpg

かりんの様子を見ていると、今のあやめが不憫でなりません。


100818-5.jpg



実は、
あやめもあんよが麻痺してしまいました。
昨年から何度かおかしくしていましたが、今回はかりんのようになってしまったみたい。
かりんと同じ左足。でも、よくみると、右足の内側の指も時々おかしくなります。

私の頭にはすみれちゃんの最晩年の事がよぎります。


あやめ自身も、今はまだとまどい、不安でうろたえている状態。
少しずつケージ内も改装して、少しでも過ごしやすいようにと気を配りますが
本当にこれでいいのか、これがわからないのが歯がゆい。

最初の病院から日にちが過ぎて、おなかがどんどん膨らんでしまいました。

14日に病院でした。
レントゲンを撮るかもということで、朝から絶食。
そんなあやめがかわいそうで私たちも絶食して病院へ。
ところが沢山フンをしていて、今回はレントゲンはしないことに。

ただ、最初に診せたときよりも、少しおなかの中はスペースが出来ているとのこと。

とにかく、もう少しお薬を飲んで、また2週間後に病院です。

かりんの足が麻痺した、2年前の夏のように神社へのお参り。
また始めました。お百度参りは無理だけど、100日参り、また続けようと思います。


あやめ自身、今週に入って少し落ち着いてきました。
不自由な動きしかできなくなったけれど、少しずつ少しずつ受け入れて工夫して・・・

甘えん坊さんは前にも増していますが。


どうか、このままで・・
これ以上症状が進みませんように。



明日を信じて

2010.08.05.Thu.16:41



あやめちゃん、ヘルニアのかりんちゃんよりもおなかが出てきてしまいました。
あっと言う間だったように思いますが、冷静に考えるとじわじわとでした。

「もう少し早く連れてくればね」という主治医の言葉。

後悔しても、しても、過去に戻ることは出来ません。


けれど、お薬が効く事を祈って、良くなることを信じていようと思います。


100805-2.jpg


あやめだけではなく、本当はかりんちゃんも診せたいのですが
病院に行くだけで、呼吸がものすごく荒くなってしまいます。
梅雨時から夏にかけては、自宅でも時々ひどくなります。
羽のバサバサは最近朝だけでおさまってくれています。

野藍ちゃんも、最近おなかの調子が悪いのか、水分の多いフンなので心配です。

とはいえ、それぞれ元気に過ごしてはいます。
幸い、私が夏休みなので良かったです。


100805-3.jpg

甘えん坊の野藍。
いつものようにお顔をカキカキ30分くらいしていたら
だんだん眠くなってきました。
手のひらでそっと包み込むと、そのままじーっとしています。
そして、本当に眠ってしまいました。

100805-4.jpg


私はこの体勢でずっといるのが、苦しくて苦しくて。
でも、出来る限り頑張ってこの体勢を続けました。

最近のカキカキ、お顔回りだけでなくて、お腹や肩辺りまでさせてくれます。


彼の「大丈夫、大丈夫、はやくなおってね!」の言葉が救いです。



インコ恐竜??

2010.07.11.Sun.15:35


あやめちゃん、なんだか恐竜みたいです!
お鼻にほわほわつけたままポーズ。

あやちゃんは、羽毛がお顔についたとき、自力でさっさととれないんです。
かりんものあいも、すぐに止まり木できゅっきゅ。
と、取ることが出来るのに。

仕方がないので、かごの端っこに呼び寄せて、チュってするみたいにして
すーっと吸い込むんです。
あやちゃん、もう7歳なのにこれはおぼえないんですよね・・・



100704-2.jpg

野藍ちゃん、洗濯ばさみに乗っかって
「キューキュー」って。
最初は何をしているのかと思ったのですが、
・・・?もしかして、そういうこと?と気づいてから、
ついダメダメって、止めていますが、いいのでしょうか?
初めての男の子は、私にとってまだまだ未知の世界です。




100704-3.jpg


かりんちゃんの白い翼からピンク色が透けてとてもきれいです。
本当にかりんちゃんの羽の色は美しい。
光が当たると、その美しさに見とれてしまいます。

かりんちゃんにとって梅雨時が一番嫌いで辛いみたいです。
羽のバサバサ、パクパクと開口呼吸も毎日でとても心配。

けれど放鳥時は楽しそうにあやめを追いかけ追いかけ。
時には「ケリ」を入れたりも!
おてんばぶりは相変わらずです。

楽しそうに過ごしてくれる時間が、私にとっても一番の幸せ。



おもしろあやちゃん、と初体験

2010.06.28.Mon.14:25



放鳥時、
あやちゃんはご飯を見せるとさっさとかごに戻ってくれるいい子。
かりんは気まぐれで、すぐに入る、って自分から言うときと
入れようと誘っても誘っても、どこかへ飛んでいっちゃう時もある気まぐれやさん。

ところが今朝は、どうしたことか、あやめ、まったく入る気なし。
忙しい朝だというのに、結局一人で1時間半逃げ回った。

また、
昨年春から、夜寝るときはケージの床で・・・が定番になっていたのが
これまたどうしたことか、3日まえから上の止まり木で眠るように。

???

どうしたのかな?

でも、最近とってもおもしろいことが習慣になったあやめ。

朝、ケージからでてきてすぐに体重計に乗ってもらうのだけれど
その前に、ゴミ箱の上に行って

「あやちゃん、プリして。」

というと、プリっとしてくれるようになったんです!
これはほんと笑えます。


100522-2.jpg
幽霊のような?あやめ


さて、先週はサッカー盛り上がりました。
あんなにしみじみと嬉しさがこみ上げてくるのも久々でした。

明日はいよいよ決勝リーグ、パラグアイ戦ですね。
パラグアイというと以前勤めていた短大を思い出します。
当時(まだ私も20代だった~)、数人のパラグアイからの留学生を毎年迎えていました。
あの子達も今は40代、どうしているのでしょう?そんなことをふと思いました。

何はともあれ、明日は頑張って欲しいです。



先週は、初体験したことがあります。
土砂降りで、強風の水曜の朝。
駅までの道、20分歩いたらぐしょぐしょだろうと
かっぱを着て、レインハットで自転車で出かけました。
傘をささず、雨の中自転車は思いの外、楽しくて、最近はすっかり定着。

ところが、あと少しで駐輪場という時、強い風にレインハットのつばが顔面を直撃。
いたっ!と思いつつ5m?10m?進んだとき違和感を覚えた。

「あれ?見えない!」

そう、左目のコンタクトを落としてしまった事に気づいたのです!!

「うそーーー!」

しばらく探しましたが、どこで落ちたかもわからず、人は歩くし、雨は落ちるし・・
泣く泣く諦めて自宅へ逆戻り。

古いレンズを入れて急ぎ出勤。

1時間目ぎりぎりすべりこみセーフ。

出かけていてレンズを落とすだなんて、中学の修学旅行でコンタクトレンズを作って以来
初めての体験でした。

うぅ・・・悲しい。


今週は良いことあるかな?







みんな元気で

2010.06.10.Thu.12:08



100605-2.jpg



あやめの換羽は、毎回かなり激しい。
ようやく峠を越えたかな?と思っていたところの日曜の夕方。
お昼まではピンピンしていたのに、急に吐き出した。

あやめが吐くなんて・・・考えてみたら初めて。
様子をみるが、いつもは欲しくてたまらないシードを目の前にしても
まったく食べない。
だんだん、焦ってくる私。

1時間たったところで病院に電話。休診日だけれどこれから診ましょうと。
早速、準備をして連れて行く。

ううむ・・何か変なものを食べましたか?と言われても心当たりがない。

お薬をもらって様子をみることに。

こんな話を先生から聞いてびっくり。
ユリを囓ったオカメが、直後から吐き始めて、
たった4時間で亡くなってしまったという・・・怖い。
小鳥は小さな身体だから、そんな時はあっという間。
気をつけなくては!

帰宅したあやめ、一時はどうなるかというお顔だったけれど
少しずつ元気さを取り戻して食べ始めた。
少し、ほっと。

翌日、いつものように5時に、ごはんちょうだい!とケージをカチャカチャ。
いつものように、の有り難さ。嬉しさ。

すっかり、嘘のように元気になりました。一過性のものだったようです。

ところで、一番具合が悪いときに、
「あやちゃん、大丈夫?」とケージに顔を近づけると、
なんと近寄って私の唇を嘴でひゅるひゅるってしてくれたんです。
気持ち悪いだろうに、そんな優しいあやちゃんに涙でした!


100606-4.jpg


いつみてもきれいなかりんの羽。
100606-3.jpg

ところで、かりん、実はヘルニアで片方のおしりが大きかったのが
最近全体に大きくなってきました。
他の症状も先生にお話すると、あやめより深刻な状況。とのこと。
ただ、病院が極度に苦手なかりん。
診察さえままなりません。とりあえず、あやめと一緒にお薬をもらってきました。
様子をみて連れていかなくてはと思っているところです。

とっても心配。



今朝の事件!

2010.05.27.Thu.23:42



今朝、突然野藍ちゃんが
「ビックリした、ビックリした」を繰り返し喋り始めました。
あやちゃんはケージの隅でほそーくなって緊張、
かりんちゃんはドキドキでハアハアと大きく息をしています。

外になにか怖いものでも?と主人が窓の外を覗いてみたら・・・

「あ!ハクビシンだ!」

そうです、3年くらい前にもベランダの手すりに現れたハクビシン。
鼻筋に白いラインが入っているのですぐにわかります。

今朝は、なんと、庭のビワの木に登って、食べ頃になった実を食べていたんです!

ほんとビックリビックリ!
3羽ともさぞ驚いたことでしょう!

なかなかドキドキが収まらず、大きく呼吸をしていたかりんちゃんに
のあちゃんは

「大丈夫よ~、大丈夫大丈夫、びっくりしちゃったねー、ドキドキしちゃったねー」

とそばでしきりに声を掛けていました。


ビワ、食べ頃かな?と思っていると、ヒヨドリが毎日やってきて食べていました。
その上ハクビシンだなんて、人間は食べることができるかな?
その前に、あやりんのあちゃんにもあげなくっちゃ。

果実酒を作った時の種から、今ではこんなに大きくなったビワ。
お店で買うようには甘くないけれど、毎年楽しみにしている。
種だけで美味しいサワー(酢漬け)も出来るから、
なんとかこれ以上は横取りしないで~
その願いは届くのだろうか?


野藍の恋は・・・

2010.05.21.Fri.16:39



野藍ちゃん、いつの頃からか・・・
かりんちゃんに恋をしちゃったみたいなんです。
いつも隣にいるからなのでしょうか?



100516-1.jpg


100516-2.jpg




我が家は鳥と人間と同じ部屋で寝ているのですが、
朝、外が明るくなってきた頃、野藍はおしゃべり練習を始めます。


その第一声は、小さな小さな声で

「かりーんちゃん♪かりーんちゃん♪」

本当に大好きでたまらないというような、ちょっとせつない甘いささやき。


また、
かりんちゃんが、「プシュッ」っとくしゃみ?をしたり、
ケージ内でこけたり、何か異変を感じると、すぐさま

「大丈夫?・・・かりん大丈夫?どうしたの?どうしたに?」

「大丈夫よー。大丈夫大丈夫。」 と、声をかけ心配そうに覗き込みます。

調子のいいときは、

「かーりかりかりかりかり、かりんちゃん、かりんちゃん♪」
なんて、歌うように大きな声で喋っています。


3羽同時放鳥は夫といるときでないとしません。

なぜならば、あやちゃんを野藍は大口を開けて追いかけていくからです。
あの、強靱な嘴、あやちゃんに何かあっては大変。
なので私だけの時はあやりんと別に放鳥します。


ところが、かりんちゃんが野藍に近づくと、ナント!!

左右に首をくねらせて、ご飯をプレゼントしようとするんです!!

最初見たときはびっくり仰天しました。

かりんちゃんの反応は?というと、
のあちゃんからプレゼントをもらう気ゼロ。
完璧に無視!

毎度ふられる悲しい男、野藍くんです。トホホ・・・

なんだかとてもかわいそうです。


100516-4.jpg





でも、あやめのことも

「あちゃーん、あちゃーん!」「あちゃん、おいでー、あやめ、おいで、おいで!」
と元気良く呼んでいます。

嫌い、というわけではなくて、一目おいている姉御という感じでみているのかな?
と勝手に想像。

そして、分け隔てなく

「あやちゃんだいしゅき、かりんおねえちゃんだいしゅき、すみれちゃんだいしゅき」
「パパだいしゅき、ちーちゃんだいしゅき」と毎日言ってくれます。
健気です。

そして、あやりんを先に寝かせるとき、
私があやりんのケージを持った途端、

「あちゃん、ねんねしゅるかー?おやしゅみーーおやしゅみー。
ありがとう!ありがとう!」

と声をかけます。

そして、そのあと、野藍の放鳥タイム。
べったり私にくっついて離れません。カキカキしてもらったり、大好きなひまわりを食べたり。
ほとんど私の指の上で過ごします。

そして、
「プリプリした、プリプリしちゃったねー!」と言いながらフンをして

「のあちゃん寝る。」と言い切って、自分のケージに飛んでいきます。
そして、また、「のあちゃん寝る」と言いながら、ケージ内に帰っていきます。

毎日同じ繰り返し。  ほんとおもしろかわいいです。

そうそう、なぜか、あやちゃんがフンをするときをよーく見ていて
落ちたと同時くらいに

「プリプリした!」って言うんです。これもおもしろい。
かりんちゃんがしたときは、なぜだか言わない。


謎の男、野藍は本当におもしろいです。

でも、哀愁を帯びた眼差しを見ると、
ちゃんと想いが届くマメルリハのお嫁さん、欲しいかな?・・・・
と、考えてしまいます。





野藍の恋♪

2010.05.18.Tue.23:31


100509-2.jpg

100509-3.jpg

100509-4.jpg

100509-5.jpg

100509-6.jpg

100509-7.jpg

100509-8.jpg

100509-9.jpg

100509-10.jpg

100509-11.jpg

100509-12.jpg

100509-13.jpg


実は野藍ちゃん、かりんおねえちゃんの事がだいしゅき!!

どんなふうにだいしゅきなのかは、また次にお話します。

野藍の熱い眼差し。

とっても健気で、たくさん載せてしまいました。

彼の思いを感じてくださいね。








のあちゃんの秘密・予告編

2010.05.17.Mon.11:23


100426-2.jpg

100426-1.jpg

なんとなくわかりますか?

のあちゃんの秘密。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。